※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョンに変装した古泉=キョイズミと表記します。



古泉「最近あんまりにも暇なんでこんなものを機関で制作しました」
キョン「なんだその人間の抜け殻みたいなの?」
古泉「これを着るだけで誰でもキョンたんそっくりに変身できるラバースーツです」
キョン「なんでまたそんなもんを…」
古泉「つきましては実動テストをしたいのであなたにはしばらく眠っていてもらいます。ふんもっふ!」
キョン「アーッ!」

古泉「さて、まずは朝比奈さんのところに行きましょうか…」

キョイズミ「やあ、朝比奈さん」
みくる「あ、キョンくん!2年の教室までくるなんて何かあったんですか?」
キョイズミ「いやいや朝比奈さんの顔が早く見たくて」
みくる「もう~、からわないでくださいよ~」
鶴屋「やや!?そこにいるのはキョンくんじゃないかい?めがっさ珍しいね~どうしたんだいっ!?」
キョイズミ「いやいや、特にこれといった用事はありませんよ」
鶴屋「ふ~ん……あれ?キョンくんなんか背伸びてない?」
みくる「言われて見れば………?」
キョイズミ「!!(しまった…予想だにしない事態に、どう切り抜けるっ!?)えーと、それはですね」
鶴屋「それになんか声もおかしいにょろ?」
みくる「風邪ですか?」
キョイズミ「!え、あ…ぁ……じょ、女子は黙ってろよ!!不愉快だ!帰ゆ!!」 プンプン
鶴屋「にゃっ!?」
みくる「ふぇっ!?」
鶴屋「え?え?何あれ!?」
みくる「さあ……古泉くん?」


キョイズミ「ふぅ、うまく誤魔化せました…身長と声色の件は今後の課題ですね。おや?あそこにおわすは涼宮さんではないですか!」

キョイズミ「やあ、涼宮さ」
ハルヒ「ちょっとどこ行ってたのよバカキョン!!」 ガシ
キョイズミ「ぐえっ!?」
ハルヒ「SOS団をサボろうなんて良い度胸じゃないこのバカっ!」 パシン
キョイズミ「あいたっ!?」
ハルヒ「何よその目?私に歯向かうつもり!?はは~ん、なら今後そんな気を起こさないように調教したげるわ!」ウリャー
キョイズミ「ぎゃあっ!!」
キョイズミ「ま、待っ、話しを」
ハルヒ「問答無用!!!」 トリャー
キョイズミ「うぅわあああああ!!!」
ハルヒ「ふんっ!どう?少しは自分の立場ってのを理解したかしら!?」
キョイズミ「…ぅ…あ……」 ピクピク
ハルヒ「…ふん!私はもう帰るけど、ちゃんとSOS団には顔を出すようにしなさいよね!」 スタスタスタ


キョイズミ「うぅ…酷い目にあいました…キョンたんは毎日こんなことに耐えているなんて、ちょっと尊敬してしまいましたよ…」 トホホ
キョイズミ「さて、そろそろ部室に帰りましょう」

ガチャ
キョイズミ「おや、長門さんまだいたんですか。涼宮さんはもう帰りましたよ?」
長門「………?」
キョイズミ「どうしました?」
長門「言葉遣い…変」
キョイズミ「えっ!?あ、えーと、そんなことはないぞ長門」
長門「急に直した…それに二人きりの時はいつも有希と呼ぶ。ますます変」
キョイズミ「や、やだなあ、ぼ、俺はいつものキョンだよ」
長門「確かめる」 ガブ
キョイズミ「ぎゃああああああ!?」
長門「味が変。もっと深く噛む必要があると判断」 ガリ
キョイズミ「キャアアアアアア!!!」
長門「………」 ガリガリメキョ
キョイズミ「…ぁ……ぁ……」 ピクピク
長門「私の味覚はあなたを偽物と判断。情報連結の解除を申請する」
キョイズミ「………」パァァァア
長門「キョン……どこ?」 ウロウロ

~一方その頃~
古泉が隠したキョンは誰にも発見されることなく静かに息をひきとった…

モニタリング 完


|