*ある日の昼休み

岡部も弁当の途中で人を呼び出さないで欲しいもんだが……。
さて続きを……って、おいハルヒ! なんでお前は俺の弁当を勝手に食ってるんだ!
「丁度おなか空いてたし、いいじゃない」
谷口も国木田も見てたんなら止めろ。
「いや……涼宮さんがあまりに堂々としてたもんでつい……」
「そうそう俺もまったく気が付かなかったぜ」
ハルヒは学食から自分用の割り箸まで持ってきてやがる。
「弁当おいしかったわよ、キョンのお母さんにお礼いっといてね」
あーもういい……、今から学食でアンパンでも買って食うか。

*翌日の昼休み

さて昼飯タイムだな。と、その前にこっちを片付けるか、おいハルヒ。
「なによ、忙しいんだから詰まんない話ならあとにしてよね」
ほら、お前の分の弁当だ。
「えっどういうこと……」
お前が俺の弁当を勝手に食べたって話をお袋に伝えたら、ほめてくれて嬉しいっていいだしてな、弁当を二個俺が持たされたんだ。
だから俺の分の弁当には手をだすなよ。
「そっそう……お弁当は無駄になったら困るし、どうしてもっていうんなら、食べてあげてもいいわよ…………ねぇキョンその……今度の不思議探索の事で相談があるんだけど……」
相談? じゃぁ弁当食べ終わってからな。
「……話が長くなりそうで昼休み一杯かかりそうなの……それに団員以外に聞かれると困るし……だからそのどこかで一緒に食べながら話を……」

*その日の夜、キョン宅

「キョン、お弁当箱だして、ハルヒちゃんのもよ。」
あっあぁ、これ、おいしかったっていってたよ。
「そうよかったわね」
あぁ……ところでその……明日は弁当いらないから
「ふーん、どうしてかしらね」
その……たまには学食で食べてみようかと思って……(いえねぇ……明日ハルヒが弁当作ってきてくれるだなんて)
「あんまり美味しくなくても『お弁当美味しかった』ってちゃんとハルヒちゃんにいってあげるのよ」
いやハルヒは料理上手だし……ってなんで知ってんだよ!
「さっきアンケートとかいって『息子さんの好きな食べ物と嫌いな食べ物』とか電話で聞いてきたのよ」
……それってハルヒが?
「MHKの世論調査とかいって誤魔化してたけど声ですぐにわかったのよ、そうそう、電話のことは知らない振りしてあげるのよ」

亜然とする俺にお袋はさらに追い討ちをかける。
「もうお弁当は必要ないわね、ハルヒちゃんに『弁当作ってもらえなくなった』ってちゃんというのよ」
……あのそれは……ひょっとしてハルヒに俺の弁当を催促しろという意味では……。

「当たり前でしょ、何のためにわざわざ弁当余計に作ったと思ってるの、お父さんに似て鈍いんだから、ハルヒちゃんも大変よね……」

|