「いつまで続くんだよ…」
俺はいつもの部室で、ぼんやりと空を眺めていた。
ありふれた風景のはずなのに、ありふれた日常は消えていた。
ほかのSOS団員は何をしているんだ?
窓の外はバシャバシャと音を立てて、雲の涙のように液体が降り注いでいる。
あいつらは、この雨にまぎれて…地面に落ちて…蒸発してしまったのだろうか?
長門、朝比奈さん、古泉、それに…ハルヒ。

――――誰も、やってこない。

放課後の楽しみ、そんなものが、ここには詰まっていたのに。
先週の水曜日から、揃って学校に来ない4人。ちょうど一週間が経つ。
なぜ?なぜだ?このまま退学して、自宅警備員として生きるつもりか?

俺は、今日の部活動が終わったら何をしようか、と考えていた。
だけど、思いつかないものは思いつかない。
今日はまだ水曜だ。土曜になっても誰も来なかったら、
長門の家にでも行こう。あいつなら、何か知っているはずだ。
そして、淡い高揚を抑えるためにも。

席を立ち、いくらか歩き、ドアノブに手をかけ、力を込め、手前に引く。
カチャッというこの音を、俺は今まで何回聞いただろうか?
廊下を淡々と歩く。下駄箱まで止まらずに。俺の想いも、止まらぬように。

下駄箱に着き、靴をしまう際に、紙切れに気づいた。

"午後七時 光陽園駅前公園にて待つ 長門"

いつか見たような文面だった。
そうだ、あの時は、借りた本に――

「よりによって、雨のこの日か…?長門」


この公園に来ることは、ほとんどない。
それでも、前に来たときより陰湿な…それでいて異様な雰囲気を感じた。
雨のせいだろうか?…だよな。そうとしか考えられない。
俺は傘をさしながら、ぼんやりと立ち尽くしていた。
時計は持っていない。だが家を出たのが六時半だ、そろそろ約束の時間だな。

……
………
「長門っ!!!」
無意識のうちに叫んでしまっていた。
長門は学校の制服姿で、水色の傘を差しながら、言った。
「家に来て。これ以上濡れると風邪をひく恐れがある」

だったら最初から家に呼べよ!というつっこみは、やめておこう。
「長門、おまえ今までどこにいたんだ?それに皆は?」
心配だ。
「皆なんで学校に来ないんだ?!」
不安だ。
「今すぐ答えてくれ。朝比奈さんは?古泉は?ハルヒは!?どこだ!」
「今は答えられない」

暗闇が心を支配している。
長門と一緒に歩き、マンションの一室に到着するまで、
これ以上の会話は一切無かった。なんなんだ、これは。


長門の部屋も相変わらずだ。
靴を脱ぎ、電気をつけ、あの時と同じテーブルに座る。
出されたお茶は残さず飲む。おいしい!そこまではいつものことだ。

「それで、長門。そろそろ…教えてくれないか?」
「涼宮ハルヒ、朝比奈みくる、古泉一樹。彼女らの存在は抹消された」
えっ…?待て待て待て待て…よ……?まっ…しょう…?
抹消ってなんだ?ハルヒってなん…だ?なんだよ…なんだよ?

「そ、それは…どういうことなんだ!」
「彼女らはまったく別の世界に存在している。簡潔に述べるとパラレルワールド。
 この世界には戻ってくることは絶対にない。何故なら―――」

そこまでは覚えている。
なぜ別の世界に行っただとか、もう戻ってくることは無いだとかの
理由を細かく話してくれていたようだが、そんなことはもう、どうでもよかった。

「わかった…それで、なんでおまえだけがこっちの世界に残ってるんだ?
 SOS団の三人は消えたのに…なんで、おまえだけ?」
「希望したものだけが行くことが出来る、と説明した」
なにっ…!?希望だと?希望して…希望して行ってしまったのか!?
ハルヒたちは…望んで…行った…畜生、俺には絶望しか残らないじゃないか!!

…そうだ!俺は、苦肉の策ながら、希望の道があることに気づいた。
「じゃ、じゃあ!俺たちも、そのパラレルワールドってやつに行くことは出来るのか?!」

「一度別の世界へ移動すると、元の世界へは戻れない。
 精神的・肉体的にほぼ変化は無いが、
 この世界での人との関わりはすべて無かったことになる。
 移動する人物の年齢などを考慮し、あまり不自然ではない状況へと移動させる」

「そういうことか…。記憶はなくなる、と言ったよな。
 俺たちが、また、SOS団全員が会える確率はどれぐらいあるんだ?」
「…わたしの計算によると、0,002%の確率で、涼宮ハルヒ、朝比奈みくる、
 古泉一樹、あなた、私が会うことになる」

なんだその低確率は!?こんなふざけた団体に協力してやったのに、
あっちの世界じゃ、集まるだけでそんな難しいのか?!ひでぇもんだな…

「それでも、俺たちがまた、あいつらに会える可能性は…あるんだよな?」

「ある」

「今すぐ、パラレルワールドへ移動できるか?」
「出来る」
なんという…。こんな時、俺はどうすればいい、長門?
可能性を求めて一緒にあっちの世界に移動するか…?
長門と二人だけで、SOS団として活動するか…?
そういえば、ひとつ疑問があるな。

「長門、なぜおまえは移動しなかったんだ?」
「私がいなければ、あなたはあちらへ移動出来ない。
 それに、私はあなたを必要としている。
 それは一種の恋愛感情」
「えっ…?」

俺はこの時を、待ち侘びていたのかも知れない。


外は未だに、雨が降り続けている。容赦の無い涙。
その涙は、俺に返答をせがんでいるようだ。

「長門、もう一度言ってくれ。よくわからない」
「私はあなたを必要としている。それは一種の恋愛感情」
「長門…本当か…?」
「本当。嘘は言わない」
「長門…実は、俺も…なんだ」
「俺も、って何?」
「俺も、長門のことが…好きなんだ。恋だ。
 ただの人間が、宇宙人に惚れたなんてお笑いかもしれない。
 けど、俺は、長門のことが大好きだ。だから」

ぎこちない動作だったとは思う。
俺たちはいつのまにか立ち上がっていて、
長門と、最初で最後であろう口づけを、した。


「長門…好きだ」
「わたしも」

―――抱きしめる。長門のすべてを。あっちでも、忘れぬように。

「…よし、もう悔いはない。可能性が少しでもあるなら、俺は移動したい」
「わかった。すぐに行う」
「えっ?今すg…」

目の前の長門が白い光に包まれたと思った瞬間、
俺の視界は遮断された。


…って
…ててて…いてーっ…
なんだ…痛いな…?

ったく…もうやってられないな…

俺は埼玉県の県立高校に通う、ごく普通の男子高校生だ。
こんな歳になってベッドから落ちるなんてお笑いだな、まったく。
今日も勉学に勤しむため、俺はさっさと制服に着替えて
メシを食って、出発することにした。

自作のたまごゴハンを頬張りながら、時計を見る。
もう午前七時か!早いな…昨日は午後七時すぎに寝たはずなんだけどな。
しかも今日は久しぶりに朝から雨だ。ちくしょう、憂鬱にさせてくれるぜ。


イヤな気分で教室に着くと、先生が見知らぬ生徒を連れてきていた。
なんだよあいつは?転校生か?また生徒が増えるのか?
こんなマンモス校に来るなんて気が狂ってる。

「皆静かに!今日からうちの学校で学ぶことになった転校生だ。
 皆、仲良くやってくれ。自己紹介をよろしく頼む」


「長門有希です。前の学校では文芸部に所属してました!これからよろしく!」


|