長門「… ペラ」
キョン「…」
長門「… ペラ」
キョン「…」
長門「… ペラ」
キョン「ふぁ~あ、暇だなぁ…(なぁ、長門)」
長門「… (なに?) ペラ」
ハルヒ「ちょっとキョン!神聖なる団活中に欠伸するとは何事!?次やったら死刑なんだからね!」
キョン「ふぁい、ふぁい、(今日暇?)」
長門「… (今日は無理。トトロ借りたから) ペラ」
ハルヒ「むきぃーー!何よその態度ぉ!!」
キョン「わかったから怒るなって。笑ってる方が可愛いぞ。(まだ用件言ってないのに拒否るか普通?つか今更トトロかよ!?)」
長門「… (例えあなたでもジブリを侮辱したら許さない) ペラ」
ハルヒ「な、なに言ってんのよあんた!まぁ…あんたがそういうなら…別に…ゴニョゴニョ…///」
キョン「なにゴニョゴニョ言ってんだおまえ?(トトロなんていつでも観れるじゃん。つか俺も面白いビデオ借りたからさ、一緒にみようぜ。それに今日俺の家誰もいないんだよ)」
長門「…ピクッ (………怖い映画?) ペラ」
ハルヒ「う、うるしゃーい!!///」
キョン「? 変な奴…(全然怖くない。なぁ、いいだろ~)」
長門「… (仕方ないなぁ~) パタン」
キョン「お。もうこんな時間か…(うし!じゃあマンションの前で待ち合わせな)」
長門「……(待ってる)」

ハルヒは知らない……(ちなみにキョンが借りたビデオはサイレンとハンニバルだったとか)



『アイコンタクト』

長門「… (ガオオオ) ペラ」
キョン「…(うわーw)」
長門「… (ガオ、ガオオオ) ペラ」
キョン「…(どうしたんだよ甘えてwん?)」
長門「… (な~ん~で~も~な~い。ガオオオ) ペラ」
キョン「…(なんでもない訳ないだろーw)」古泉「王手(お楽しみの最中に水をさすようで申し訳ないのですが、あまり涼宮さんの前でイチャイチャしないでもらえませんか)」
キョン「甘いっ!(本当に申し訳ない奴だよおまえは。ホモのくせに…)」
古泉「あっ!つぅー…その手がありましたか…(ホ、ホモじゃないですよ!変な言い掛かりをs)」
長門… (おいホモ、ホモ野郎、謝れよホモ、おいって、無視してんじゃねぇぞゴルァ!) ペラ」
古泉「これはこれは…ふむ…長考させて貰っても?(ホ、ホモホモ言わないでくださいよぉー!元はと言えば長門さん達が変な噂流したからじゃないですかぁー!(泣))」
キョン「………古泉さん20秒…15…10…(あぁん?するってぇと何か?おまえがホモ扱いされてるのは俺達がそういう噂流したからって言いてぇのかよテメェは?)」
長門「… (おまえもし違ったらどうすんねん!?おまえもし違ったらどうすんねん!?おまえもし違ったらどうすんねん!?あ゙ぁ゙!!?) ペラ」
古泉「いきなり変なルール持ち出さないでくださいよw(あ、いや…その…)」
キョン「変なルールじゃない。公式ルールだ。(はっきりしろやインポ野郎ッ!!!)」
長門「… (やろー!!!) ペラ」
みくる「お茶ができましゅた~。(はいはいケンカしないの。めっ!)」
キョン・長門「…(チッ…は~い)」
古泉「…(ほっ)」



古泉「やめてくださいよ、素振り・・・」
キョン「お前が俺をむりやり**-!!するからだろ!」
古泉「それは・・・」
キョン「行けよ!早く!」
古泉「イケって・・そんなうほっ・・・!」
キョン「早く!」
古泉「わかりましたから、そのバットやめて下さいよ・・・暴力は反対です・・・」
キョン(むりやりしようとするお前が言うなよ・・・)
古泉「その一つ聞いていいですか・・・?」
キョン「なんだ?」
古泉「なんでバットまで同じなんですか?」
キョン(何言ってんだ?こいつは)
古泉「だからなんでバットまで同じなんですか?」
キョン「お前が何いってんのかさっぱりわかんねえよ!もっとはっきり言いやがれ!」
古泉「だからどうしてバットまで圭一さんと一緒なんです?」
キョン(圭一って前ばr・・じゃなくて多丸さんか?)
キョン「ちょっと借りただけだ」
古泉「そんなことじゃないんですよ、圭一さんの時となぜそんなに同じなんですか!」
キョン「何が・・・同じって・・・」
古泉「いい体でしたがスポーツを全くしないのです。にもかかわらず」
キョン「だから何が言いたい」
古泉「圭一さんはある日突然一人で登校するようになったんです」
キョン(ちょwwww多丸さん北高にいたのかよwwww)
古泉「キョンたんみたいに。そして突然素振りの練習始めたんですキョンたんみたいに。」
古泉「そしてですねある日突然バットを持ち歩くようになったんですよ、キョンたんみたいに!」
キョン(俺のあだ名を気持ち悪い呼び方するな気持ち悪いんだよこの野郎)
古泉「そしてある日突然・・・突然・・・」
キョン「ある日突然多丸さんはどうなったんだ、答えろ古泉!」

古泉「言いましたよね、僕のキョンたん」
キョン「あ・・・(僕のとか言いやがった末期だなこいつ・・・)」
古泉「圭一さんは転校したんですよ」
キョン(うわ近っ!それになんかやたら低い声出しやがる・・・
    ていうか転校ってww来たことすらしらねーしwwww)
と心の中で相槌を入れながらも古泉の血気迫る表情に思わず尻餅をついてしまう。
古泉「しませんよね・・・?キョンは・・・?」
キョン「何を?(ついに呼び捨てになったwww)」
古泉「転校」
カンカンと踏み切りの締まる音がして、電車が通り過ぎる。
そのおかげで俺は考える時間を得た。
キョン「そうか」
そして俺は着いて来るなと言いたげなオーラを出しながら古泉に背中を向けて歩き出した。



キョン「ついに2ちゃんねる閉鎖か……。今度はヤバイかもなぁ」
長門「まかせて」
キョン「長門?」
長門「わたしがさせない」
キョン「お前……2ちゃんねらーだったのか」
長門「801板だけはなんとしても守る」
キョン「守るな」



キョン妹「キョンくんキョンくん~、お客さんだよー!」
キョン「んあ、誰だ?こんな時間に」

古泉「どうも、僕です」
キョン「何で勝手にリビング入ってくるんだ、しかも土足のまま」
古泉「おっと外国の家と間違えました」
キョン「欧米か ってそうじゃなくて何か用件があるのか?」
キョン「いえ特に。」
キョン「なら帰れ、ってかだから人の名前を勝手に使うな」
キョン「あー!キョンくんまたお客さん来たよー」
キョン「誰だ今度は」
キョン「僕も行きます」
キョン「お前は名前を直せ」
ガチャ
ハルヒ「やっほー!!」みくる「こんばんわー」長門「・・・」谷口「おっす」国木田「やあ」
キョン「何だお前ら何しに来たていうか谷口国木田まで・・・」
キョン「いや、涼宮さんたちがキョンの家に向かうのを見たから着いてきたんだよね」
キョン「おい国木田お前までやる気か」
キョン「ヤル気ですか?」
キョン「古泉お前と谷口国木田は帰れ」
キョン「そういえばキョン、私たち夕飯食べてないの あんたんちで食べるわ」
キョン「おま名前www それにもう夕飯終わったぞ・・・」
キョン「キョンくんまだいっぱいあまってるから大丈夫だってー」
キョン「あ、じゃあ私もいただいていいですか?」
キョン「僕もいいですか?」キョン「俺も!」キョン「じゃあ僕も」
キョン「おまえらややこしすぎ」キョン「そうだな」キョン「そうね」
キョン「お前らがやってるんだろうが」キョン「違うぞお前だ」キョン「あんた!」
キョン「あなたですよ」キョン「えぇ!?そ、そんな」キョン「あれ?どれが本物?」



キョン「暇だからシュールな話題をば一つ」
長門「一つ…」
キョン「さんまの名探偵にありがちなこと」
長門「こと…」
キョン「意味も無いのにパンティを何度も調べてまう!」
長門「う~」

このネタがバカウケしたら2ch閉鎖はひろゆきの釣り



キョン「ハルヒ、地震だってさ」
ハルヒ「そうね、地震ね」
キョン「あ、ちょっとゆれなかったか?」
ハルヒ「さあ」
キョン「津波来そうだな」
ハルヒ「ちょっと黙っててくれない?今まめっちにコスプレさせてんだけど」
キョン「そうか」
ハルヒ「あ、津波着たわよ」
ザッブーン

キョン&ハルヒ「あーれー」(棒読み)



ハルヒ「津波って汚いわね」
キョン「一応町を越えてきてるからな」
ハルヒ「濡れちゃった」
キョン「濡れ濡れだな」
ハルヒ「あたし小さいころ”濡れ”って文字を”もれ”って読んでたときがあったのよ」
キョン「死んだほうがいいんじゃないのか?」
ハルヒ「でも、すぐ間違いに気づいたわ」
キョン「死刑から終身刑に変えてやろう」
ハルヒ「学校沈んじゃったけどどうするの?」
キョン「お前を蝋人形にしてやろうか?」
ハルヒ「そうね………携帯があったわ」
キョン「我輩は1万とんで4016歳だ」
プルルルル
ハルヒ「誰もでないわ」
キョン「あの海からちょっと出てる三角はなんだ」
ハルヒ「ん?あの見慣れた形は……」
キョン「あー富士山か」
ハルヒ「ってことは……日本沈没?」
キョン「みたいだな、あそこで暮らそうぜ」
ハルヒ「結構広いわね、教室1つ分くらいか」
キョン「鯨が来たぞ」(棒読み)

パク

キョン&ハルヒ「あーれー」(CV.若本則夫、ベンガル)



キョン「朝比奈さんは未来人なんですよね」
みくる「そうでしゅ」
キョン「証拠、とか見せられます?」
みくる「出来ましゅ、ちょろんと待ってて」トタタ
みくる「ただいまでしゅ」
キョン「どこへ行っていたんです?」
みくる「古泉君と三年前へ」
ニュース「次のニュースです、林の中から死後三年ほど経過したと見られる男性の死体が見付かったそうで」
みくる「信じてくれましたか?」
キョン「もちろん!」



キ「長門~」
長「なに?」チュドーン!
キ「今度の日曜日の不思議探索の場所が決まったぞ」
長「どこ?」ドカーン!
キ「九十九里浜だってさ」
長「解った」バーンッ!
キ「っつか・・・さっきから凄い爆音だが何やってんだ?」
長「戦艦ごっこ。ちなみにビスマルク」チャンドンゴーンッ!
キ「なんでドイツ」

戦艦長門=戦艦ごっこする長門



キ「遅くな・・・あれ?朝比奈さんどころか長門も居ないぞ」
長「私はここ」
キ「うぉっ!小さい!?」
長「私は、いつでも携帯長門さん」
キ「つまり長門か」
長「そう」
キ「で、機能は長門のままか」
長「今までの私に更に電話機能が追加」
キ「ほう」
長「ちなみにau」
キ「auか・・・」
長「請求書は横山ノックに当てられる」
キ「なぜ!?」

携帯長門=携帯サイズで携帯電話の機能が付随した長門



キ「長門、図書館じゃなくて良かったのか?」
長「うん、ここに興味があったから」
キ「なんだか、薄暗い照明ってアダルティだな」
長「そう」
キ「じゃあ、始めようか。俺、後で」
長「解った。じゃあ、私前」



長「Ahhhhhhh!!Motherfacker!!」
キ「(長門、メタル系好きなのか。ま、カラオケも気にいったようだし、良かった良かった)」


メタル長門=メタル好きな長門



長「胸が大きな女なんぞ、それしか取り柄がない中身無し。イライラする度閉鎖空間なんて我が儘にも程があるガキ。
ナンパしまくって失敗しまくる馬鹿は学習能力の無いアホ。そいつと友達の奴は友達選ぶ目の無いバカ。
言葉ににょろとか付けてる奴はキモいぶりっ子。私はそんな欠点を含まない故に最高である!ふははは!!」


馬鹿長門=何かしらの形で人を馬鹿にする長門



ハ「有希って胸ないわよね~」ツンツン
長「……」ボン
ハ「おっきくなった!?」


ツングレ=ツンツンする(つつく)とグレードアップする。



キ「王手」バシッ
古「詰んじゃいましたね」
ピリリリ……
キ「何だって?」
古「閉鎖空間です。でも面倒臭いので行きません」ダレダレ

ツンダレ=詰んダレ。将棋に負けると無気力状態におちいること。別名負けず嫌い(ちょっと違う)



朝「キョン君、お茶で、……わひゃあ」ドンガラガシャン
キ「あぢいぃぃぃぃ……」ミズ、ミズ!
ハ「キョン、大丈夫!?」
古(閉鎖空間ですね)
長「……ポンコツ」ボソッ
朝「やんのか、ネクラァ!」

ツンコロ=つんのめるようにして転ぶ事。時として悲劇を巻き起こす。



長門 「ハァハァ・・・キョンタソ・・・ハァハァ・・・特性抱き枕うめぇwwwww」
ガララ
キョン 「長門・・・部室で何してるんだ?」
長門 「・・・古泉イツキに脳内汚染されてた。」

古泉「マッガーレマッガーレそんなことはないマッガーレ」←これって何話で言われてんだ?

長門 「ひっかかったなー!キョンたんめ!谷口だ!」
キョン 「どっからどうみても長門です。」
長門 「・・・むぅ!谷口ったら谷口!WOWOWO・・・宿題なんてゴミ箱に捨てちゃえー!」
キョン 「わかりません」
長門 「キョンたんとちゅっちゅしたいよー!」
古泉 「マッガーレ!私の精神を使いなさい!」
長門 「ありがと1マッガーレ!」
古泉(中身は長門)「さぁキョンたん!ちゅっちゅしよー!」
キョン「うわやめろなぜうえこいずみのにくたいでわああああああああああ」

ちゅっちゅーちゅっちゅー



長門 「手品します。」
キョン 「パチパチ」
長門 「このスプーンを・・・マッガーレ!」
キョン 「まっがった!」
長門 「この中河を・・・アイシールド!」
キョン 「愛シールド21だ!すげー!」
長門 「そして古泉を・・・マッガーレ」
キョン 「すごい!古泉のちんこがみごとに曲がってる!」
長門 「最後に谷口を・・・マッガーレ!」
谷口 「VAVAVA・・・ババア!VAVAVA・・・ババア!」
キョン 「すげー!谷口が忘れ物って言ってない!」



ハルヒ「キョンは、あたしの物なの!!誰にも渡さない!!。」
古泉「行け。朝比奈。」
朝比奈「あばばばばばばばばばば。キョンくぅ~ん。火縄銃で遊びましょぅ。」
キョン「危ない!!死ぬ。死んじまうよおぉぉぉおぉおぉぉ。」
古泉「さぁ、このままでは、彼が死にますよ?」
ハルヒ「キョン!!」
朝比奈「あばばばばば。」
キョン「あばばばばば。」
谷口「あばばばばば。」
ハルヒ「……分かった。たった今、役所に二人の婚姻届を出したわ。願いは叶えた。」
古泉「よく出来ました。では、消えて下さい。」テドドーン
朝比奈「ひゃあ。」
古泉「さぁ、ゲームの時間だ。」
長門「子作りゲーィム!!!」
キョン「アッー!!」

●<しばらくアッー下さい。

古泉「最後に鶏の卵を入れます。」
キョン「ハァ……ハァ……うっ。」
古泉「完了。」
ハルヒ「あんたを……殺す!!!」
古泉「まだ生きていましたか。」
ハルヒ「あたしがあれくらいで死ぬと思う?」
古泉「なら、本気で行くしかねぇな。」
ハルヒ「忘れてた?まだ願いは一つ叶えられるの。」
古泉「チッ……」
長門「二人とも消す。」
古泉ハルヒ「「何イィィィィィィ」」
長門「時よ止まれ。」
長門「五秒経過。」ドコドコドコ

長門「七秒経過。」ムダムダムダ

長門「九秒。そして時は動き出す。」
ハルヒ「………生きている!?」
長門「あなたは生かす。」
古泉「まだ……だッ。まだ…………」
長門「往生際が悪い。」ビッ
古泉「息子よ……僕は望んでいます。いつの日か、父の無念を晴らす事を。」ドドーン
長門「きたねぇ花火だ。」
キョン「やれやれだぜ。お!!腹が痛てぇ。」ウンコウンコ

平和は守られた。しかし、その平和も束の間だろう。
キョン「産まれるぅぅゥゥゥゥゥゥン!!」



ハルヒ「気がついた!」
唾を飛ばすな。
ハルヒ「どうしてこんな簡単なことに気付かなかったのかしら!」
ハルヒは白鳥座α星くらいの輝きを(ry

―中略―

キョン「その発見とやらは後でゆっくりと聞いてやる。場合によってはヨロコビを分かち合ってもいい。ただ、今は落ち着け」
ハルヒ「なんのこと?」





キョン「ここは東中だ」
ハルヒ「やべwww学校間違えたすwwwwwww」
キョン「ちょっwww俺もwwwwwww」



前略

「つまり、この試合に勝たないと世界は終わりを迎えるわけです」
「ずいぶん簡単にハルマゲドンを宣言するんだな。それにしたってこのままじゃ勝ち目なんてないぞ、なんせ俺の妹まで出てるんだからな」
「はい、ですからここは長門さんに頼みたいと思います。彼女とは利害が一致するはずです。…閉鎖空間から出た時の方法を今一度試すのなら別ですが」
「思い出させるな」



「長門さん、折り入って相談が」
「内容は把握している。利害もそれなりに一致している、しかし、私としては人の目の多いところで情報操作を行うのは好ましくない」

「ですが、この試合に負けた場合、涼宮さんは世界を
「聞きたいことがある」
「!? なんでしょう?」
「さっきベンチで話していた「閉鎖空間から出る方法」とはどんなものなのか?私はパソコンが遮断されてから閉鎖空間内の様子を観測していない」
「あぁ、それですか。しかしあれはかなりプライベートなことですから、キョン君に確認をとってからでないと、
「気になる。事後承諾させるとして、まず私に教えるべき」
「…そこまで言うのであれば。
あの時の脱出の方法は、ですね、…「告白」と「キス」です」

「キ、キ、キ、キスって、あ、あ、あのキス??」
「あのキスです」
「くちづけのこと??」
「くちづけのことです」
「それは、彼と涼宮ハルヒとが??(ピクン#」
「はい」
「それも、彼の方から??(ピクピク#」
「そうです」





「利害が完全に一致した。この試合、必ず勝つ。二度と彼と涼宮ハルヒを二人きりで閉鎖空間におくようなことはしないっ」

((う、…な、長門さんが煮えたぎっている))



「あ、長門さんが呪文を…」
「呪文、ですか?」
「え!?あ!!はい、呪文です!!」
「それって一体なんなんですか?」
「ん~、禁則事項ですぅ」



『馬鹿古泉』

古「どこまでごZONEじですか?」
キ「"ご存じ"な。涼宮がただ者ではないってことくらいか」
古「それなら噺は感嘆です。園生通りなのでね」
キ「"話は簡単"だな。あと園生通りなんか知らん。で、お前の正体を聞こうか」
キ「実は超能力者でして、などと言うんじゃないだろうな」
古「チョウノ…?すみませんが、むずかしいかんじはよめません」
キ「難しくはないと思うが…あと急にひらがなだけで喋るな、解りづらいから」
古「とりあえず僕はある所にできる場所で、出てくる青いでっかいのを、赤い玉になって、バシュバシュやっつけられるんです」
キ「すまん、全然理解できん」
古「あなたはホントにおバカさんですねぇ」
キ「お前にだけは言われたくない」
古「つまり僕はすごい奴なのです!」ババーン
キ「うざっ!効果音も含めて、うざっ!」
古「でも実は、あなたが一番のナゾなんです。失恋とは思いましたが、あなたについていろいろ調べました。」
キ「別に失恋してねぇよ。いちいち癇に障る奴だな」
古「4月□日、大野木さんにフられる…同月○日、由良さんにフられる…同月▲日、山根くんにフられる…」
キ「ちょっと待てえええぇぇ!!!どこのガセ情報だそりゃあああぁぁ



|