ある日、珍しくハルヒとのペアで不思議探索をしている時のことであった。
デート中にでも見えたのだろうか…頭の悪そうな不良に絡まれてしまった。
しかし、さすがにハルヒが相手では分が悪い。
不良は口で罵倒されて、プッツンして手を出してきても、軽く一蹴。
…いや、なんかもう、ご愁傷様としか言いようがないね。
おめおめと逃げ帰る不良たちの後ろ姿は情けなかった。
ところが話はこれでは終わらなかった。
みっともない話だが、ハルヒにはかなわないと判断した不良たちは
一般的凡人の象徴とも言える、俺に標的を絞ってきたのだ。

「は、はは…情け…ない、の…は、俺…のほう…じゃ、ねぇ…かよ…」

声にならない、自分のモノローグに対する空しいツッコミが夕方の空に響いて消える。
待ち伏せをくらった、凡人たる俺は不良たちに勝てるはずもなく
人通りのほとんどない道の脇に放置されている。
動きたくても、動けない。助けを呼びたくても、呼べない。
両腕・両肩・両すね・両腿の骨を折られ、喉も潰されてる。
不意に涙がこぼれた。
ハルヒに責任を押しつける気などない。不良たちへの憎悪でもない。

ただ…自分が情けなかった…

俺は…いつも、みんなのお荷物にしかなりゃしないじゃないか。
自分が凡人に生まれてきたことをこれほど恨んだことはない。
声のあげられない涙を流していると、遠くから足音が聞こえてきた。

「キョン!!!」
ハ、ハルヒ…?なぜ、ここに…?
「どうしたの!?誰にやられたの!?っ!もしかして…あの不良たちの仕業!?」
ハルヒが目に涙を溜めながら続けて言う。
「ごめんね、キョン…あたしの…あたしのせい、だよね…」
違う…違うんだ、ハルヒ…
「あたしを許して、とは言わない…言えないけど…あいつらだけは…キョンをこんなにした、あいつらだけは…あたしが許さない!」
ハルヒの背中から、どんよりとした負の感情が立ち上っているのを、俺は感じた。
「ダ、メだ…い、行か…ない、で…くれ…ハ、ル…ヒ…」
俺は、音の鳴らない声をあげて、必死にハルヒを呼び止めた。

「キョン…?」
お前は、悪くないんだ…俺がただ、何の力もない凡人なのが、いけなかったんだ…
途切れ途切れの、死にかけの人間ような俺の言葉を、ハルヒは黙って聞いていた。

迷惑、ばっかかけちまって…ごめんな…
俺は心の底から、そう思った。

「ううん!そんなことない!キョンは…迷惑なんか掛けてないわよ!!」
ハルヒ…?
ハルヒがボロ布のような、俺の体を抱きしめながら、言った。
不思議と、ハルヒに抱かれているはずの俺の体には、痛みはなかった。
「迷惑かけてばっかなのは…あたしのほうよ…」
ハルヒ…だが、俺がこんな凡人じゃなかったら…
「いいのよ!キョンが凡人だろうと!あたしにとって、キョンは《特別な人》なんだから!」
ハルヒ………
「だから…そんなに自分を責めないで…あたしにはキョンが必要なの…」
俺から、自分を卑下する感情が消えていった。
は、ははは……
「キョン?」
ハルヒ…お前も、さっきから自分のことを責めてるじゃないか…
「あ…あたしは別にいいのよ!」
何だよそりゃ?ハルヒ、お前は俺にとっての《特別な人》なんだから、そう自分を責めるなよ…?

「キョン…」

俺とハルヒは見つめ合い、そのまま……

―――その頃………

「おんどれらぁ!!よくも僕のキョンタンをぉぉ―――!!!!」
「な、なんだお前は…」
「問答無用!ふんもっふ!ふんもっふ!ふんもっふ!」
「アッー!!!!」

オチなしHappy end...

|