第11話「空気うほっ」

 

キョン「んー・・・最近なんもなくて平和だなぁ・・・」
●「つまりキョンたんは暇を持て余していると?」
キョン「誰がそんなこt・・・」
ハルヒ「キョン!!!暇だからなんかするわよッッ!!」
●「おや偶然ですね。我々も同じことを考えていたところでして」
キョン「俺を含むな」
ハルヒ「ちょうど良いわ!これからSOS団でゲームでもして遊びましょ!」
     ・
     ・
     ・
みくる「・・・であたしたちが連れてこられたってわけですか・・・」
キョン「すみません朝比奈さん、貴重な休みに・・・」
みくる「いえ気にしないでください♪」
ハルヒ「さぁ古泉君!今日は何を出してくれるの!?」
●「そうですねぇ、リクエストはありますか?」
ハルヒ「射撃大会なんてどう!?みんなでお互いに撃ち合うのよ!」
キョン「ハルヒ、それはいわゆるサバイバルゲームというやつではないか?」
ハルヒ「似たようなもんよ!さぁ古泉君そういう道具を出してちょうだい!」
●「わかりました」
たららたったた~♪
●『空気うほっ』
キョン「なんというネーミング・・・」
●「それでは皆さんこれを腕に取り付けてください」
(カチャッ)
●「見ててください・・・(ドカンッ!)・・・という風にして撃ちます」
キョン「大丈夫なのか?」
●「これで怪我をするということはまずありません」
ハルヒ「それじゃみんな準備は良いわね!?ゲームは10分後に開始よ!範囲はこの町内、
撃たれた人は失格だからその場合はこの空き地に来ること。じゃあみんな散らばって!」


   ・
   ・
   ・
キョン「ハァ・・・しょうがない、さっさとやられて終わらせるか・・・ん?谷口と国木田
じゃないか。フフこれで驚かせてやるか・・・それっ!(ドカンッ!)」
谷口「うわっ!?ウッ・・・」
国木田「谷口!?」
キョン「ゲ!?当たっちまった・・・まぁ大丈夫だr」
谷口「うほっ!」
国木田「谷口大丈夫かい?」
谷口「うほっいい男!」
国木田「!?」
谷口「うっほほ~い!」
国木田「ちょっ!こんなところで・・・アッー!・・・なんてやらせるわけないだろう?
お仕置きが必要のようだね・・・フフッこの下劣な豚め・・・それっ!(バチンッ!)」
谷口「うほんッ!!・・・うほ(////)」
国木田「なんだって?もっと?なんて変態なんだお前という奴はッ!(バチンッ!)」
谷口「うほーん!」
   ・
   ・
   ・
キョン「なんてこった・・・これに当たっちまったら俺も谷口みたいに・・・ハッ!」
(ドカンッ!)
キョン「(サッ)誰だ!」


長門「・・・外した」
キョン「長門か!やめろ!こいつに撃たれるととんでもないことn」
長門「(ドカンッ!)チッ・・・」
キョン「長門・・・やられる前にやり返せってことかよ畜生!うぉぉぉーーー!!!
(ドカンッ!ドカンッ!ドカンッ!)」
長門「うっ・・・」
キョン「当たったか!?・・・長門!?大丈夫か!!」
長門「・・・」
キョン「気を失ったか・・・ハッ!?」
(ドカンッ!)
キョン「古泉か!?」
●「その通りですよキョンたん♪さぁ早く撃たれて僕と一緒にイきましょうwww」
キョン「てめぇ!先にこの道具の説明ちゃんとしとけッ!」
●「気づきましたかwwwまぁ言ったところで涼宮さんは余計にやる気を出すだけでしょうけどねwww」
キョン「それはたしかにそうだg」
(ドカンッ!)
キョン「不意打ちか!?卑怯だぞ!!」
●「勝たなければならないんですよ、僕はね・・・」
キョン「くそっ!(ドカンッ!)」
●「そうこなくてはwww(ドカンッ!)」


    ・
    ・
    ・
キョン「しつこい奴だ!!はぁはぁ・・・・」
●「おやおやキョンたんお疲れですか?(ドカンッ!)」
キョン「くっ・・・(サッ)ハッ!?いつの間にか追いやられている・・・うわぁ!(転ぶ)」
●「ふふ・・・覚悟してください優しくしてあげますからwww」
キョン「くそっ・・・」
●「ふふh・・・ウッ!何!?後ろから攻撃g・・・(バタン)」
ハルヒ「ふふん♪」
キョン「ハルヒ!!」
ハルヒ「感謝しなさいよキョン!」
キョン「助かったよハルh・・・な、何のつもりだハルヒ」
ハルヒ「フフッ、あんたもあたし達の仲間になるのよ!」
キョン「ま、まさかお前撃たれた後か?いったい誰に・・・」
みくる「あたしです♪」
キョン「そんな・・・」
みくる「あたし真っ先に涼宮さんに狙われちゃって。あたし怖くて必死に逃げたんです。そしたら涼宮さんがじりじりと追い詰めるからあたし思い切って撃ったんです。そしたら・・・」
キョン「・・・そしたら?」
みくる「偶然当たっちゃったんです♪びっくりです♪それでしばらく涼宮さんが動かないから
心配で様子を見てたら・・・」
キョン「・・・」
みくる「あっ!そうだキョン君、知ってますかぁ?この『空気うほっ』って男の人に当たると谷口君みたいになるけど女の子に当たるとBL好きの腐女子になっちゃうんですよぉ♪でも長門さんみたいに元々そのケがある人にはますます強力な腐女子に変身させちゃうんです♪」
キョン「ま、まさか・・・」
みくる「うふふだからあたし・・・長門さんと涼宮さんを仲間にしてキョン君を・・・」


キョン「あ、朝比奈さん」
みくる「うふふ・・・さぁて、覚悟してもらおうか!やっちまいなお前ら!」
ハルヒ・長門「・・・了解しましたみくる様」
キョン「や、やめろ・・・やめろッぉぉ!!」
みくる「ヒャハハハハハハ!!!!」
(ドカンッ!)
キョン「・・・?あれ?」
みくる「なっ・・・」
●「大丈夫ですかキョンたん・・・」
みくる「古泉てめぇッ!」
キョン「古泉、お前なんd」
●「キョンたんを撃つのは僕の役目ですwwwこのTDDNでそのアナルめがけてwww」
キョン「!?」
●「さぁ覚悟してくださいwwwイきますよ!ふんもっふ!」
キョン「アッー!結局ぅッッ!!アナルだけは!アナルだけは!」
●「空気うほっのおかげでいつもの10倍は力沸いてきます!もちろん10回イきますよ!!ふんもっふぅぅッッ!!!!」
キョン「アッー!ンギモヂィィッ!!」


みくる「シナリオ通りとはいかなかったがこれはこれで目的は達成できたぜ」、ウヘヘヘ・・・」
長門「パシャパシャパシャ」
ハルヒ「アナル!アナル!」


谷口「うほっ!うほっ!」
国木田「ほーら段々とロウが垂れていくよ・・・」
谷口「うほーん(////)」

 

 


|