※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「おっ」
長門「……」

キョン「よお、来るとき朝比奈さんに良く似た人とすれ違わなかったか」
長門「すれ違った。とてもよく似ていた。けれど、彼女よりも数段大人っぽかった。
   何故外見がそっくりな人間が2人いたのか、とても不思議」
キョン「……その人さ、未来の…大人になった朝比奈さんなんだとさ」
長門「……そのくらいは知っていた、ボケてみただけ」
キョン「そ、そうか……もう帰っちゃったみたいだな」

キョン「……なあ、お前も時間移動~っての出来るのか?」
長門「……」
キョン「な、長門?」
長門「……私には出来ない。それどころか、インターフェイスなのに情報操作も出来ない…」
キョン「(あっしまった!)
    で、でもさ、理屈とかコツくらいは分かるだろ?是非教えてくんないかなー、なんて…」
長門「……私には時間移動の事は理解出来ない……全く分からない……」
キョン「えっと…長t(ry」
長門「何で思念体は……こ、こんな出来の悪い奴をつ、造ったのか……」ポロポロ

キョン「き、気にすんなよ!思念体だって万能じゃないだろうし、たまにゃ失敗くらい……あっ!」
長門「……やはり私は失敗作のインターフェイス……!」ダッ!
キョン「あっ長門ーーー!Coーーーme baーーーck!」



長門「ゆきりんと呼ばれてみたい気が・・・しないこともないかもしれない」

キョン「いきなりなんだお前は・・・ゆきりん、これでいいか?」
長門「///」

古泉「僕もいつきんと呼んで下さい」
キョン「断る」



キ「超能力者とか言ったな。なら力を使って見せてくれ。
  このコーヒーを元の温度に戻すとか」
古「…………!!! デュワ!!!」
キ「……」
古「これで戻ったはずです。飲んでみてください」
キ「アッー!!!」



ハルヒが猫を拾ってきた

キョン「どうしたんだよ、それ」
ハルヒ「捨てられてたの…可哀想だったからつい」
キョン「拾うのはいいがどうすんだ?お前ん家で飼うの?」
ハルヒ「家は駄目かも(;´∀`)…」
キョン「なら拾うなよ…家も もう先客がいるしなあ」

ハルヒ「みくるちゃんは大丈夫?」
みくる「猫さんは可愛いけど…私も都合が悪いでしゅ…」
ハルヒ「有希は…マンションだから駄目か」
長門「…」コクリ

キョン「とりあえず元いた場所に戻しておこう」
ハルヒ「でも、可哀想だし(;´∀`)…」
キョン「かといってなあ、部室で飼う訳にもいかんだろう」
ハルヒ「う~ん…あっそうだ」







ハルヒ「古泉君よろしくね」グイ
キョン・長門・みくる「じゃ」

バタンッ

古泉「………Σえっ、そんな」



ある日、部室に行くと――、

キ「……お、お前誰だ!?」
ハ「すずみやはるひ……」
キ「お、おい古泉! こりゃ一体どういうことだ!」
古「その説明は長門さんから聞いたほうがいいと思いますよ」
キ「長門……こりゃ一体」
長「涼宮ハルヒは自分の小さい頃が急に懐かしくなった。だから幼児化した」
キ「んなバカな!!!」
み「涼宮さんかわいいんですよー。お茶よりジュースがいいって」
キ「ただのワガママじゃないですか!」
ハ「きょん……」
キ「何だ!?」
ハ「おしっこ」
キ「はい!?」
ハ「といれどこ!」
キ「あぁもう! 廊下の突き当たりです!」
ハ「つれてって……」
キ「っだぁ! 何で俺が!」
ハ「はやく!」
キ「はいはいわかりました!」
――
ハ「そとでまっててね」
キ「……やれやれだ」

(何が何でもおわり)



ある日、部室に行くと――、

キ「……お、お前誰だ!?」
古「こいずみいちゅき……」
キ「お、おい長門! こりゃ一体どういうことだ!」
長「わからない」
キ「んなバカな!!!」
み「古泉くんかわいいんですよー。女より男がいいって」
キ「何言ってんすか!」
古「きょんくん……」
キ「何だ!?」
古「おしっこ」
キ「はい!?」
古「といれどこ!」
キ「あぁもう! 廊下の突き当たりです!」
古「つれてって……」
キ「っだぁ! 何で俺が!」
古「はやく!」
キ「はいはいわかりました!」
古「にやり」
キ「何だ!?」
古「なんでもないよ! なんでもない!」

(始まるな)



古泉「オセロしましょう」
キョン「おぉ、いいぞ」

~1時間後~

古泉「あぁ、惜しい。2個差ですね」
キョン「お前、いつのまにこんなに強くなったんだ」
古泉「僕が何の策もなしにあなたに挑むと思いましたか?」
キョン「策?」
古泉「そうです」
キョン「じゃあ聞かせてもらおうか、その策とやらを」
古泉「少し長くなりそうですが……まぁいいでしょう」

~3時間後~

キョン「ぐ~ぐ~」
古泉「Zzz...Zzz...」
長門「あらあら二人ともお腹出して寝ちゃってる」
キョン「ん……長門……」
長門「起きた?もう夜だよ」
キョン「古泉の話があまりにも長すぎて寝ちまった」
長門「そうですか」
古泉「涼宮さぁん……」
キョン「……寝言、か」
長門「帰りましょ」
キョン「そうだな」

なんかカオスっぽい



長門「これ」
キョン「ん?お前が読んでた本か」
長門「貸すから」
キョン「貸すって……読めって事か?」










次の日、俺のフトコロが潤ったのは言うまでもない



今日の長門さん

「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」

「……三日くらい、ねてた」

「……」



キ「この前、お前に紹介してもらったバイトだが……」
古「おやりになられますか?」
キ「ああ……だが、具体的に何をすればいいんだ」
古「簡単なことです。挿れて、注ぐ。それだけですよ」
キ「いきなりそんなことを?もっと経験をつんでからの方が」
古「思うほど難しくはありません。
  挿れるときは場所がわかりにくくて戸惑うでしょうが、
  一度はめてしまえばあとは出すだけですから」
キ「……」







キ「レギュラー満タン入りまーす」
車「アッー!!」



古「いやぁ、あの館は驚きでしたね」
キ「あぁ、お前の推理がなかったら抜けられなかったよ、感謝する」
古「実に熱いひと時でした、まさかあんなにテクニシャンだなんて」
キ「何の話をしてるんだ何の!」
古「レオンハルト・オイラーをご存知ですか」
キ「おーい」
古「そういえば今日は僕の推理劇の日ですね」
キ「期待してるぜ」
古「実はまだ考えてないんですよ。どうですか、ここらで一発」
キ「おいマジかよ!? ハルヒ楽しみにしてんだぞ!」
古「かかったな小僧。さぁみんなで考えよう!」
キ「横取り40万!」
古「ノッてきたじゃないですか」
キ「さぁどんな問題でもかかってきやがれ!」
古「望むところです」

こうして翌朝ハルヒにこっぴどく叱られる馬鹿二名だった。



長門「……」
キョン「何やってんだ?」
長門「年末ジャンボが当たっているか調べている」
キョン「お前も俗な所あるのな……で、どうだ?」
長門「当たっていた」
キョン「マジで!!?」
長門「マジで」
キョン「そりゃーいーや!お祝いしてやる、ついてこい!」

長門「……げぷ」
キョン「どうだ、ここのステーキ美味かったろ」
長門「とても美味だった」
キョン「そうかそうか!」

キョン「ここのカレーも美味かったろ!」
長門「とても」
キョン「そーかそーか!」

長門「嬉しい……宝くじで当たった一万円はあなたにあげる。これはお礼」
キョン「そうか、ありがとな」グイ
キョン「じゃ」スタスタスタ
長門「……?」



ハルヒ「今日はキョンの寝顔を観察しに、ここ、キョンの家にやってきたわ」
キョン「すぴ~、すぴ~」
ハルヒ「まったく、お腹出して寝ちゃって……」

ハルヒ「ほら、起きなさいよ」
キョン「ん?……なんでハルヒが?」
ハルヒ「どうでもいいじゃない」
キョン「それもそうだな」

キョン「……で、お前何しに来たんだ」
ハルヒ「あんたは客にお茶を出すくらいできないの?」
キョン「あー分かった分かった……」
スタスタ
キョン「お茶と紅茶とコーヒー、どれがいい?」
ハルヒ「キョンのと一緒でいいわ」
キョン「そうか、じゃあお茶で」
スタスタ
キョン「ほらよ」
ハルヒ「ん、あんがと」
キョン「ズズゥーッ」
ハルヒ「ススス……」
キョン「で、お前は何しに来たんだ」
ハルヒ「忘れたわ」
キョン「まぁいいや、とりあえず出てけ」
ハルヒ「ひどい」
キョン「しょうがない」
ハルヒ「そうね」
キョン「あぁ」



古泉「こんにちは」
店員「おぉ、古泉君。こんにちは」
古泉「豚肉を300gもらえますか」
店員「あいよ、600円」
古泉「はい」
店員「確かに」
古泉「ありがとうございました」
店員「また買いに来てくれよ!」


キョン「あれ?古泉じゃねぇか」
古泉「奇遇ですね」
キョン「お前も晩飯の買い出しか?」
古泉「えぇ。あなたもですか?」
キョン「そうだ。おつかい頼まれちまってな」
古泉「何をです?」
キョン「カレー粉だ」
古泉「晩御飯、カレーなんですね」
キョン「あぁ。じゃあな」
古泉「それでは」

古泉「晩御飯、うちもカレーにしようかな……」
古泉「でもなんか長門さんっぽくて嫌だなぁ」
古泉「長門さん嫌だなぁ」



キョン「……なあ……長門、昨日さ……」
長門「……?」
キョン「友達の宇宙人のお葬式に行ってきたんだ……うっ」
長門「……」
キョン「ううっ……地球のやり方と……うっ……そんなに違わないんだな……」
長門「そう、だけど……悲しまないで」
キョン「俺……俺……あいつのこと……嫌なやつだなって……思ってた……」
長門「……」
キョン「でも……死んだなんて思いたくなくて……死に顔も……見てやれなかった……!」
長門「それは……あなたのせいじゃない……誰だって辛いから……だから、悲しまないで……」
キョン「……俺は……俺は……! くそっ……くそぉ!!」
 
 
 
 
 
ハルヒ「え……? ちょ……なによこの空気……おかしいわよね……? あれ……?」



古泉「あなたの好きな食べ物はなんですか?」
キョン「俺か?俺はだな……カレーだ」
古泉「あなたにしてはずいぶんと普遍的ですね」
キョン「普通で悪かったな」
古泉「いえいえ、何も悪くありませんよ」
キョン「で、お前は?」
古泉「え?」
キョン「いや、お前の好きな食べ物」
古泉「……カレー」
キョン「え?なんだって?」
古泉「ホワイトシチューです……」
キョン「そうか」

トイレ個室にて
ダンッ!
古泉「ちくしょう、なんで……なんで……」
古泉「なんでだ……っ!」
古泉「長門さんっぽいのは嫌だ……ッ!」
古泉「長門さんは嫌だ……ッ!」

古泉「嫌なんだよぉぉおおおお!!」

男は吠えた



ハルヒ「ハルヒっていう名前、なんか変じゃない?」
キョン「あぁ、変だな」
長門「変」

ハルヒ「でもさ、キョンっていう名前も変じゃない?」
キョン「これ、あだ名だからな。普通」
長門「普通」



古泉「……」
みくる「……」



あけまして長門さん

「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……」
「……!」

「……起きたら、年あけてた」

「あけまして、おめでとう」



古泉「これは本当に今まで黙っていたことなんですが」
キョン「何だよ。先に行っておくが新技は封印だぞ」
古泉「実は僕超能力者なんですよ」
キョン「はいはいすごいすごい」
古泉「ほんとなんです」
キョン「じゃぁこの紅茶を元の温度に戻してみろ」
古泉「分かりました。……人肌でいいですか?」
キョン「コップ抱くのかよ! 超能力でも何でもねぇじゃねぇか!!!」
古泉「愛という名の超能力で」

キョン「長門もあけおめー」



古泉「アナルとプリンといえば、VIPのハルヒSSスレで、双璧を誇っている存在です」
キョン「つうか今それしかないだろ」



元旦ローテンション

キ「よう古泉! 今年もよろしくな!」
古「えぇよろし……げほっげほっ!」
キ「何だ風邪か?」
古「えぇ……慣れっこですよ。風邪なんて。小さい頃から、慣れっこ……」
ハ「ちょっとキョン、タブーよタブー」
キ「あぁすまない。いや、新年だよな! おみくじ引こうぜ!」
ハ「あ、あたし大吉ー!」
キ「俺は吉か」
長「……末吉」
み「あたしは中吉でしたー」
古「大凶……」
キ「うっ」
ハ「ちょっと! どうするのよキョン! また落ち込んじゃうじゃない古泉くん!」
キ「知らねぇよというか、そもそもおみくじに大凶って入ってるものなのかよ!」
古「どうせ僕幸薄いですから……風邪もこの冬十六回目ですから」
キ「長門……情報操作で次は大吉が出るようにしてくれ」
長「わかった」
キ「古泉、ここは俺が払うからもう一回引こうぜ! な?」
古「いいんですよ。そんな、無理に元気付けてくれなくて」
ハ「古泉くん! 今度はいい目が出ると思うわ!」
み「おみくじって二回引いてもいいんですかぁ?」
長「……しっ!」
キ「さぁ! 今度は何を引いたんだ古泉!」
古「……特凶」
キ「長門!!!」
長「おかしい……ちゃんと操作した」
古「やっぱりいじってたんですね……これ僕が用意したんですよ。いいんです、どうせ僕なんて」
キ「古泉ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」



だからローテンションすぎだってば古泉くん

古「だいぶ長い時間がかかりました……が、ここが閉鎖空間です……ぜぇ、ぜぇ」
キ「大丈夫か、死ぬなよ」
古「はい、大丈夫……本番はこれからですから」
キ「あ、何か出た。何だあれ、青い……巨人か?」
古「そうなんですよ……は、ごほっごほっ! と、とにかく、僕はあれをたた、退治しないと……」
キ「古泉お前熱は」
古「さ、39度7分です……こんなの慣れっこですからえぇ」
キ「で、どうやってあそこまで行くんだ? 結構遠いが」
古「間もなく風が吹きます」
キ「あ、そよ風だ。涼しいなー」
古「見てくださがふっください……僕、僕飛んでますでしょう?」
キ「古泉ーお前体重何キロなんだー?」
古「そんなこと……言えませんよ……」
キ「死ぬなよー」
古「えぇ、がんばります
キ「あ、後ろ」
古「え」

古泉飛んだー大きい。


|