暖かいまどろみの中
聞き慣れない目覚ましの音が鳴り響く
キョン「ん・・・う、うるせ・・・」
ジリリリリリリ
キョン「・・・・ん?クソ・・・この」
毎朝の習慣。右手を軽く伸ばす。しかし、いつもあるはずの場所に目覚まし時計がない
キョン
「な、なんだ?・・・」
軽く目を開ける。目覚まし時計は、枕元の見慣れない小棚の上にあった
カチッ
キョン「んー?・・・・・・ぁ?」
違和感。おかしい。あきらかに。ベッドがデカいし・・・部屋も見慣れない・・・枕も2つある
キョン「ここどこだ・・・」
少なくとも俺の部屋ではないことはわかる。いや、俺はいま起きるまでは何をしてたんだっけか
いや、いま起きたんだから寝たんだよな・・・どこで?たしかに俺の部屋で寝たよな・・・キャトルミューティレーション?
ガチャ
キョン「・・・!」
ハルヒ「あ、起きた?キョン」
キョン「・・・誰ですかあなたは・・・」
いや、みりゃわかる。ハルヒだ。どう見てもハルヒ。・・・しかし、ハルヒではない。
ハルヒは・・・こんなに胸もないし・・・エプロンなんて・・・
キョン「おわわわ・・・近づくな」

ハルヒ「?」
俺の知ってるハルヒの目だ。ちょっと吊り目がちな目で見つめてくる・・・て、おい、こいつはハルヒだぞ。
ちょっとドキドキしてしまう
キョン「なにを俺は」
ハルヒ「なーにぶつぶつ言ってんのよ。仕事遅れるでしょーが」
キョン「ほあ?」
ハルヒ「ほあ?じゃないでしょ。さっさと朝ごはん食べて会社行きなさい!」
か・・・かいしゃ?・・・学校じゃねーのか・・・てか、・・・これは
ハルヒ「・・・・・・」
キョン「な・・・んだよ」
ハルヒ「・・・・・んー」
んんーーーーーーーーーー??これは!これはあああ!見たことあるぞ!漫画で!ドラマで!映画で!そう!キスのおねだりだ!!
キョン「お、おい・・・!おまえな・・・悪ふざけも大概に」
ハルヒ「あ!パン焦げちゃう!」
ドタドタドタ
ハルヒ似の人妻は、ハルヒそっくりな騒音を立てながら階段を降りていった
いや、わかった。あれは、ハルヒ似でも人妻でもない。いや・・・現実を見ようか・・・あれはたしかに『人妻』のハルヒだ

暑苦しい部室だ・・・もうこれが高校時代最後の夏か・・・
キョン「・・・ふー」
古泉「キョンさん。いままで僕たちは防戦一方でした」
キョン「なんだいきなり。俺は疲れてるんだ・・・そっとしておいて・・・許可なく隣に座るな」
古泉「ははは、キョンさんの隣は涼宮さん専用でしたね失敬」
キョン「もうなにもいわん」
古泉「そうですか、助かります。では、本題に入ります」
思えば三年間。こいつはずっとこうゆう話の展開の仕方だったな
古泉「話は簡単です。キョンさんに涼宮さんの『願望』の中に入ってもらうんです」
キョン「・・・大丈夫。驚かない。」
古泉「もう、慣れたものですね。ははは」
キョン「まず、言おう。俺をハルヒの願望の中。つまり宇宙人や未来人、超能力者。いや、それだけじゃないだろ。恐竜や怪獣。スーパーヒーローにスーパーロボット
   はたまた・・・・とにかく、そんな中に俺をぶちこんで」
古泉「ええ・・・・それなんですがね。どうやら、最近の涼宮さんの願望に大きな変化があるようなのです」
キョン「変化・・・それ3年前も言ってただろ・・・悪い風に変化してるって」
古泉「違うみたいなんですよ、それが。涼宮さんを変えた決定的なのが」
キョン「おまえがなんでそれを知っている」
古泉「やだなぁ。僕はまだなにも言ってませんよ」
俺とハルヒが去年の冬に・・・あの日からハルヒが俺にあまり突っかかってこなくなった
古泉「で、ですね。その変化を見に行ってもらいたいんです。あ、キョンさんは、いつもどおり夜に自室で寝てるだけでいいんです
   私たちが飛ばしますから」
キョン「超能力も便利になったものだな」
古泉「ははは。ええ、我々も進化してますからね」
キョン「進化じゃなくて、進歩といえ。おまえに進化されるとなんか怖い」
古泉「ははは」

ハルヒ「はい、それじゃ鞄持ったわね」
キョン「ん、ああ」
ハルヒの作った朝食は、ごく一般的とはいえ、俺には十分満足できるものだった
鞄を持ち、玄関まで行く。ハルヒは・・・マンションより一軒家がいいのか・・・それに結構大きめだな。ハルヒらしといえばハルヒらしいか
俺は心の中で笑ってしまう
ハルヒ「はい、お弁当」
キョン「おう、あんがとな」
靴を履き終え、玄関のドアに手をかける
ハルヒ「・・・・・」
例といえば例のごとくだが・・・
キョン「・・・・・・」
ハルヒが軽く俺のスーツを掴む
キョン「・・・・・・ん」
ハルヒ「・・・ん・・あ」
長いキスだ。こんな長いキスを毎朝すんのか
ハルヒ「・・・・ん・・・ん」
いや、まあ・・・決して悪い気分では・・・
キョン「・・・・んあ・・・・ん」
俺はやっぱハルヒが好きなのか
ハルヒ「はい!終わりね!いつまでキスしてんの!」
キョン「う・・・」
いきなり口を離され、なんだか不憫な気持ちになってしまう
ハルヒ「本当にキョンはスケベな
    結婚したら少しは落ち着くかと思ったんだけどね」
キョン「あ・・・あのなぁ」

俺は玄関のドアを開け、外に足を出す
ここどこなんだろうなぁ・・・
玄関の外も見慣れない景色だ
キョン「じゃ、行って来る」
ハルヒ「さっさと行きなさい!」
いってらっしゃいませご主人様とか言え・・・いや、普通はないか
キョン「・・・ふー、これがハルヒの『願望』なのか」
しばらく歩くと後ろからタタタタと足音が聞こえる
キョン「あ・・・弁当」
キスして忘れたよ・・・
ハルヒが弁当片手に駆けてくる
右手の人差し指を下まぶたにつけて
舌を出して・・・ベーっとしながら
ハルヒ「キョン!あんたってほんとーにあたしがいなきゃダメね!アハハハ」
それは本当に楽しそうなハルヒの笑顔。無垢な子供のような、それでいて女性の優しさが溢れている
この笑顔を俺は・・・叶えたい。いや、叶えられる・・・俺は、そう確信を持ったんだ

暑い・・・寝苦しい・・・
ジリリリリリリリリリリリジリリリリリリリリリリリ
キョン「・・・あ・・つい・・・う、うるせ」
カチッ
俺はいつもどおりの部屋で、いつもどおりの位置の目覚ましを止めた
キョン「・・・今日から夏休みだ」
プルルルルルルルルルル
ピッ
キョン「んあ」
ハルヒ「キョン!おきてるー!?SOS団発進よ!すぐに学校に来るように!以上」


おわり

|