※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SOS団の団活も終わって俺もそろそろ帰ろうかと身支度をしていた。
唐突に腕(と言ってもブレザーだが)を引っ張られる俺

長門……

「ねぇ、何で名前で呼んでくれないの?」
はい?この人こんなキャラでしたっけ?
「ねぇ、何でなの?答えてよ!答えてよ……」
そんな半泣きな顔されても… ヤバイ!不覚にも男の理性が…

これは俗に言う異次元世界の長門か?消失にしちゃあ可笑しすぎる

このハイテ……いや、ロウテンションユッキーは俺の手には負えん。

「何でって言われても…」
「じゃあなんでハルニャンに事“ハルヒ”って呼んで私は“長門”なの?」
「そりゃあ……」
「だって……」
「だって何よ!?」

「じゃあ、 朝 比 奈 さ ん はどうなるんだい?」
「……」

次の瞬間,ユッキーがノーマル長門に戻る瞬間を目の当たりにした。

fin

 

 

 

 

 

 

【サイドストーリー】

 

「僕の事はイッチャンでもイッキーでも良いですよ」
「お前には喋っとらん!」
「またそうやって、良いんですよ遠慮しなくて」
「遠慮なんかしとらん。てかいつもより顔近い!寄るな!!」
「どうせならイッたんにします?」
「止めろ!!来るな!!気色悪い!」
「良いんですよ、さぁ僕に身を委ねて♪ キョンたん♪」

「アッー!!」


YUKI.N >アナルスレとの次元空間のポータルを発見した

つ[終われ]

|