いやっぽー!鶴屋さんだよー今日はハルにゃん達にお呼ばれされたのでSOS団部室に向ってるにょろよ。

「ちょっ・・・・・・・・・・・・・・この・・・・・・何処から・・・・・・・・・・連れて・・・・きた...」

おやおや~ハルにゃんとキョン君が何かしてるにょろよ

「やぁーやぁーおっ!誰だい?その子」

「えーと・・・」

おやおや~キョン君戸惑ってるね~まさか拉致ってきたのかい?その子

「そんなわけないでしょ」

「じゃぁ誰だい?」

「ねぇねぇ、スモークチーズあるかい?」

スモークチーズってこの...ぶっあっははははははははは

「鶴屋さん笑ってどうするんですか」

「だってその子...スモークチー...あっはははははははは」

「にょろ~ん」

「俺は鶴屋さんの親戚に見えるんですけど」

「あたしの親戚にはいないよ~」

「だって緑髪の所と口癖とかそっくりだし」

「ちょっとキョンっ!?違うって言ってんだから違うにくいまってるでしょっ!」

「むぅ~たしかにそうだな」

「で、名前は?」

「ちゅるや」

ちゅるや?ちゅるって...ちゅるってなににょろ?

「スモークチーズあるかい?」

「さっきからこればっかですよ」

「スモークチーズが好きなじゃないの?」

「でもここにはないですし」

「それじゃあたしが連れて帰ろうか?そのこ」

「いいんですか?」

「もちのロンさっ!、さっ行くにょろよ~」

「♪~♪」

取りあえずあたしの家に連れて行くことになったにょよ

「・・・・・・・・・・」

「さぁさぁさぁスモークチーズいっちょ上り~」


おまけ1「ゲイと僕の生きる道」

古「さぁしましょうっ!」

谷「う・・・うわーーーー」

古「ふふふふ逃がしませんよー」

谷「やめろーア○ルだけはア○ルだけはー」

ギャァァァァァァァァァァァァァァァァ(落ちました、4~5階から自ら^^

国木田「ちっ誘われたんだから最後まで行けばいいのに」


「わーい」

「たーんと食べなっ」

おーいそんなに急いだら...あ~死ぬまであと5秒前くらいなっちゃたにょろ

「ん~んー」

「ほいっお水」

ゴクゴクゴク、おっいい飲みっぷりだねーでもそれ全部飲んだら・・・・・・

「にょろーん」

あー顔まっかっかさーてどんないたずらしようかな?

~fin~

おまけ2「ゲイと僕の生きる道」

古「ふふふふ見つけましたよ~」

谷「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

国「よーしヤッチマエ今なら谷口の・・・・・・・」

古「あなたも逃がしませんよ~」

国「いやぁぁぁぁぁぁぁぁ」

1時間後

古「さーて次はキョン君の尻の穴を・・・・・・・・」

~fin~



|