谷口「なぁ、キョン。涼宮と何があったんだ?」
国木田「何かふたりの間に見えない壁が見えるんだけど」
キョン「さらりと矛盾した事を言うな国木田。
   端的に言えば・・・SOS団は解散、俺はハルヒに、もう口も聞かんだろうな」
谷口「は!?お前とハルヒって付き合ってたんじゃねぇの!?」
キョン「ちょwwwそんなわけねーだろバーローwwwwwwww
   あんな奴となんて死んでも付き合いたくねーよwwwwwwwwww」
谷口「そ、そうだよな…」
キョン「でも、あいつけっこう良い体してるしな。一回くらいヤってから捨てれば良かったかwwwww」

国木田「それ、まだ出来るんじゃない?」

谷口「…どういうことだよ国木田」
国木田「だって、涼宮さんは明らかにまだキョンに未練タラタラだよ?
    キョンが涼宮さんに声かければ、1発ヤルくらいなんでもないと思うんだけど・・・」
谷口「ちょw何でお前まだ涼宮がキョンに気があるって分かるんだよwwwwww」
国木田「バーローwww俺のツンデレスキーとしての経験値舐めんなってのwwww
    俺の所持エロゲーの8割はツンデレ登場してるぜ?wwっうぇっうぇwwww」
キョン「そうだな・・・やるか。谷口、国木田、お前らも来るか?」
谷口・国木田「さすがキョンさん!そこに痺れる憧れるぅ!」

キョン「ただ、何だ。俺は、和姦物よりもレイプ物の方が好きだからな。
   こうしよう、ちょっと二人とも耳貸せ。ごにょごにょごにょ……」


ハルヒ「キョン…人気のない夜の校舎なんかに呼びだして…まさか……」
キョン「来たか」
ハルヒ「キョン!?一体こんな所で何の用!?つまんない事だったらタダじゃおかないわよ!」
キョン「つまんないことじゃねぇよ。少なくとも俺達にとってはな…」
ハルヒ「達?」
キョン「谷口、国木田。出てこいよ」
ハルヒ「っ!?」

すばやくハルヒを抑える谷口と国木田。
ハルヒ「ちょっ…ちょっと!離しなさいよ!キョン!これは何のつもり!?」
キョン「は?お前も分かってんだろ。」
ハルヒ「………そういうこと、だったんだ。これじゃ、これじゃあたし、馬鹿みたいじゃない…っ!」
谷口「うおっ!暴れんじゃねぇてめー!」
キョン「面倒だ、縛っとくか」
国木田「さすがキョンは迅速に鬼畜な判断を下してくれる」

縛り上げられ、地面に転がされたハルヒ。既に抵抗する気も無くなったらしい。
その瞳に浮かぶ感情は、俺には読み取る事など出来るはずもなかった。

キョンが近づいてくる。私が、今から数分前まで好きだった男だ。
キョン「一番槍は俺が貰うわ。いいだろ?」
谷口「もちろん」
国木田「後で4Pもやるよね?」
キョン「おう。よっ……と」
パンツを下ろされた。キョンも、自らの―――を出す。
私は、キョンと初めて会った日の事を思い出す。
入学式の日。初めて自分の座席に座った日。そして私の前に座った男。キョン。
それが最初の出会い。正直言って、このときの事は全く覚えていない。
ただ、数日後。彼が私に話かけてきた事は、一応覚えている。でもその時はまだ、
他のつまらないクラスメイトと同じとしか考えていなかった。
彼をちゃんと認知し始めたのは、私の髪型の法則に気づいたとき。多分そこ。
そして、彼を部活に誘った日。それから、SOS団を結成し―――

―――ああ。私は、いつから彼に惹かれ始めていたのだろうか。
今となっては分からない。ただ私に分かる事は、今、私はキョンを好きだということだけ―――

ハルヒ「っ痛――!」
キョン「く、きついな…やっぱ濡らしてないからか…」
国木田「だが、それがいい(ニヤ)」
キョン「さすが国木田はよく分かってる」
ハルヒ「ギ……!っつ、あ、ああああああぁっ!!!!」
痛い。痛い。いたい。
痛いのは体だけじゃない。痛いのは心。好きな人に犯されているという、ここの状況。
ハルヒ「う……う、うううううぅっっ………!!あ、あああああああああ…………!!!」
国木田「こいつ、泣いてやがる。そんなに痛かったのかね?
    へ、普段気が強い奴の泣き顔ってのもそそるもんだな。」

どうして。どうして。どうして。
どうして、こんなことになってしまったのだろう。
色んなことをした。
みくるちゃんを誘って、
古泉君を誘って、
有希から文芸部室を借りて、
SOS団を作った。
コンピ研からパソコンを奪ったりもした。
街の不思議探し、何ていうのもしたっけ。
あはは、キョンと二人きりになろうとして、くじ引きで二組に分かれたりもしたっけ。
あの時は、結局キョンと一緒にはなれなくて、キョンはみくるちゃんと有希と一緒に…
デート、して…あはは、あの時は妬いたなあ。有希ちゃんの時なんかは、キョンったらすっごい遅刻してきたし…
……本当に。
どうして。どうして。どうして………

涙が溢れる。
キョン「ん・・・そろそろ出るな」
谷口「何だ、意外と早いんだな」
キョン「俺は連発式なんだよ。1発までは早いが連射が効く」
国木田「マジカwww何そのニュータイフwwwwww」
キョン「んっ……!」
キョンが、私の膣に××を出しているのを感じる。
私が何度か彼を想って自慰をした時の事を思い出す。
こんなはずじゃなかった。私と彼の初めては、こんなものじゃなくて、もっと、もっと…

愛していた。わたしは、彼を愛していた。いや、今も愛しているのかもしれない。
いまのわたしには、それすらも分からない。
ただ、今までの彼との思い出がよみがえる。

ハルヒ「キョン…好き……」
キョン「……?は、ははっ!
   こいつ、犯されてるのにまだこんなこと言ってやがる!
   ついに頭イカレたか!?ま、最初っからイカれてたけどな!はっははは!!」
谷口「う、うおおお!何か俺燃えてきたぜキョン!」
国木田「(コレだ…これがツンデレの破壊力…!真価…!僕は、新しいステップを登った気がする…!)

キョン「そろそろお前達も参加するか?」
谷口「俺は口だ」
国木田「じゃ、せっかくだから俺はこの汚い穴を選ぶぜ!」
谷口「っつーかいきなり4Pなんすねキョンさん」
キョン「当然だろ?」
国木田「え?じゃあお前は何を考えてたわけ?」
谷口「(こいつらレベルたけーよ・・・)」

だれかが、わたしの口に何かををつっこんでいる。
きもちわるい。
のどのおくにあたる。
はきけがする。
だれかが、わたしのおしりのあなになにかをつっこんでいる。
いたい。
すごくいたい。
きょんが、わたしのなかでうごいている。
なんなんだろう。めちゃくちゃだ。
もういやだ。
なにもかんがえられない。
かんがえたくない。
ああ―――
これが、
ぜんぶ、
ゆめだったらいいのに………

「よーし、HRはじめるぞー」
俺は出席を取り始める。
「あー、涼宮は…今日も欠席だ。」
あの時は本当に大変だった。俺の担任をしているクラスで、4人の生徒が行方不明になったのだ。
その内の一人、涼宮ハルヒはすぐに見つかった。校内にいたからだ。
ただし、暴行されたまま、放置されているのが。
犯人は分からない。同じく行方不明になった3人の男子生徒ではないかと無粋な週刊誌は騒いでいるが、
現場にはその生徒達の体液はおろか、髪の毛一本落ちていなかったのだ。
そもそも、俺は自分のクラスの生徒達を信じている。あいつらがそんな事をする訳はない。
大体、行方不明になった生徒の一人は、涼宮ハルヒと非常に親しくしていた。付き合っていたという噂もある。
そんな彼が、あんな事をする訳もない。しかしそうすると、犯人は誰なのか。
とにかく、一刻も早く犯人が捕まる事を願っている。

「………」
とある家のベッドで、一人の少女が眠っている。
その頬はこけおち、快活に校内を駆け回っていた姿は見る影もない。
彼女の精神は、ボロボロだった。
まだ見舞いに来る友達もいない。それもそうだろう、暴行された少女にかけられる言葉を
持っている者など、そういるはずもない。
ただ一人だけ、髪の長い女子生徒が、毎日花を届けに玄関先までやってくるそうだ。

「…う、うううううぅっ………!」
「……」
とある部屋に、二人の少女がいた。
一人は涙を流し、一人は、無表情――最低でも、そう見える――な少女。
「どうして、どうしてこんなことに―――」
「わからない。ただ、涼宮ハルヒが能力を喪失した時点で、起こりえた可能性」
「わたしが、わたしがもっと早くに気がついていれば、ここまでひどいことには―――」
「仕方がない。涼宮ハルヒの能力がなくなった事により、私たちの能力は大幅に低下した。
この処置が出来ただけでも運が良かったと思うべき」
「…でも、でも………
いえ、ごめんなさい。私は何もしてないのに。私が、あなたに頼んだだけなのに……」
「違う。これは、きっとわたしも望んだ事。わたしもあの光景を見たとき、
何故かこうする衝動を抑えられなかった。恐らく、エラーが溜まっていたんだと思う」
「でも、そのせいであなたは…」
「消える。しかし、私たちはあなたたちのような有機生命体とは根本的に死の概念が異なる。
…それに、わたしはこの行為ができたことに非常に満足している。」
「……」
「統合思念体が決定を下した。私は、あと5.2719秒後に消滅する。
…………ばいばい」
片方の少女が、キラキラと光の粒子になって消えていく。
それを赤い目で見つめる、もう片方の少女。
「わたしの…わたしの力が足りなかったばかりに…
ごめんなさい、涼宮さん…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい………」
                                                       END






~鶴屋さんの補習授業~

はいっ!鶴屋先輩の補習授業の始まり始まり~!
えーと…原因は、言わなくても分かってるにょろね?
キョン君の鬼畜っ!オニっ!悪魔っ!
分かったら、さっさとあの選択肢に戻ってやり直すっ!

…実は、もう一つの選択肢を選んでもBAD ENDなんだけど…
それはあっちの補習授業で、詳しく教えて上げるからさっ!
それじゃ、あっちの補習授業で会うにょろ!

|