ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのプリン食べたでしょ!?」

キョン「あれは卵豆腐です。」



「なんか静かだな、長門」
「そう」
「誰もいないのか」
「そう、あなたとふたり」
「・・・・・・」
「・・・・・・」

「いや、しがみつくなって」



ガチャ
みくる「遅れてごめんなさーい!って長門さんだけですか?」
長門「………コクリ」
みくる「なーんだ、遅刻したかと思って焦っちゃいましたよー」
長門「………」
みくる「アハハ…着替えようっと…ゴソゴソ」

長門「………じーっ」
みくる「………チラリ」
長門「………」
みくる「あれー?なんか見られてた気がしたんだけど………ゴソゴソ」

長門「………じーっ」
みくる「…チラッ」
長門「………」
みくる「………?ゴソゴソチラリ」

長門「………じーっ」
みくる「………(やっぱ見てる)あの」
長門「っ!?」
みくる「なんですか?」
長門「オッp……なんでもない」
みくる「…はぁ?」
長門「………」
みくる「長門さんのオッパイだってまだまだこれからですよ。ファイトです!ガンバです!」
長門「っ!!」



古泉「朝比奈さんの役目はあなたを篭絡することです」
キョン「……」
古泉「ウッカリ者なのはそう演じているだけです」
みくる「な、何なんですか!? なななんでわたし、疑われてるんですかぁ!?」
古泉「本心は別にあるとしたら?」
みくる「そ、そそそんなことはないのでーしゅ!」
古泉「すべてはあなたの目を自分に向けさせるための罠だとしたら」
みくる「ふぇーん、意地悪しないでくださいよぉー」

古泉「……」
キョン「むしろ願ったり叶ったりなんだが?」
古泉「正直あなたが羨ましいです」



この時だけ長門は顔を上げ、俺を見つめた。
「あたしがさせない」

「ところで・・・どうやってこの世界に戻ってきた?」
え?
「どうやってこの世界に戻ってきた?」
そ、それは・・・
「どうやってこの世界に戻ってきた?」
それを俺の口から言えと?
「どうやってこの世界に戻ってきた?」
大体、ヒントをくれたのはお前だったじゃないか!
「いい。私は気にしないから」
何なんだよ、長門・・・



キョン「朝比奈さんて未来人代表のくせに無能ですよね?」
みくる「そ、そそそんなことないです!私はとっても優秀なんでーしゅ!」
キョン「例えばどんなところが?」
みくる「どんなところって……えーと…あーと………あっ!閃きましたぁ!」
キョン「(古っ)」
みくる「まずは下の図を見てぐたさい…

  <―――――>

   >――――<

…上の方が長く見えるでしょ?でもね、これ実は同じ長さなんでしゅよ?こういうの目の錯覚っていうんです。
勉強になりましたか?」
キョン「未来関係無いし、問題間違えてるし、そもそも長さが違いますよ朝比奈さん」
みくる「うーん、やっぱりこの時代の人にはこの問題は高度過ぎたのかなぁ?」
キョン「(うわっ、すっげぇムカつく)」



古泉「あなたはFF12をやったことがありますか?」
キョン「まあな」
古泉「ならば分かるでしょう。あのグラフィック、もう実写と言っても過言ではほどリアルですね。そして360度変えられるアングル!あれほどまで細部にこだわっているゲームはFF12以外ありえません」
キョン「ちょっと言い過ぎな気もするが概ね同意だ」
古泉「それにFF12にはアーシェとうう可愛いキャラクターもいます。しかもかなりのミニスカです。」
キョン「はあ…」
古泉「実写のようなグラフィック、360度回るアングル…そう、僕は試みた!アーシェのスカート覗きを!」
キョン「真性のアホだこいつ」
古泉「なかなかカメラはスカートの中を写してくれない…目一杯に右スティックを倒してもスカートの中の太ももまでしか見えない!
頑張ってスカートの中を覗こうとすること1時間弱、そしてその結果!?………


あなたの妹が『うわーなにしてんのこの人』といった目で見ていました。そうです……ここがあなたの部屋だということすっかり失念していたんd」
キョン「帰れ」



季節は梅雨、さっきまで降っていた雨が弱くなったので今のうちに帰ることになった俺達は北高名物のハイキングコースを自転車でフラフラと下っていた。
後ろに乗ったハルヒが不満そうに
「なにフラフラ走ってんのよ!」
と文句を言ってきたので俺は
「カタツムリを避けてるんだよ」
と説明してやった。
すると

「あんた後輪で全部ひき殺してるわよ?」


早く言えよ!
その後何故か長門が口を聞いてくれなくなった。



キョン「なあ……長門……」
長門「なに」モグモグ
キョン「流石に食べ過ぎじゃないか?」
長門「へいき。この程度は許容範囲」モグモグ
キョン「そうか……だがいくらヒューマノイドインターフェースといっても……あの、その……体に悪いぞ?」
長門「……」モグモ……ピタッ
キョン「どうした?」
長門「あなたはなぜ今言い淀んだの」
キョン「え?いや……」
長門「あなたは本来、他のことを言おうとしていてしていて、それを言い換えた。違う?」
キョン「……違わない」
長門「あなたは何を言おうとしていたか言うべき。」
キョン「……怒らないか?」
長門「怒らない」
キョン「あー……あんまり食べ過ぎると……太るzうわ!?」
ガシッ!!
長門「滅多なことは口にしないで」
キョン「ひっ!?」
長門「あなたは誤解しているそもそも私たちはそのような概念とは逸脱して……(中略)……わかった?」
キョン「はい……」
長門「二度と言わないことを推奨する……次はない」

キョン「(((((゜д ゜)))))」



キョン「……」
長門「……」
キョン「誰も来ないな……長門、暇だからしりとりでもしないか?」
長門「わかった」
キョン「じゃ俺から……しりとり」長門「りんご」キョン「ゴリラ」長門「ライス」キョン「雀」長門「メンチカツ」
キョン「積み木」長門「キウイ」キョン「いるか」長門「かしわ飯」キョン「時代」長門「いかめし」
………
……

キョン「……なあ長門」
長門「なに」
キョン「さっきからずっと食べ物ばっk…うわ!?」
ガシッ!!
長門「何が言いたいの?」
キョン「ひいっ!?」
長門「まさか私が食い意地が張っているとでも言いたいの?冗談は顔だけにして。
   そもそも私たちは食い意地という概念からは逸脱した存在で……(中略)……わかった?」
キョン「はひ……」
長門「とても気分を害した。帰る」
バタン!!

キョン「((((( ゜д ゜)))))」



『不思議探索のキョンand長門』

キョン「さて、どうする?」
長門「任せる」
キョン「……」
長門「……」
キョン「あ、そうだ。近所においしいラーメン屋g…うわ!?」
ガシッ!!
長門「なぜあなたはそこで図書館と言わず、飲食店を提案したの?」
キョン「ひいっ!?」
長門「まさか私が色気より食い気、読書より食い気を選ぶと思った?だったら脳の精密検査を受けた方がいい。
   そもそも私たちは食欲という概念からは逸脱した存在で……(中略)……わかった?」
キョン「はい……じゃあ図書館にいk」
長門「何を言っているのかわからない。ラーメン屋を提案したのはあなた。二言は好ましくない」
キョン「え……あの……」
長門「何、私の言うことが聞けないの」

キョン「((((( ゜д ゜ )))))」



『消失の時の長門宅にて』

朝倉「あら、食べてかないの?」
長門「あ……」
キョン「帰るよ。やっぱ邪魔だろうs…うわ!?」
ガシッ!!
長門「待ちなさい」
キョン「ひい!?(ここでもか!?)」
長門「あなた、朝倉涼子が一緒だからって私があんな量のおでんを平らげられる大食漢にみえる?
   だったら一度死んで来世からやり直した方がいい」
キョン「いや、深読みしすぎだr」
長門「黙りなさい。そもそもあなたの物の考え方、いや、存在そのものが根本的に……

………
……


……わかった?」
キョン「(軽く人権侵害だぜ……)わかった。じゃあ食べていk」
長門「あなたのせいでとても不愉快。もういい出て行って。私のおでんの取り分が減る」
キョン「え……あの……」
ガチャ!!
ドンッ!!
バタン!!

キョン「……なんじゃこりゃ……」



俺はいつものように部室を訪れる。そこにはいつものように朝比奈さんがメイド服でいそいそと奉仕活動に勤み、長門が推理小説で凶器に使われそうな本を……読んでいなかった。
本の代わりにレモンを持って朝比奈さんに持たせたり自分の頭に乗せたりしている。普段の長門からは想像も出来ない程活動的だ。
とりあえず気になって仕方ないし朝比奈さんも困っているので説明してもうおうかな。
「どうしたんだそのレモン?」
「これは檸檬爆弾」
檸檬爆弾ね…長門にしてはずいぶんオチャメなことをしているじゃないか。
俺は長門の変化にお父さん嬉しいやら悲しいやら複雑な心境ですよ?
しかし続いて述べた長門の発言のせいでさらに複雑な心境になるとは…世も末だ。
「威力は広島に投下された原爆の約100億万倍。この檸檬爆弾一つで地球を余裕で破壊できる代物」
前言撤回。全然オチャメじゃない!
「そんな危ないものポイしなさいポイッ!」
「えー」
「“え”ーじゃありません!」



「なあ、長門なんで今日、学校こなかったんだ」
「夏休み」
「昨日までだって、夏休み」
「ずっと夏休みっていった」
「いわないって、それ違う本だって」
「じゃあ、も一回やる!環境情報の・・・・・・」
「ちょとまった・・・・・・」

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2006/08/19(土)00:35:35.35ID:xxxxxx

えっとこれで何回目だっけ?



キョン「長門、なんでお前はいっつもカレーなんだ?たまにはラーmうわっ!?」
ガシッ
長門「まさか私がカレーしか作れないとでも言いたいの?冗談は顔だけにして。
   そもそも私たちは食べ物を作るという概念からは逸脱した存在で……(中略)……わかった?」
キョン「ようするに作れないんだn」
ドスン
キョン「ぐはっ!」
長門「まさか私が他の料理を作れないとでも言いたいの?冗談は顔だけにして。
   そもそも私たちは料理などという概念からは逸脱した存在で……(中略)……わかった?」
キョン「…じゃあ作ってください」
長門「なら明日きて」

~次の日~
キョン「約束通り来てやったぞ」
長門「私に対してその言い方は何?この下僕が。さっさと私の料理を食べればいいのよ」
キョン「じゃあ早速食べさせてくれ」
長門「肉じゃがを作った。これ」
キョン「ほう、それは楽しみdええええええええ!?ちょwwwwこれもはや食べ物じゃn」
ドフ
キョン「か…は…みぞは…反…則…」
長門「いいから食え」
キョン「いや、ちょwww死ぬだろwww」
長門「黙れ」
グチョ
キョン「うぷ…入れるn…」
バタ



「長門、なにしてんだ、そんなとこ座り込んで」
「こうしていると」
「こうしていると なんだ」
「夏が終わる」
「そうか」
「そう」
「ちょっと寂しいかな」
「うん」

「そろそろ帰ろうか」
「うん」
「風が出てきたな、少し寒いくらいだ、長門、その格好で」
「大丈夫、あなたの手、あたたかいから」
「そっか」
「そう」



(他の人による上の蛇足www)

「・・・・・長門」
「・・・なに」
「その・・・やっぱり服は着たほうがいいと思うぞ。俺、全裸属性ないし」
「全裸属性?」
「問題はそこじゃないな」



ハルヒ「あたしが思うに、ルパンは宇宙人じゃないかしら?」
イツキ.「な、何だってー!?」
キョン 「ルパンが宇宙人?で、その根拠はなんだ」
ハルヒ「だから、あのアゴの割れっぷりよ!けつアゴ=宇宙人という図式があるじゃない!」
キョン 「けつアゴの人達に謝れ!今すぐ謝れ!!」
みくる「はー、そうなんですかー?わたし初めて知りました。けつアゴの人は宇宙人だったんですねー」
キョン「!?いやいや、信じちゃダメですよ朝比奈さん」



古泉「つくつくほーしwwつくつくほーしwwww」

新川「どうしたのですかな彼は?」
森「親友だと思ってた人に彼女を寝取られたんですって」
新川「そうでしたか…実は私も久々に家に帰ったら家内になにやら不倫の影が…」
森「………夏も、もう終わりますね…」

《機関》「つくつくほーしwwwwwうはっwwつくつくほーしwwwwwww」

《神人》狩りに明け暮れた機関の青春。
古泉一樹14歳の夏の思い出であった。



1/144でんどろびうむテクニック

キョン「ん?どうした長門」
長門「あまり上手く作れない……この様な精密作業をするのは初めて……」
キョン「そうか。ところで、俺のガンプラを見てくれ。こいつをどう思う?」
長門「すごく……大きい……」



http://anoyoroshi.hp.infoseek.co.jp/flash/omaeda.swf

この中にひとり、無口なやつがおる。
おまえやろっ!
長門「……」
おまえやぁー!

この中にひとり、読書好きなやつがおる。
おまえやろっ!
長門「ユニーク」
おまえやぁー!

この中にひとり、カレー好きのやつがおる。
おまえやろっ!
長門「そういうわけではない」
なら、カレーって10回いうてみぃ
長門「カレー、カレー、カレー、カレー、カレー、カレー、カレー、カレー……カ」
長門「供給しているエネルギーが不足している。帰宅する」
おまえやぁー!

この中にひとり、ダイエット中のやつがおる。
おまえやろっ!
長門「そのような事実は無い。
    そもそも私たち構造は太るという概念からは逸脱した存在で……(中略)」
なら、この体重計にのってみぃ
長門「何を言っているのかわからない。あなたには付き合いきれない」
キョン「おまえやっ……えっ、あの……」
長門「ちょうど、カレー用のひき肉がきれていた」

キョン「((((( ゜д ゜ )))))」



「遊戯王するわよ~」
遊戯王か・・・なつかしいな・・・まぁ一部の奴はしているがな 俺とか古泉とか
「あの・・・遊戯王ってなんですか?」
あぁそういえば未来では遊戯王ってなか・・・ないんですか?
「はい ありません」 はぁ・・・そうですか・・・
とりあえず朝比奈さんと長門にレクチャーをした

1回戦朝比奈さんvsハルヒ
見え見えの試合だな・・・
ちなみにLP8000 エキスパートルールだ
現在朝比奈さん7500 ハルヒ8000 ファイヤーボールの効果で500ダメージだ
朝比奈さんのターン
「えぇっと・・・大嵐で・・・」
「やるわね」
「手札からブラックホール・・・」
「!!!」
「デビル・フランケン召喚 効果発動で」
「青眼究極龍特殊召喚 巨大化・・・」
「なっ」
「詰みだな 朝比奈さんの勝ちでいいか?」
「・・・・うん」

まさか朝比奈さんがコンボ使ってくるとはな・・・

こちらでは古泉と長門が勝負をしている
俺は決勝シードらしい
長門3300 古泉2100
状況的に長門が有利
「はにわ召喚」
「ははは長門さん血迷いましたか?」
「魂喰らいの魔刀装備」
はにわ 4500
「さらに流星の弓 シール装備」
決まったな 古泉・・・場を固めるのはいいが・・・魔法・罠ぐらい出せよ・・・
「ダイレクトアタック」
「ぎにゃあああああああああああ」
古泉・・・今お前が本気で気持ち悪いと感じた

流星の弓-シール:装備モンスターの攻撃力を1000下げることで直接攻撃を可能とする装備カード


朝比奈さんvs長門
長門が破壊竜・ガンドラを出しやがった

長門勝利・・・

(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル



俺vs長門
俺4200 長門2300
「これが俺の『青眼白龍』だ どうした長門俺の勝ちか?」
「攻撃力など関係ない」
「?」
「『大盤振舞侍』召喚 『流星の弓-シール』装備」
「ははは それじゃダメージを与えられないぜ?」
「『グリード』発動 『執念の剣』装備」
「ほぉそれで1000ダメージってか?だがそれでは足りないぞ」
「わかってる ダイレクトアタック」
「500か 大して痛くもかゆくもない 俺の手札はエンドフェイズに1枚捨てた 今手札6枚だ 1枚引かせてもらう」
長門もたいしたことな・・・
「『手札抹殺』を発動する」
「なっ」

「ダメージステップで500ダメージ ターン終了時に500×8ダメージ あなたの負け」

「くっ」

強制的に俺が最下位になった お前ら・・・ひいきだろ・・・


end



長門「ふっ……はっ……」
キョン「なあ長門よ」
長門「ほっ……なに」
キョン「なんでいきなり筋トレしだしたんだ?」
長門「インターフェースとはいえ、私たちは人間に限りなく近い。体力は運動量に比例する」
キョン「そっか……俺はてっきりdうわっ!?」
ガシッ!!
長門「てっきり……なに」
キョン「ひいっ!?」
長門「まさかダイエットでもしているように見えた?だったらあなたの眼球は正常に機能していない。移植手術を推奨する。
   そもそも私たちは体重という概念からは逸脱した存在で……(中略)……わかった?」
キョン「あ、ああ……」
長門「あなたのせいで気分が変わった。トレーニング内容を変更する」
キョン「え?」

長門「スパーリングじゃ。さっさとかかってこんかガキが」
キョン「((((( ゜д ゜)))))」



「今日2人に集まってもらったのは日ごろのキョンの態度を見兼ねての事です」
「な・・・何するんですかぁ?」
「手早く説明を」

「題して『キョンの妹に1日なってキョンの弱みを握る作戦』」
「長いですね・・・そのままなんで題する意味あっ・・・」  スパァァァン
「妹って何」




「何で?何で有希もみくるちゃんもなってくれないの?
 団員としての自覚が足りないんじゃないの?」(長門は正式な団員ではない)

「今日はキョンの妹として1日いさせてもらうわ」
断る 妹が1人いても疲れるのに何故お前を・・・
「あ~ハルにゃんだぁ」
「今日は1日妹あんたの姉としていさせてもらいたいけどキョンが認めてくれないのよ(ホロリ)」
「キョンくん!ハルにゃんを妹として認めてあげて!!」
何故だ 何故認めなならんの・・・
「じゃぁ家出する!!ハルにゃん行こっ!」
おいおいお前が出て行っても何処も泊まる場所ないじゃねぇか・・・仕方ない
「許可してやるよ でも怪しい事したら即追放だからな」

「「やった~」」


はぁ・・・・俺の休日はどこへやら・・・」

「先風呂入らせてもらうわ!」
いきなりかよ・・・ってかここで脱ぐな!
部屋に逃げ込む俺
「どうしたのおにいちゃん そんなにあたしの裸嫌い?」
嫌いじゃねぇが・・・くそっ演じてやがる・・・俺は折れんぞ
「おにいちゃ~ん」
ちゃんと衣服着ろ 肌蹴てるじゃないか
「どうしたのおにいちゃん顔が赤いよ?」
そりゃ妹のフラット(略)しか見てないからな・・・新鮮さが って俺は今何を考えていた!

夕刻 そろそろ帰らないのか?
「今日1日泊まるわ」
・・・好きにしろ

早く過ぎろと念ずれば時間は遅くなるが
やっぱり進んでいるんだな もう就寝時刻だ

「さぁそろそろキョンがあれするわよあれ・・・そこをこのカメラで・・・」

そうとも知らずに俺はベッドで寝てたわけだ

「何よぉ・・・せっかく押入れに隠れて伺ってたのに・・・これじゃ作戦が・・・」
「ん・・・ハルヒィ・・・」
「な・・・なによ」
「おかわり・・・」
「どんな夢を観てんのよ!」
(寝顔とっても気持ちよさそう・・・あぁ・・・駄目・・・ムラムラしてきちゃった・・・)

トイレに起きた俺がまず目にしたのは
なにやら変な液体でじゅうたんを濡らし その真ん中でぐったりしているハルヒだった
何してんだハルヒ?

「あ・・・あんたのこれを撮ろうとしてたらミイラ取りがミイラになっちゃったのよ・・・」
はて・・・?これとは?中学の保健で習った気がしないでもないこともないようでもない

「な・・・あんたこれ知らないの?」
知らん 何を買ってきた アルコールか?それともオキシドールか?まさかホルマリンで俺を・・・
「ち・・違うわよ馬鹿!もういい 帰る!」

お前の当初の目的は何だったんだハルヒ
ってか汚したまま帰るのか?
俺母さんに怒られるぞ それでもいいのか?


翌日母親に女性を連れ込んで何をしてたんだという誤解を解くのに
1日かかったという

涼宮ハルヒの失態 end



|