+++「藤原くんはあまいのがお好き」+++

 



橘  「はい佐々木さん、メニュー」
藤原 (あ〜すっげぇ甘いもん食いてぇ…。だがこんな女3人男ひとりの状況でチョコレートパフェなんて注文出来ねぇじゃねーかくそっ!)
佐々木「ありがとう。……うーん…。そうだなぁ。今日はなんだか甘いものが食べたいんだよね」
藤原 (あぁ…糖分が! 糖分が俺を呼んでいる…!)
橘  「佐々木さんもですか? 私もなんです! じゃあ〜チョコレートパフェにしませんか?」
藤原 (なにぃぃい?! 女はいいよなぁ畜生!)
佐々木「いいね。それとアイスティーで。九曜さんも同じものでいいかな?」
藤原 (「ふん、面倒だ。同じもので構わない」「ふん、面倒だ。同じもので構わない」)
九曜 「───同じもの───で───いい」
藤原 (よっしゃあ! これで俺もチョコレートパフェが…さぁ来い! さぁ来い!)「ふん、め…
橘  「すみませーん。紅茶3つと、チョコレートパフェ3つ、コーヒー1つお願いしまーす」

藤原  …orz


+++


橘  「ねぇ佐々木さん、今度ホテルメトロフンモッフのケーキ食べ放題行きませんか?」
藤原 (なぬぅ? ホテルメトロフンモッフのケーキ食べ放題だと?)
佐々木「この前テレビで紹介されていていたよね。いいね。行こうか」
橘  「そうなんですよぉ。今とっても話題なんですよ!」
藤原 (季節のフルーツタルトが絶品だっていう噂なんだよなー。俺も行きたいんだが…)
九曜 「…───」
佐々木「ん? 九曜さんも行きたいのかな?」
藤原 (なんと!)
九曜 「───絶品って───どんなものか───興味が───ある」
佐々木「じゃあ一緒に行こうか」
九曜 「───行く───」
藤原 (…くそっ! 女はいいよなぁ。こういう時程男に生まれたことを恨んだことは無いぜ)
橘  「じゃあ今度の土曜日にでも…。あぁんっ楽しみ!」
九曜 「…───」
藤原 (って何でこっち向くんだよ黒い塊! なんだその目は! 羨ましくなんてないぞ! 羨ましくなんてなんか…! …くそー宇宙人のクセに生意気な…!)


…後日。
九曜 「───これ───お土産───いる?」
藤原 「…!」(こ、これは俺の大好物のショートケーキじゃねぇか! どうして…)
九曜 「───消費期限───過ぎてる───けど」
藤原 「…」(誰かこいつ殺ってくんないかな…?)


+++


藤原 (あぁ大好物のNANONEカフェのショートケーキが同じテーブルに3つもあるというのに、なぜ俺の目の前にはコーヒー1杯しか無いのだ?)
佐々木「おお…。これは美味しいね」
藤原 (せめてワッフルくらい注文しろよ橘! 勝手にコーヒーだけ注文しやがって。覚えてろよ!)
佐々木「スポンジのキメ細かさといい、苺の酸味と生クリームの絶妙なハーモニーといい、たまらないね」
橘  「でしょう? ここのショートケーキは美味しいって評判なんですよぉ」
藤原 (くそ橘! そのケーキよこしやがれ。…って何だ? また真っ黒宇宙人がこっち見てるんだが)
九曜 「…───」
佐々木「ん? 九曜さんどうしたのかな?」
九曜  ガタッ
橘  「きゃっなにするの九曜さん! それ私のケーキ…」

藤原 「…何のマネだ、黒の塊」
九曜 「───あー───ん───」


佐々木「く、九曜さん…?」
橘  「…」(あーんですって? アレよね? 恋人同士がするっていうアレですよね? きゃー!)
九曜 「───食べない───の?───」
藤原 「あのなぁ…」(いや食いたいのはヤマヤマなんだがこの方法はちょっと…)
九曜 「───そう…───」
橘(んんっ…! もうっ! とっとと「あーん」って食べちゃいなさいよ!)
九曜 「───じゃあ───」
藤原 (っておい! 人に勧めといて自分で食うのかよ!)
九曜 「───口───移し───で───」
藤原 「ちょ…! おま…まっ」

ちゅっ

藤原 「てめぇ! な、何しやがる!」
九曜 「───好きじゃ───ないの?」
藤原 「いや、確かに好…ってちょっと待て。その「好き」はどこにかかるんだ?」
九曜 「あなたの───唇は───とても───柔らかい───わ」
藤原 「人の話を聞け!」
佐々木「いやぁ…なんだか僕たちお邪魔のようだね。お先に失礼しようか」
橘  「…そ、そうですね佐々木さん。…藤原さんってこういう子が好きだったんですね……」
藤原 「ちょっと待てお前ら! なんか勘違いしてるぞ!」


+++



佐々木「君が甘いものに目がないとはね。いや変な意味ではないよ。ただ意外だなと思っただけだ」
橘  「知らなかったとはいえごめんなさい。今度からあなたの分もちゃんと頼みますから」
藤原 「ふん」(イヤッホゥ! これでこの集まりでスィーツ食べ放題だぜ!)
橘  「ところで何にします?」
藤原 (迷う…。フルーツタルトも気になるがミルフィーユも捨てがたい!)
佐々木「んー…そうだね。フルーツタルトとアイスティーにするよ」
橘  「じゃあ、私も同じもので」
藤原 (そういえば橘の奴はいつも佐々木と同じもの頼んでいるな。アレか「あなたと喜びを分かち合いたいの」ってやつか? ま、どうでもいいけどな)
九曜 「───…」
橘  「決まりましたか?」
藤原 「あぁ。ミルフィーユとアイスティー」
佐々木「九曜さんは?」
九曜 「───…フルーツ…タルト───」


佐々木「それにしてもここの店はフルーツタルトも絶品だね。誰にも紹介したくない店だね」
橘  「でしょう? 秘密の隠れ家にしたいですよね〜」
藤原 (フルーツタルトも旨そうだな。今度はあれを頼むとするか。ふっ楽しみが増えたぜ)
九曜 「───」
佐々木「どうしたんだい、九曜さん?」
藤原 (やはり1日1回は糖分摂取しないとな。あぁ本当に旨いなこれ…)
九曜 「───迷ってた───ミルフィーユというものと───フルーツタルトと───」
藤原 (俺が今、この時間平面上に存在しているのはこのミルフィーユを味わうためだ。他に何があろうか)

ガタッ

藤原 「おい! 何するんだ!」
九曜 「───半分こ───」
藤原 「は?!」
九曜 「───あなたも…───同じ───気持ちの───…はず───」
藤原 「何を言っているのかわからない。俺のミルフィーユを返せ! 食いたかったら自分でなんとかしろ」
九曜 「───なんとか───する───」

ちゅうっ

九曜 「───フルーツタルト───おいしい?───わたしは───…おいしい」
藤原 「貴様っ…!」
九曜 「──────これが───ミルフィーユ…?」
藤原 「いい加減にしろ!」
九曜 「───分かち合う───喜び…───素敵───」
佐々木「……い、いやぁ…ふたりとも仲が良くてなによりだよ…」
橘  (九曜さん、なんて大胆なのかしらっ! 私も見習わなくちゃです!)
藤原 「………」(もうこいつらなんとかしてくれ…)

...fin

 


|