喜緑「失礼します…あーっ、会長! また隠れてタバコ吸ってましたねっ!」
会長「ななな、何の事かな? 私にはさっぱり」
喜緑「ウソおっしゃい! こんなに部屋の空気が淀んでるじゃないですか!
   まったくもう、聞きわけがないんだから!」


会長(カーテンを開けて、何を…? げげぇーっ! こ、これは!?
   喜緑くんの髪が輝いて…部屋の空気があっという間に浄化されていく…?)
喜緑「ふう、ようやくスッキリしました」
会長「き、喜緑くん…キミはもしや、キン肉星の王位継承者…?」
喜緑「なにバカなこと言ってるんですか、もう! そんなわけないでしょう!?
   これはただの光合成ですっ!」


会長「む、降ってきたか?」
喜緑「きっとにわか雨ですよ。会長、あそこの軒先で雨宿りしていきましょう!」
会長「(バシャバシャ)ふう、さすがに少し濡れてしまった…なっ!?」


喜緑「どうかしましたか?」
会長「いいいいや、何でもないぞっ、うむ!
   (き、喜緑くんのセーラー服が透けて、下着が…これはなんとも扇情的な。
    ああしかし肝心な所が髪で隠れて見えない…)」
喜緑「うふふ、ヘンな会長☆(ゴワゴワゴワ)」
会長(いや、いかんいかん! こんな目で見ては喜緑くんに失礼だ…
    って、髪増えてる? 増えてるーーーっ!?)


会長(それにしても、喜緑くんの髪は綺麗なウェーブが
   掛かっているな。
   いや、美しい事は美しいんだが…まさか生徒会役員が
   パーマを掛けている、などという事は…?)
喜緑「あら、どうしたんですか、会長? わたしの髪を
   まじまじと見つめたりして?」
会長「ああ、つまらない疑問なんだが。一応念のために
   確認させてくれ。
   喜緑くん、キミの髪は天然(パーマ)だよな?」


喜緑「当たり前じゃないですか! 天然ミネラルたっぷりですよ!」
会長「(ミネラル?)い、いや、すまん。変な事を訊ねたりして
   悪かった」
喜緑「まったく、言っていい事と悪い事がありますよ?
   養殖物なんかと一緒にしないでくださいっ!」
会長「(養殖?)すまなかった。以後、気を付けるよ…」


喜緑「本当にいいんですか? このお寿司屋さんって結構お高いんじゃ…?」
会長「フッ、そう畏まらないでくれたまえ。先日のお詫びだ。

   それにこの店、実はランチは割とリーズナブルでな。遠慮は無用だよ」
喜緑「じゃあ、お言葉に甘えてご馳走になっちゃいますね。うふふ」
店員「へい、らっしゃい!」
喜緑「それじゃ、わたしはこのマグロ丼を」
会長「私はウニ丼を貰おうか」
喜緑「う、ウニ!? ウニですって!?」


会長「どうかしたかね、喜緑くん?」
喜緑「どうかしたか、じゃありません! 会長…わたしは会長を
   見損ないましたっ!」
会長「な、何だというんだ、いったい?」
喜緑「ウニ…それは海の悪魔…鋭い棘皮で周囲を威圧しながら
   海藻類を食い荒らす…。
   あの乱暴者たちに圧し掛かられ! 好き放題になぶられ!
   無残に穴を空けられる海草たちの気持ちが、会長、
   あなたには分からないんですかっ!?」


会長「あー、いや…すまんがそこまで海の生態には詳しくないもので…」
店員「へいっ、ウニ丼お待ちっ」
喜緑「ひどい! ひどいです! うわああああん!(ばくばくっ)」
会長「(でも食べるんだな…)って喜緑くん! それは私の注文した
   ウニ丼だぞっ!?」
喜緑「うわああああん!(ばくばくばくばくっ)」


会長「どうしたんだ、喜緑くん。こんな所で一人で…
   な、泣いているのか?」
喜緑「あっ、会長…。いえ、これはその…。
   もうすぐわたしたちの任期も満了するかと思ったら、
   少し感傷的な気持ちになってしまって…」


会長「そうだな。この一年、いろんな事があった。厄介事も多かったが、
   振り返ってみれば皆いい思い出だ」
喜緑「ええ。でもわたしが思いを馳せているのは、過去の事じゃ
   ありません。未来の、あなたの事です――」
会長「き、喜緑くん!?(ドキドキ)」


喜緑「あなたが会長でなくなってしまったら、わたしはあなたを
   どう呼称したらいいんでしょうか?」
会長「って、俺の名前まだ憶えてなかったのかよ、おいっ!?」


喜緑「ええまあ、特に興味とか無かったもので」
会長「ひ、ひでえよ! うわああああん!」


喜緑「もう、会長ったらこんな所で膝を抱え込んだりして。

   本気で落ち込まないでくださいよ。あんなの冗談に決まってるじゃ

   ありませんか」
会長「ひっく、ぐすっ、うう…」
喜緑「仕方の無い人ですね。じゃあ、呼び方に困らなくなる方法を
   教えてさしあげます。
   会長が…わたしをお嫁に貰ってくれればいいんです。そうしたら
   いつでも呼んであげますよ。あ・な・た、って」


会長「き、喜緑くん…。
   よし、分かった! 私も男だ! キミを娶らせて貰うぞ!」
喜緑「うふふ、ふつつか者ですがよろしくお願いしますね(///
   あ、でも…」
会長「んっ、どうかしたかね?」


喜緑「名前が分からないんじゃ、婚姻届の出しようがないですね☆」
会長「ひでえ、結局こんなオチかよ!? うわああああん!」


|