※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~涼宮ハルヒの憂鬱・最終回~


キョン「俺、実はストレートロング萌えなんだ」
ハルヒ「……バカじゃないの?」
キョン「俺、実はまったり萌えなんだ」
ハルヒ「……バカみたぁい」
キョン「俺、実はオタ娘萌えなんだ」
ハルヒ「へっ―――あ、“あんたバカァ?”」
キョン「俺、実はロリコンなんだ」
ハルヒ「ちょ……えっと……」
キョン「俺、実は泣きぼくろ萌えなんだ」
ハルヒ「…………」


翌朝

 

こなた「ねえキョン」
キョン「誰!?」
こなた「CVは平野綾のままでいい?」
キョン「お前――まさか!?」


~らき☆すた につづく~


かがみ「おっすつかさ、こなた・・・て、そちらの方は?」
こなた「ああ、こっちは私の席の前の人だよ」
つかさ「こなちゃん、それはちょっと・・・もう少し説明を・・・」
キョン「ああ、俺は席替えして泉さんの前になった人です。キョンとでも呼んでください。」
こなた「そういうこと。じゃあ、私の前の席の人、ゲーマーズいくよ。」
かがみ(うわー二人とも仲いいわねぇ・・・)
キョン「突然どうしてだ?」
こなた「いやあ、今日涼宮ハルヒの驚愕発売日だし、あなたのポイントも欲しくってネ?」
キョン「やれやれ・・・・」

 

 

こなた「買ってきたよー」
かがみ(結局私達もついてきちゃったわね・・・)
キョン「ん・・・って、そりゃなんだ!」
こなた「いやあ、欲しいポイント景品があってね?」
キョン「だからって!そんなに買うこと無いだろうが・・・・」
こなた「ポイント景品一つにかけるのが重要なんだよ?」
キョン・かがみ・つかさ・みゆき「・・・・・・」
こなた「はいはい、分からないね。どうせオタクですよ。変ですよ。」
キョン「いや、そういう意味ではないんだがな・・・・とりあえず、荷物持つぞ?」
こなた「サンキュー。」

 

 

こなた「さあ、カラオケにいこう!」
かがみ「また唐突な・・・・」
キョン「本当ですね・・・」
つかさ「いいね、こなちゃん。いこういこう!」
~~~
こなた「さて何を歌おうかな・・・」
キョン「じゃあ、俺はこれで。」
かがみ(え!?意外とアニソン歌うのね・・・)
こなた「いいね。じゃああたしがデュエットするよ。」
キョン「よし、頼むぞ。」
~~~~
キョン「あーにげるまーえにー悪夢がやってくる!」
こなた「早くいくわよ~」
~~~~
キョン「でしょでしょ!?無視だな!」
こなた「I bilive you~」

じゃーん!
こなた「さて・・・何点かな~」
キョン「おお、意外に98点!」
こなた「まあ私とあの人の声ってもとは同じだからネ?」
かがみ(言って良いのか?それは・・・)


こなた「ツンデレは男のロマン」
キョン「なんだよ急に」
こなた「いやいや、この前の力説に感銘を受けてネ」
キョン「熱く語った覚えはない」
こなた「サブカルを一般教養に昇華させてしまう日本男児のロマン力はすさまじいなーと」
キョン「いまひとつ褒められてる気がしないな…つかツンデレは一般教養じゃないだろ」
こなた「ツンデレ喫茶で働くときは必要なスキルだよ」
キョン「局地的にしかないだろそんな店」
こなた「そういえばさ、ドリルは男のロマンって言うよね」
キョン「ああ、よく聞くな」
こなた「何で?」
キョン「何でって……うーん……俺も嫌いではないんだが……」
こなた「私もオタクだけどそこはイマイチわかんないや」
キョン「男らしい…から、かな。無骨な感じとか、一撃必殺なイメージとか」
こなた「ああ、なるほど」
キョン「いや、俺の見解を鵜呑みにしないでくれ」
こなた「確かに男らしいっちゃあそうだよね。男はみんなドリル持ってるし」
キョン「は?」
こなた「下半身に」
キョン「…………」
こなた「どしたの?」
キョン「まさか、女子の口からそんなシモネタを聞くことになろうとは……」
こなた「……ごめん、自重する」


長門「……………」
みなみ「……………」
長門「(ETよろしく人指し指を差し出す)」
みなみ「(人指し指を差し出し返す)」
パアアアア………
キョン妹「はいはいストーップ。(長門をずるずる引きずっていく)」
ゆたか「これ以上ややこしくしない方が…(背中を押していく)」


こなた「この中にチョココロネの正しい食べ方がわかる人がいたら

    私のところに来なさい。以上」
キョン「……」
こなた「……」
キョン「……何だって?」
こなた「あなた、わかるの?」
キョン「いや……」
こなた「じゃあ話しかけないで。時間の無駄だから」
キョン「本当にどうしたんだ」
こなた「ちょっとアニメにハマってね。すz」
キョン「言わんでいい。聞いたら後戻りできなくなる気がする」
みゆき「あのう――」
こなた「ん? どしたのみゆきさん」
みゆき「細い方をちぎって、余ったチョコにつけて食べるのが正しい食べ方らしいですよ」
キョン「本当に知ってる人来た!」
こなた「みゆきさん、萌えキャラだし物知りだし

    某未来人と某超能力者のポジション総取りかー。いいなー」
キョン「もうやめないかその話題」
こなた「某宇宙人にはみなみちゃんを配置するとして、主役はかがみかな」
キョン「主役?主役って――」
こなた「ああ、某一般人の役は私ね。そこは譲らないよ」
キョン「そっちか。……いや待て、何かがすごく不条理な気がする」


<ロシアの科学知識チェック>
太陽は地球の周りを回っている・・・・・・・・28%
放射能に汚染された牛乳は煮沸すれば安全・・・14%
人類は恐竜時代に既に出現していた・・・・・・30%
魔法はあります・・・・・・・・・・・・・・・たくさん

 

 

キョン「天動説を信じてる人が3割……ロシアって大丈夫かよ」
こなた「ロシアはすばらしい国だね。魔法を信じてるなんてサ」
キョン「着眼点はそこか」
こなた「卒業したらロシアに住もうかなー」
キョン「行ったところで、お前と話の合う奴はいそうにないけどな」
こなた「……そうやって夢を奪うー」
キョン「夢じゃなくて現実逃避だろ、お前の場合」


こなた「あたし思うんだけどさ」
キョン「またろくでも無いことなんだろ」
こなた「妄想って偉大だよね」
キョン「その心は?」
こなた「妄想があるからジャンルというものがあるわけじゃん?」
キョン「ジャンルってなんの話だ」
こなた「ツンデレ属性だとかサ。眼鏡属性だなんて、普通に眼鏡かけてるだけなのに萌えにできるんだからすごいよねー」
キョン「知らん。話が全くわからん」
こなた「あたし、眼鏡属性については全くわかんないからさ。あれの何に萌えを感じるのか」
みゆき「あれ? メガネ、メガネはどこですかぁー?」
こなた「……多分みゆきさんみたいなのを言うんだと思うんだけどさ、どうかな」
キョン「リアルで初めて見た……頭の上にメガネ乗っけて探す人」
こなた「てなわけで前の人も眼鏡を!」
キョン「……なんであんだよこんなの」
こなた「コスプレ専用の眼鏡ダヨ。度は入ってないから安心してね★」
キョン「ね★じゃねぇよ、ね★じゃ」
こなた「まぁいいからいいから」
キョン「……どうなんだよ」
こなた「……」
キョン「そんな似合わないか」
こなた「……そこで眼鏡を上に上げてみゆきさんみたくメガネメガネ~って」
キョン「やるか!」

 

 

こなた「これが眼鏡属性の力なのか……」


こなた「犬猿の仲とは言うけど、漫画では好敵手で悟空とベジータな関係のことだよね」
キョン「そういや桃太郎では仲間同士だな」
こなた「つまり、犬と猿なら殴り合いの末に友情が芽生えることもある、と」
キョン「その発想はなかったわ」
こなた「逆に、救いようのないのが、水と油」
キョン「その心は?」
こなた「語り合うこともできないから、和解なんて永遠にない」
キョン「まあな」
こなた「…………私はね、」
キョン「うん」
こなた「アニメオタクと特撮オタクは、『犬猿の仲』だって信じてるよ」
キョン「あー……何かあったのか、ハイブリッドオタク」


キョン「アカツキガンダム、ねぇ」
こなた「デス種のやつだね」
キョン「登場当初からガンダム顔だとは思ってたけどな」
こなた「うん」
キョン「プラモ発売したとたんに正式にガンダムを名乗るってのはどうだよ」
こなた「それは販促のひとつだよ」
キョン「やられ役やチョイ役やラスボスもガンダムって…

    まるでガンダムのバーゲンセールだな」
こなた「稼げるまで稼ぐのはバン●イのお家芸だネ」
キョン「……むう」
こなた「ところでサ」
キョン「何だ?」
こなた「だんだん、こっちの世界に染まってきてるよね」
キョン「……俺は、燃え専門だ」
こなた「はいはいツンデレツンデレ(=ω=.)ニヤニヤ」


こなた「安倍総理ってイケメンらしいよ」
キョン「何だそりゃ」
こなた「ニュースで言ってた」
キョン「……イケメンって、既に褒め言葉でも何でもないな」
こなた「……」
キョン「何だよ」
こなた「前の席の人、イケメンだねっ☆」
キョン「…………」イラッ


こなた「阿部総理ってイイ男らしいよ」
キョン「……そりゃ、アベ違いだ」
こなた「……」
キョン「何だよ」
こなた「キョンたん、やりませんかっ☆」
キョン「ちょwwww泉違いwwwww」
古泉「かかったな小物め!」バリバリィ
キョン「アッー!お約束だけは!お約束だけは!」


こなた「夏はやっぱりプールだよね」
かがみ「っていうか、あんたまたスクール水着かよ」
こなた「大丈夫、今回はちゃんとその属性の人も来てるしね。ね?前の席の人」
キョン「俺にそんな属性ねえよ」
こなた「あれあれ?長門さ…じゃなくて、みなみちゃんの情報だと妹ちゃんのスクール水着を毎夜クンカクンカしてるって聞いたけど?」
キョン「そんなことしてねえ!!っていうかみなみって誰だよ?」
こなた「んー、長門さんと中の人が一緒の人」
キョン「な、中の人!?」
かがみ「前の席の人って変態ね…」
キョン「だからしてねーって!!(本当はしているけどな…)」

 


みなみ(長門)「フヒヒ、常に監視しててサーセンwww」


こなた「あのねぇ わたしねぇ おおきくなったらニートになる」
キョン「……」
ё<あどでぇ ぼぐでぇ おおぎg
キョン「お前に用はない」


ё<むはーん


こなた「今朝、ニュース番組でジャイアンツの特番やってたんだ」
キョン「ああ、5000勝記念のアレか」
こなた「その中で、抽選で1名様にスペシャルグッズをプレゼントってあったんだけどさ」
キョン「ああ」
こなた「発表は発送をもって替えさせていただきます――て。

    ほんとに送るか信用できなくない?」
キョン「俺もたまに思う」
こなた「おまえけに1つしかないから余計にネ」
キョン「……というか」
こなた「うん」
キョン「絶対、司会の徳光さんがお持ち帰りしちゃうよな」
こなた「権力のあるオタクの前で、ああいう品をちらつかせちゃいけないよ」


ハルヒ「どうも。『ウチの』キョンがお世話になってるみたいね」
こなた「いやいや。こちらこそ『ウチの』前の席の人と仲良くしてもらってるみたいで」
ハルヒ「よかったわ。正直キョンたら、『あたしの他に』友達いないのかと思ってたから」
こなた「うんうん。いつも『私とだけ』話してるから、ハブられてるのかと心配してたヨ」
ハルヒ「まっ、これからも暇なときに『ウチの』キョンの相手してやってね」
こなた「うーい。私が忙しいときは『ウチの』前の席の人を面倒みてあげてね」
ハルヒ「……なんか、あなたとはうまくやってけそうな気がするわ」
こなた「……きっと、メタ的なシンパシーってやつだね。声の人とか」
ハルヒ「でもキョンは『ウチの』だから。もともとこっちの登場人物だし」
こなた「いやいや『ウチの』だから。二次創作だから問題ないし」

 

 

みくる「あのぅ、は、初めましてっ」
みゆき「ええ、はじめまして」
みくる「よろしくおねがいしましゅ」
みゆき「こちらこそ、どうかよろしくおねがいします」
みくる「いえいえ(ry」
みゆき「いえいえ(ry」
みくる「いえ(ry」
みゆき「いえ(ry」

 以下エンドレス。

 

 

長門「……」
つかさ「よ、よろしくね?」
長門「……よろしく」
つかさ「うん」
長門「……」
つかさ「……あの、お菓子とか好き?」
長門「……好き」
つかさ「私ね、つくるのも結構できるんだよー」
長門「……そう」
つかさ「…………(′;ω;`)」

 

 

古泉「はじめまして」
かがみ「あら、こちらこそ」
古泉「あなたは、彼と似た雰囲気をなさっていますね」
かがみ「そうかしら?」
古泉「性別が男でしたら掘ってさしあげたんですが」
かがみ「ってアンタだけアナル仕様かい!」
古泉「なかなか良いツッコミをお持ちで」ハァハァ
かがみ「うわっ……ちょ……こっち見んな……!」

 

 

白石「ためしに顔合わせしてみたらこれっスか」
谷口「DADADA誰だお前は!」
白石「あ、WAWAWAの白石っス」
谷口「WAWAWAだと!そりゃ俺の代名詞じゃねーか。改名しろ!」
白石「ハッ、原作では歌ってない人が何を言う。

   WAWAWAはいわば白石稔オリジナル。俺のモンだ!」
谷口「お前、表へ出ろ!」
白石「ちょっと署まで来い!」

 

キョン「……誰だっけあいつら」


みくる「みゆきしゃん、これしってましゅか?」
みゆき「?」
みくる「これはつかうととってもきもちよくなるんでしゅよ」
みゆき「そうなんですか?」
みくる「ためしにひとつあげりゅのでどうじょちゅかってくだしゃい、それじゃしちゅれいしましゅ」
みゆき「あっ…行ってしまいました…じゃあさっそく家に帰って使ってみますか」

 


次の日
みゆき「おくしゅりくだしゃい」


ゆたか「みなみちゃ~ん」
長門「どうしたの、ゆたか?」
ゆたか「誰!?」
長門「あ…着替えるの忘れてた…ちょっとまってて」
ゆたか「着替え!?」

 

~数分後~

 

みなみ「おまたせ、ゆたか」
ゆたか「みなみちゃんって…一体…」
みなみ「前のキャラと同じで胸が無いなぁ…」ペタペタ
ゆたか「前のキャラ!?」

こなた「病まない病まない、需要はあるさ」
みなみ(ドキッ)
こなた「とくに前の席の人とかね」
みなみ「ああ…なるほど…」

 


キョン「妹のツルペタ胸…ハァハァ」


こなた「さあ、始まるざますよ」
みゆき「いくでがんす」
つかさ「ふんがー」
かがみ「さっさと始めなさいよ!!」

 

●<というわけで始めましょうか、キョンたん。ふんもっふ!!
キョン「ちょっwww待て違うだろwwwアーーーーーーーギンモジイイイイイイ」


「妄想って偉大だよね」
「またか」
「妄想があるからこそ、あたしたちという存在が……」
「それ以上言うな……それ以上は俺たちを否定していることになる」
「でも妄想のおかげで文学とかアニメとかが生まれた訳じゃん」
「まぁ確かに」
「アニメを作り出したウォルトディズニーさんぐっじょぶ★」
「まぁさすがのウォルトディズニーもこんなことになるとは思わなかっただろうがな」
「こんなことって?」
「お前みたいのがいることにだよ」
「髪のことかぁー!!」
「いや違うけど……いや、それもそうだけど……まぁいいや」


「よくアニメってさ、校則どうなってんのって思うようなことない?」
「例えばなんだ」
「例えばー髪の毛の色がピンクとかでめちゃくちゃだったり」
「(それはお前が言うなよ)」
「拳銃とか細菌兵器とか持ってても捕まらないし」
「どんなアニメだよそれ」
「学校の中で堂々とホストしてるし」
「ホストってあのホストか?」
「そうだよ。ロリショタとかクールとか王子とか色々ジャンルがあるんだよ」
「まさにお前のために存在するような所だな」
「でもどんな学園アニメでも忘れちゃいけないきまりがあるんダヨ」
「ほう、どんなだ」
「一人の男の子が沢山の女の子を相手にあれやこれややって一枚絵のため、フラグを成立させて最終的にはえっ……」
「お前の学園アニメの基準は間違っているぞ!」
「これに突っ込める前の人もなかなかだね……-ω-ニヤニヤ」
「はっ! 図ったな孔明!?」


こなた「雨だねー」
キョン「雨だな」
こなた「よく小さいころって雨の認識を違う風に教えられてたよね」
キョン「違う認識?」
こなた「空が泣いて雨が降るとか」
キョン「あぁ、よく聞かされたなそれ」
こなた「まぁ実際間違ってはいないよね。雲が水の重さに耐えられなくてつらくて泣いてるって考えれば」
キョン「お前バカに見えてなかなか頭いいな」
こなた「でも雨は飴みたく甘くてオイシくないって知った時はあたしは軽く全世界の人間を怨んでしまいそうになったヨ!」
キョン「前言撤回。お前はバカでこそお前だ」


はっぴー☆ちゃんねる!

 

みくる「おははっぴー!」
みくる「今日からはじまりましゅたはっぴー☆ちゃんにぇりゅ!!
    ついにメディア進出でっしゅ!あ、あたちはナビゲーターのあしゃひなみくりゅでしゅ!!」
キョン「・・・・・・・・」
みくる「あれぇー?キョンくん元気ないでしゅよー?」
キョン「・・・だってこれ明らかなパクr」
みくる「あー!みくりゅ、子供だから大人の事情わかんにゃいでしゅー!!
    それじゃ早速お便り紹介のコーナー行きたいと思いまーしゅ!・・・おら早くしろ」
キョン「・・・でも朝比奈さん、この番組宣伝もなにもしてない上にいきなりメディア進出だからお便りとか来るわけn」
みくる「ハァ・・・・。あんたさぁ、さっきからなんなの?やる気あんの?ないよね?」
キョン「いや・・・全然ないわけじゃ・・・ないっすけど・・・」
みくる「まぁいいけどさ・・・あたしだってやる気ないよ、だってあの女にやれっていわれて仕方なくだよこんなの」
キョン「は、はぁ・・・」
みくる「でもそんなときはこのお薬を使うといい感じにぶっ飛んで嫌なことも忘れられる・・・」
キョン「あ!朝比奈さん、何やって・・・!本番中ですよ!!」
みくる「ああ・・・・お、お、オクレ兄さん!!」
キョン「変な夢見てるー!!」
みくる「ああ・・・この番組では番組に対する意見や感想、あたちへの激励やお薬を大募集してましゅぅ!!」
キョン「お薬募集すんな!!」
みくる「それじゃまた次回!!」
キョン「・・・・はぁ・・・・次回は無いことを切に願う・・・」


こなた「ねぇねぇ」
長門「……」
こなた「そんな分厚くて凶器にしかならなそうな本読んでておもしろいの?」
長門「……ユニーク」
こなた「そんなあなたにはこれをオススメ★読んでみてネ-ω-b★」
長門「……」

 

数日後

長門「……」クイクイ
キョン「お、どうした長門?」
長門「古泉一樹に……これを」
キョン「ん? 手紙?」
長門「そう」
キョン「まぁいいけど……おっ、長門帰るのか?」
長門「……今日は用事がある」
キョン「そうか……じゃあまたな」
長門「……」

古泉「やぁ。おや、あなただけですか」
キョン「他の二人は知らんが長門はさっき帰ったぞ。お前にこれを渡せとさ」
古泉「そうですか……どれ……」
キョン「どうなんだ?」
古泉「……フフ……そうですか……あなたは本当はこんな事を望んでいたわけですね……」
キョン「はぁ? 何のことだ?」
古泉「恥ずかしがらないでください……では早速いきますよ! マッガーレ!」
キョン「アッー! アナルだけは! アナルだけは!」

 

長門「古キョンはぁはぁ……古キョンはぁはぁ……」

キョン「泉ぃ! 長門にあんな本読ませたのはお前かぁ!!」

 


これが腐長門の誕生秘話である


みなみ「ゆたか…この封筒を泉先輩に渡して…」
ゆたか「いいけど…最近こなたお姉ちゃん宛の封筒預かること多いけど、これなに?」
みなみ「禁則事項…」
ゆたか「禁則事項?」

 

ゆたか「こなたお姉ちゃん、みなみちゃんから封筒預かってきたよ」
こなた「おー、ゆーちゃんサンキュー」
ゆたか「こなたお姉ちゃん、その封筒の中身なんなの?」
こなた「良い子は知らなくてもいいことなのだよ、ゆーちゃん」
ゆたか「そっかぁ…(こなたお姉ちゃんちょっと不気味…)」
こなた「ふむふむ…前の席の人にはこんな嗜好も…こりゃいいネタだ」(ニヤリ

 

~ 一方その頃 ~

 

キョン「なあ長門、最近こなたがやけに俺の情報に詳しいのだが…何か知らないか?」
長門「私という個体は何も関知していない」
キョン「そうか…(てっきり長門が情報源だと思ったが…気のせいか)」
長門「そう…(”私”という個体はねwww)」

 

~ 翌朝 ~

 

こなた「やあ、おはよう前の席の人」(ニヤリ
キョン「ああ、おはよう(またこいつ何か知りやがったな…)」


こなた「ねえねえ、前の席の人」
キョン「なんだ」
こなた「前の席に人のちんちんってどっちが頭?」
キョン「そりゃあお前亀頭のほう…って区別があるか!!」
こなた「前の席の人のちんちんは先細りだもんね」
キョン「なんで知ってるんだよ!!」
こなた「オタクの情報網をなめちゃいけないヨ」(ニヤリ
キョン「お前の情報源はどうなってるんだ一体…」


キョン「探偵ナイトスクープにある芸人が出てたんだがな」
こなた「へえ、深夜番組も見るんだ」
キョン「まあな……しかしスーツ着てて、最初誰だかわかんらなかったぞ」
こなた「あー、あの人いつもフンドシと獅子舞だもんね」
キョン「キャラ芸人が増えたからな。衣装で区別するクセがついてるかもしれん」
こなた「それはわかる。私はむしろ意識的にそうしてるけどね」
キョン「ほう、何でだ?」
こなた「コスプレってそういうものじゃん」
キョン「お前……どうしてもそっち側の話に持っていきたいのか?」


こなた「前の席の人も、オタクに近づいてきたねー」
キョン「……何の話だ」
こなた「それ系の雑誌を買ってるところを拝見しちゃいましてネ(=ω=.)ニヤニヤ」
キョン「なっ…お前普通の書店にも来るのか!?」
こなた「ウ・ソだけどね。ふーん、へー、ホントに買っちゃったんだぁ」
キョン「おのれ……しかし買ったのは特撮専門の雑誌だ。アニメ関連じゃない」
こなた「似たようなモノだと思うヨ?」
キョン「……子どものころ好きだったのを、思い出しただけだ」
こなた「モノは言い様ですな(=ω=.)ニヤニヤ」
キョン「……ヒーローが嫌いな男の子なんかいるもんか」

 

 

こなた「で、特撮モノのおもちゃとか買ったりしてる?」
キョン「いや。高いし、第一に使い道がわからん」
こなた「……そりゃ残念。前の席の人は、まだオタクじゃあないみたいだ」
キョン「そうなのか?」
こなた「さっきの問題を気にしないのがオタクだと私は思う」
キョン「そういうもんかね」
こなた「真のオタクとは、感じるまま感じるものを躊躇いなく買ってしまう人のことだヨ」
キョン「……むしろ尊敬に値するかもしれん」
こなた「タッチの差で買えずに泣いている子どもがいたとしてもね」
キョン「酷ェ!!」


こなた「差し入れのチョココロネだよ。存分に食べておくれ前の席の人」 つ oO●
キョン「変だ!絶対違うものが混じってる!」
こなた「さあさあ、食べてごらんよ」

 

oO ● スポン

 

●<ばれちゃいましたか。ではいつも通りに。
キョン「アーーーーーー、アナルだけは、アナルだけは!チョココロネ怖いいいいいいい」


こなた「前の席の人はDS持ってるかい?」
キョン「ああ、持ってるけど」
こなた「じゃあこのゲームを貸してあげるからやってごらんよ」
キョン「珍しいな、お前が普通だなんて」
こなた「いつも普通じゃないか」
キョン「(お前思いっきり俺の嫌なとこついてくるじゃないか…)」

 

~ その夜 ~

 

キョン「こなたから借りたゲームでもやってみるか・・・なになに」

    ”こころが目覚める男達の塗り絵”

キョン「嫌な予感がするな…」

 

~ 1時間後 ~

 

キョン「何だよこのゲーム!古泉の裸を塗るだけじゃねえか!ちくしょおおおおお!」 


こなた「電車男って流行ったじゃん」
キョン「あったな」
こなた「私は心配してたけど、アテが外れたかな」
キョン「何の心配だよ」
こなた「エルメス詐欺」
キョン「……ほんと、何の心配だよ」
こなた「エルメスになりすまして、電車男に憧れるオタクをひっかける詐欺」
キョン「えげつないな」
こなた「酔っ払いはグルで、からまれるのも芝居でさ」
キョン「もういい。夢とか希望とか大事なものがなくなる」
こなた「――それに対抗して、考えてみたんだけどサ」
キョン「何だ?」
こなた「オタクの反撃、電車男詐欺」
キョン「……」
こなた「酔っ払いがグルなのは同じで、女性にからませて、それを助ける芝居をする」
キョン「……」
こなた「で、エルメスに憧れる女性をひっかける、と。そんな感じ」
キョン「……無礼を承知で言わせてもらうが」
こなた「うん」
キョン「いくら恩人でも、オタクにホイホイついていく女性は少ないと思う」
こなた「そだね」


キョン「子どものころ、オロ●ミンCを本気で栄養剤だと思っててなぁ」
こなた「今になれば子どもだましってわかるけど、子どものころはひっかかっちゃうもんだよね」
キョン「お前もそうやってアニメにはまったのか?」
こなた「それもあるけど、昔からお父さんにオタクの英才教育を受けてたんだ」
キョン「すごい家系だな……」
こなた「まず誤解しないでほしいのは、私は子どもだましにひっかかったわけじゃないってこと」
キョン「どういうことだ?」
こなた「NHKのア●ス探偵局は、子ども向けを逸脱してると思うからネ」
キョン「確かに今思えば、黒い小ネタが多かったな……にしても、何て懐かしいものを」
こなた「さあ、何人知ってる人がいるかな(=ω=.)」
キョン「大学生や高校生は直撃世代のはずだが……ってコラ、メタに走るな」


こなた「お?今回のアナルスレ、500いかないかと思ったけど最後に結構のびてるじゃん」
キョン「何見てんだ?」
こなた「うん、ちょっとVIP―――」


国木田「コナタ☆ナンカイル!!!」
  (ё )
  (⊃⌒☆⌒⊂)
  /__ =ω=. __


キョン「……何だよ、見せてくr」
こなた「プライバシーの権利ってこういうときに行使するもんだよネ(=ω=.)」
キョン「???」


キョン「アニメの影響力って凄いな」
こなた「今頃気づいた?」
キョン「ああ、どこに行ってもチョココロネが売り切れてる」※実体験です
こなた「今はオタク――もとい二次元ブームとも言われてるしねー」
キョン「あっさり沈静すると思ったけど、ずいぶん長引くなぁ」
こなた「このまま声優さんから国民的アイドルが誕生したりしてネ」
キョン「それは飛躍しすぎじゃないか?」
こなた「いやいやわかんないよー。時流にうまく乗っちゃえば、

    誰でも『伝説』になれちゃうものさ」
キョン「そういうもんかねえ」
こなた「不良時代の武勇伝を語る中2病で、

    ヤク中の末に民家の庭先で変死したロックシンガーとか」
キョン「ピンポイントな攻撃はやめなさい!」

 

 

こなた「行儀よくROM専なんかできやしなかった 夜の2ch時事問題叩いてまわった♪」
キョン「奴のファンだけは敵にしちゃだめだって……過激派しかいないから」


こなた「こなああああぁぁぁぁああ!!」
長門「ゆきいいいいぃぃぃぃいい!!」
かがみ「ねぇ」
ハルヒ「こーころ」
つかさ「まーで」
みくる「しーろく」
みゆき「そーめられたならー」

●<(ふんもっふ!ふんも、ふんもっふもっふ!)
キョン「アッーアーアッアッー!!」


こな×有希→ツンデレ→萌え→アッー! の流れにしたかっただけ保守


こなた「死ぬほど人を愛したことがありますか?」
キョン「ない。生きてるから」
こなた「無茶な注文するよね、まったく(=ω=.)」
キョン「キャッチコピーにクレームつけてもしょうがないだろ」
こなた「でもキャッチコピーって変なの多いじゃん」
キョン「頭じゃなくて感覚に訴えるものだからな。奇抜になるのはある種の必然だろう」
こなた「そういや、池袋ウ●ストゲー●パークの作家さんも元はコピーライターなんだっけ」
キョン「そうだな。確かにあのタイトルにはびびらされたぜ」
こなた「テキトーにカタカナに変換してみりゃそれっぽくなりそうじゃん?(=ω=.)」
キョン「なんてこと言うんだこの子は!」
こなた「涼宮ハルヒのメランコリー」
キョン「……正直、元より悪くなってる」
こなた「涼宮“メランコリー”ハルヒ」
キョン「何だその二つ名みたいな表記はァ!?」
こなた「憂鬱、溜息、退屈、消失、暴走、動揺、陰謀、憤慨、分裂、驚愕の名を冠する涼宮十人衆のひとり」
キョン「ちょwww少年漫画かwwww」
こなた「でもまあ……ヘタに10人も幹部を出すと、

    打ち切りくらったときに目も当てられないよネ」
キョン「――あれ? 最初の話題、何だっけ?」
こなた「オチを考えずに喋るとこれだよ(=ω=.)」


こなた「大変だよ!前の席の人」
キョン「どうしたんだ?」
こなた「『涼宮ハルヒの驚愕』が6/1から延期になりそうなんだヨ」
キョン「なんだってーーーー!!」
こなた「まあ、私には関係ないけどね(=ω=.)」
キョン「まあ…お前は出てないしな」
こなた「ってことで前の席の人はもう、『らき☆すた』に来ちゃいなヨ」
キョン「それは無理だろ…」


憂鬱「“驚愕”が墜ちたか―――もうだめぽ」
溜息「奴は我ら十傑の中では最弱だ……やれやれ」
退屈「……zzz」
消失(欠席)
暴走「ウホォーォオ!ウホォーォオ!アッアアアッアッアッー!」
動揺「どどど童貞ちゃうわ!」
陰謀「かかったな小物め!」
憤慨「ふんがー」
分裂「○←∞→○」

 

こなた「……なんてネ」
キョン「途中から会話が成立していない件について」
こなた「やっぱり10人も幹部に設定するのは無理があるね」
キョン「おい、最後の分裂にいたっては言語すら発してないぞ」


こなた「八重歯っていいよね」
キョン「歯並びが悪いだけだろ」
こなた「夢がないねえ。チャームポイントの1つじゃん」
キョン「ただし、唇を噛み易いからよく口内炎になるけどな」
こなた「うわっ、つまんない人だねえ」
キョン「何を言うか」
こなた「萌えを理解しない男子は死あるのみ。じゃ、死んで♪」
キョン「ちょwww静岡オチはよせwww」
鶴屋「鶴にゃんは口内炎になんかならないのさっ」
キョン「(そこであなたが来ますか……はぁはぁ)グフッ」


こなた「はぁーやっとこのサイヤ人倒せたよー。

    なかなか楽しませてくれるじゃないかカカロット」
キョン「お前どうでもいいけどモン〇ンなんてやってていいのか?

     明日から中間考査だろ?」
こなた「……」
キョン「ん? どうした?」
こなた「……へ? 明日テストなの?」
キョン「お前今日散々テスト勉強させられてただろ」
こなた「いやあれは先生が5月病にかかったから自習だったのかなって思って

    ずっとそっちのけでこれを……」
キョン「なんだこの横断幕は」
こなた「いやぁ~あたしの好きな作品のラノベがまた延期になっちゃってさぁ~。

    それでここは出版社に反発デモをと」
キョン「まぁ絵のうまさとキャッチのセンスは認めてやるよ」
こなた「ふっふっふっ、もっと敬い、褒め称へたまへ~」
キョン「いやそれ以前にこんなことに情熱かける前に勉強に情熱かけろよ。

    色んなことに燃え尽きるぞ」
こなた「……ですよね」


ハルヒ「ちょっとキョン。あんた最近付き合い悪くわよ…」
キョン「ん?そんなことはないと思うが?」
ハルヒ「…………こなたって誰よ?」
キョン「っ!?」
ハルヒ「もしかしてキョン、その女と…」
キョン「いやいやいや!あ、あいつとはただのオタ友達であって

    好いた惚れたとかそんな関係じゃ(///)」
ハルヒ「ふっふっふっ………ビリビリィ 【こなた】じゃ~ん!実は私でしたぁw」
キョン「なぬぅ!?しかし今確かにハルヒが???」
こなた「チッチッチッ…甘いなぁ前の席の人!
女はね…メイク次第でどんな姿にでも化けれる魔性の生き物なんだよ」
キョン「いや、メイクってレベルじゃねぇし!骨格変わってたし!」


こなた「前の席の人はホモなのかい?」
キョン「ブフォ!!なんでそうなる!?」
こなた「いやぁ~、よく掘り堀されているみたいだからさ。でどうなの?」
キョン「どうなのって、なにがだ?」
こなた「気持ちいいとか…ふふふ(=ω=.)」
キョン「そんなわけあるか」
こなた「あれあれ~?いっつも最後は『ぎもじいいいいい』みたいにいってんじゃん?」
キョン「それはだな…その…」
こなた「いっちゃいなYO!気持ちいいんでしょ~?」(ニヤニヤ
キョン「…否定はしないな…」
(バリバリバリ!!)
●「はっはっはっ!!やっぱりキョンたんは僕の虜だったんですね!!」
キョン「げえ!お前こなたじゃなくて古泉かよ!!」
●「お察しの通りガチホモです。ではいつも通りに!」
キョン「アーーーーーーー!!アナルだけは!アナルだけは!ん、ぎんもじいいいいいいい!!」


こなた「やっぱ前の席の人はあっち系の人だったんだね(=ω=.)」
ひより「泉先輩、これで同人誌のネタばっちりっス!」


こなた「前の席の人はホモなのかい?」
キョン「ブフォ!!なんでそうなる!?」
こなた「いやぁ~、よく掘り堀されているみたいだからさ。でどうなの?」
キョン「どうなのって、なにがだ?」
こなた「気持ちいいとか…ふふふ(=ω=.)」
キョン「そんなわけあるか」
こなた「あれあれ~?いっつも最後は『ぎもじいいいいい』みたいにいってんじゃん?」
キョン「それはだな…その…」
こなた「いっちゃいなYO!気持ちいいんでしょ~?」(ニヤニヤ
キョン「…否定はしないな…」
こなた「じゃあさ……私にもしてほしい……///」
キョン「おまえ……あぁ、よろこんで食べてやるよ」
こなた「(///)」


キョン「腹減った……」
こなた「どったの? また宣伝に騙されて買ったゲームが外れだったの?」
キョン「あの時のムカつき具合は常軌を逸してるな」
こなた「ごはんはどうしたの?」
キョン「ちゃっかり話聞いてるじゃねぇか……」
こなた「どうせお母さんがストライキでもしたんでしょ」
キョン「どんな家庭だよそれ……」
こなた「うちはあるよ? お父さんが残業ばっか会社が押し付けてゲームが出来ないからって会社にストライキを」
キョン「よく辞めさせられなかったな。というか辞めさせられちまえよ」
こなた「まぁストライキの間ゲームが出来たから満足してまた働いてるよ」
キョン「お前ら親子だな」
こなた「義理の父と義理の娘フラグ……前の人もなかなかわかってるね……」
キョン「いやねーよ」
こなた「なんかツッコミにいつもの覇気がないね」
キョン「だから腹が減ってんだよ! 母親のストライキじゃねぇぞ! 単純に忘れたんだ! さっき聞いてただろうが!」
こなた「おぉ~げんきげんき~」
キョン「……もうほっとけ……ツッコむ気力が無くなった」
こなた「わかりましたよ~ =ω=.ニヤニヤ」

 


白石「よぉ~キョン起きろ……ってなんだそのちょんまげ」
キョン「あん……って、チョココロネ?」
白石「誰かのwawawaすれ(ry」
キョン「作品違うぞ自重しろ白石」
白口「……waろ~ん」

 

キョン「でさぁ」
こなた「ん?」
キョン「いやパンをくれたことは確かに有り難いんだけどさ」
こなた「か、勘違いしないでよね!? 別にあんたのためにチョココロネあげた訳じゃないんだからっ! あんたのちょんまげ姿が恰好の見ものだからなんだからねっ!!」
キョン「キャラが変わってるぞ中の人」
こなた「……ごめん、ツンデレキャラは自重するヨ」
キョン「だけど……袋から出して頭の方を頭に乗せること無いじゃないか」
こなた「……あ、うん。それは素直にごめんなさい」
キョン「髪の毛のチョコとるのに苦労したぞ」
こなた「まぁいいじゃないか!」
キョン「よくねぇよ!」
こなた「おぉ~元気に戻った~」
キョン「まぁ……ありがとな」
こなた「……」
キョン「……」
こなた「……あ、ごめん。聞いてなかった。もう一回」
キョン「いつの間にプレイヤー起動してやがった……」


こなた「録音、録音と……」
こなた「前の人もチョココロネの頭は太いほうか……」


キョン「こなた、お前コスプレ喫茶で働いているんだって?」
こなた「そうだよ」
キョン「どんなコスプレしているんだ?」
こなた「んー、実際に見せたほうが早いかな。ちょっと待ってて」

 

~ 数分後 ~

 

キョン「こなた遅いな」
ハルヒ「ちょっと!前の席の人!最近たるんでいるわよ!」
キョン「げっ!ハルヒ!……ん?『前の席の人』?まさか」
ハルヒ(こなた)「じゃじゃーん。私でした。どう似てるでしょ?」
キョン「似てるっていうかそのものなんだが・・・・・・・」
ハルヒ(こなた)「まあ、私たちは一身同体みたいなものだからネ」
キョン「どうなってるんだ、お前とハルヒは……」
ハルヒ(こなた)「まあ、それは禁則事項だよ。さあ、放課後だしチョココロネ食べ放題に行こう!」
キョン「おま、その格好でかよ」
ハルヒ(こなた)「悪い?前の席の人もまんざらじゃないくせにィ」(ニヤニヤ
キョン「(くっ、こっちのハルヒのほうが可愛いぜ)分かったよ。付き合うよ」
ハルヒ(こなた)「やたー!ささ、気が変わらないうちにレッツゴー!」
キョン「やれやれ」

 


ハルヒ「なによキョン……デレデレしちゃって……団長として明日は粛清ね!」
かがみ「こなたのやつううううううう……チビのくせにチビのくせに」
つかさ「お姉ちゃんたち怖い……」


こなた「ねぇねぇ前の席の人」
キョン「何だ」
こなた「直腸の粘膜に精液が染み込むと激痛が走るって聞いたんだけど」
キョン「いつどこで誰に聞いたのは聞かないでおいてやろう。

    少なくとも異性にする話じゃないよな」
こなた「で、前の席の人。アナルセックスって気持ちいいの?」
キョン「聞くな。俺の性癖は至って普通だ」
こなた「じゃあさ……」
キョン「………」
こなた「…………試してみても、良い?」
キョン「…………え?」
こなた「…………」
キョン「……………」

 

バリバリバリバリ!!
●<引っかかりましたね!?
キョン「な、ナンダッテー!?」
●<さぁ行きましょう、ピリオドの向こうへ!
キョン「アッー!!アナルだけは!アナルだけは!」

 


かがみ「……隠れて何見てるの?アンタ」
こなた「かがみんや………」
かがみ「な、何よ」
こなた「人間には知らない方が良い事だってあるんだヨ」
かがみ「何の話よ?」


こなた「ハーレムっていいよね」
キョン「よくないだろ……常識的かつ人道的に考えて」
こなた「一夫多妻制の国なら合法だよ」
キョン「……夢のない話をしようか」
こなた「む」
キョン「そういう国でも、嫁さんを何人も持ってるのは少数の金持ちだけだ」
こなた「むむ」
キョン「ほとんどの人は1人養うので精一杯だぜ」
こなた「むむむ」
キョン「ハーレムなんてのは、どこにいったって幻想でしかないのさ」
こなた「……ふっ」
キョン「何だその笑い方」
こなた「枯れてるねえ」
キョン「悪かったな。せめて落ち着いていると言ってもらいたいね」
こなた「そんな前の席の人には、発想の転換をプレゼント」
キョン「なぬ?」
こなた「ハーレムはダメでも、選べるのは1人なんて決まりはないよ」
キョン「……独身貴族でいろってか?」
こなた「不倫は文化だ Σd(=ω=.)」
キョン「その発想は……だめだコイツ、早くなんとかしないと……」
こなた「じゃあ被害が出ないうちに引き取っておくれ」
キョン「苦情が来たら考えてやるよ」
こなた「…………」


こなた「長い間寝てるとたっぷり寝たのに眠いよね」
キョン「奇跡だ……お前に同意する日がくるなんて」
こなた「あたしだって人間なんだヨ?」
キョン「それには否定するがなんで眠いんだろうな」
こなた「いやそこ否定しちゃダメでしょ!」
キョン「こんな小さい高校生なんて人間以外の生物だろ」
こなた「そういうニーズもあるんだヨ」
キョン「お前もそれに応えるなよ……」
こなた「で、なんでだろうね」
キョン「寝過ぎたから寝ることに慣れちゃってなかなか起きれないとかか?」
こなた「なるほどネ……じゃあさ、逆転の発送をしてみようよ」
キョン「逆転?」
こなた「あたしみたいなネトゲで全く寝てない人間は朝に強い!」
キョン「もうお前は救えないな」
こなた「でも実際眠いもんは眠いんだよネ」


こなた「アニメでさ」
キョン「唐突にオタ話か」
こなた「お金持ちが普通の県立高校に通ってるのっておかしいよね」
キョン「まぁそれは確かに」
こなた「財力的にはもっと設備の整った学校に入れる訳じゃん?」
キョン「財力とか言うな。黒い陰謀が渦巻いているように聞こえる」
こなた「んで、だいたいその金持ちは金に物を言わせるか、萌えを遺憾なく発揮するかなんだよね」
キョン「前者はよくあるが後者は無いだろう……」
こなた「でもほら実際に」
キョン「ん?」
みゆき「きゃん!」
キョン「何故に何もないところで転べる!?」
こなた「これぞ萌え属性を持つものの特技! 『なにも無いところで転ぶ』!!!」
キョン「そういえばこの人がいた! 金持ちメガネっ娘萌え属性、おまけに文武両道とまさにパーフェクト・ザ・キュート!!」
こなた「なんか熱いね(=ω=.)ペチ」
キョン「何故ビンタ!!?」
こなた「暑苦しい、ウザいという理由ダヨ(=ω=.)ペチ」
キョン「また殴ったね!? 親父にも殴られたことないのにぃーっ!!!」

こなた「あーはいはいどうせみゆきさんにはかなわないね(=ω=.)」
キョン「ん? なにがだ?」
こなた「いや、なんでもないっさーっ!」
キョン「キャラが違うでしょ」
こなた「こな~ん」
キョン「バーローwww」

 


キョン「と、いうかさ」
こなた「なに?」
キョン「俺達が二次キャラだって認めてr(ry」
こなた「それ以上言ったら消されるらしいヨ?(=ω=.)」
キョン「誰に?」
こなた「それを知るものは誰もいない……(=ω=.)ニヤニヤ」
キョン「いかにもな感じで締めるな」

 


叫びつつ投下保守
こなた「改行の魔物怖いよ改行の魔物」


そうじろう女子校生を視姦中(詳しくはOPを見てね☆)

 

キョン「あんた何やってんだ?」
そうじろう「むぉ? おやキョンくんこれは女の子ウォッチングをしてるところだよ」
キョン「少しは慌てろよ……あれなんで俺の名前を?」
そうじろう「君のことは娘からよく聞いてるからね」
キョン「娘……(誰だ?ハルヒ、阪中、もしかしてミヨキチとかか?)」
そうじろう「あの子も最近は楽しそうでね。よく学校での話も聞かせてもらってるよ」
キョン「そうですか」
そうじろう「あの子はわがままだったり強引だから君にも迷惑かけてるだろ?すまないね」
キョン「いえ、そんな(わがまま、ハルヒか、ハルヒでいいんだよな!?)」
そうじろう「で、娘はなにか変な事はしてないかな?」
キョン「そうですね、たまに突拍子もないことしたりしますけど楽しませてもらってます」
そうじろう「ほう、突拍子もないこととは?」
キョン「えっとバニーのコスプレとか――――」
そうじろう「バニー!?」
キョン「~~~。―――――~~~、~~~」
そうじろう「(こなたのバニー姿、見たい見たいこなたかわいいよこなた、かなた萌え~)」
キョン「あの~おじさん?」
そうじろう「すまないキョンくん、わたしは用事を思い出したのでここで失礼するよ。これからも娘と仲良くしてやってくれよ」
キョン「はぁ、わかりました」

 

その晩の泉家の食後

 

そうじろう「こなた」
こなた「な~に?」
そうじろう「これに着替えてくれ」
こなた「なにこれ……バニー?」
そうじろう「そうだ学校でのお前のことを私に教えてくれ」
こなた「なんでそれでバニー服が出てくんだよ変態親父」
そうじろう「え、だって学校でコスプレしたりしてるんだろ?」
こなた「そんなことしてないよ。コミケ会場じゃあるまいし」
そうじろう「ということはあのキョンとかいう小僧……」
こなた「前の席の人?」
そうじろう「許さん!」
こなた「?」
そうじろう「こなた!」
こなた「なにさ」
そうじろう「あんな小僧と付き合うだなんてお父さん認めないんだからねっ!」
こなた「ツンデレか」


かがみ「そういえばこなたってつかさとどうやって知り合ったの?」
こなた「いやね、つかさが校内で前の席の人にからまれている時に、

    この時とばかりに前の席の人を
    ボコボコにした後●を呼んでTDDNを突っ込んでもらって、つかさを助けたのさ。

    それがきっかけ」
かがみ「へぇ~、あんたもいいところあるんじゃない」
こなた「まあね」(勝ち誇りのポーズ)
つかさ「本当は前の席の人が教室わからなかったから聞いてきただけなんだけどね……」
かがみ「おまっ、ダメじゃん……」
こなた「最終的に前の席の人にも快楽を与えたからイイのだよ」(=ω=.)

 


キョン「俺なんでボコボコにされてんの……?」
●「まあいいじゃないですか、ささっ、いつも通りに楽しみましょうか」
キョン「まっ、まて!アーーーーーーーー!!アナルだけは!アナルだけは!ンギモジイイイイイイイ!」


こなた「ちょっと前の人! あたしのチョココロネ食べたでしょ!?」
キョン「さっき食べたでしょ」
こなた「こな~n……ってそのノリはもういいんダヨ」
キョン「じゃあなんのツッコミがいいんだ? 正直お前をつっこむのは疲れた」
こなた「サラッとヒドいこと言ったね」
キョン「なんかどっかで聞いたようなセリフだな」
こなた「いや~最近の流行はツンデレにあり!」
キョン「また変なもんでも見たんだろ」
こなた「普段はヒドい扱いだけど時々見せるデレ部分のギャップがたまらないよね!」
キョン「ねって聞かれてもわからん」
こなた「うむ~前の人ならわかると思うんだよな~出演者として、当事者として」
キョン「……何故だろう。わからないんだがその話題には触れてはいけない気がするのは何故だろう」
こなた「取りあえず今日はツンデレについて学ぼうと講師の人にきてもらいましたぁ~!」
キョン「学ばんでもいい」
こなた「どうぞ~!」
キョン「聞いてないな」
ベ●ータ「カカロットはどこだ! おいお前嘘を付いたのか!?」
キョン「……深く言及するのはよしてやるから帰ってもらえ」
こなた「え~ツンデレと言ったらこの人じゃ~ん」
キョン「この人とは読んで字の如く住む世界が違うんだ」
こなた「だったらあたしと前の人m(ry」
キョン「それに触れたら消されるぞ」

 

こなた「いやさっきのはちょっとした冗談ダヨ(=ω=.)」
キョン「いやどう考えても本気だったろ」
こなた「ではどうぞ~!」
キョン「流すな!」
かがみ「……今度はなによ?」
こなた「いやぁ~ツンデレと言ったらやっぱりかがみんでしょ!」
かがみ「あたしのどこがツンデレなのよ!」
こなた「それだよそれそれ(=ω=.)」
かがみ「うっ……で、そちらは」
キョン「あぁ危うく空気になりかけたこの人はあたしの席の前の人ダヨ」
キョン「代名詞が多い説明の仕方するな。せめて名前で紹介してくれよ」
こなた「あぁ名前は……なんだっけ?」
キョン「お前もサラッとヒドいこと言うよな」
こなた「仕返しダヨ(=ω=.)」
かがみ「なによあんたら仲いいのね……」
こなた「いやいやあたしは仕方なく付き合ってあげてるんだけどね」
キョン「それはこっちのセリフだ」
かがみ「え……あんたら付き合ってるの!?」
キョン「多分意味を取り違えてますよかがみさん!」
こなた「まぁ否定はしないでおくよ(=ω=.)」
キョン「しろよ!」
かがみ「ふーんそうなんだ……」
こなた「かがみんもしかして前の人に惚れた?(=ω=.)」
かがみ「んなっ! んなわけないでしょう!? だいたいあんたがどうなろうとあたしには関係ないもの!」
キョン「すみません、俺に言われても正直わかりかねます……」
かがみ「あっ……そのごめんなさい」
こなた「これダヨ! これがツンデレの極意ダヨ!」
キョン「全くわからん。というか足踏むな」

 

白石「改行の魔物怖いよ改行の魔物」

 

 

こなた「人のマネして楽しいの?」
キョン「何のことだ」
こなた「あたしのしゃべり方マネして楽しい?(=ω=.)」
キョン「だからなんのこと……」
こなた「それを理解するにはこれを聞くといいヨ」ガチャ
>キョン「あぁ危うく空気になりかけたこの人はあたしの席の前の人ダヨ」
キョン「なっ! いっいつの間に……」
こなた「これじゃ危うくストーカーさんだねぇ(=ω=.)」
キョン「ち、違うぞ! 断じて違うぞ!」
こなた「じゃあどういう説明をしてくれるのかな?(=ω=.)」
キョン「……俺のキャラソンを一人で歌うためにお前の声で練習を……」
こなた「……(=ω=.)」べち
キョン「痛っ! なにしやがる!」
こなた「それ人違うからね(=ω=.)」べちべちべち
キョン「いや、ちょ、マジで痛いから! 謝るから!」
こなた「変態さんはこうでもしないと治らないヨ(=ω=.)」べちべちべちべちべち

 

つまりこなたの喋ってたことを使って声マネの練習をしてたんだ!絶対そうなんだ!


こなた「ねえ、キョン」
キョン「なんだ?大体そのあだ名で呼ばないでくれ」
こなた「じゃあ前の席の人。」
キョン「やっぱりキョンでいい」
こなた「じゃああらためてキョン」
キョン「なんだ?」
こなた「チョココロネってどっちから食べる?太い方と細い方」
キョン「真中からだが・・・・・」

こなた「・・・・・独創的だね」
キョン「ほっといてくれ・・」

こなた「と、いうわけで一緒にご飯たべよう」
キョン「別にいいぞ」
こなた「さあ、食べよう」

 

つかさ(うわぁ・・・・二人ともそろってチョココロネ・・・)
かがみ(抜け駆けね・・・・・・)
みゆき(仲がよろしいんですね・・・)


キョン「この時期の転入生は珍しいな。」
こなた「何かの鍵を握ってるって事が多いよネ。」
キョン「ゲームから離れなさい。」
こなた「あ、かがみのクラスの有名人だ。」
キョン「…転入生拉致ってったぞ?」
こなた「おお。噂に違わぬ行動、そこに痺れる憧れるぅ!」
キョン「いやいやいや。」


|