※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「ちょっと・・・みんな、私を無視しないでよ・・・・・・・」
キョン「うるさいんだよ、お前は毎日毎日、人使い荒くて
何なんだよお前は、何様だってんだ!」
ハルヒ「・・・!!」
キョン「朝比奈さんも古泉も長門も何も言わないけど
きっと俺と同じでお前の事うっとおしく思ってるはずだぜ。
くだらないことしてないで、いい加減大人になれよお前。
じゃあな」
ハルヒ「ちょっとキョン待ちなさい・・・!!キョン・・・。
私を一人にしないでよ・・・。もう一人はイヤなの・・・」



ハルヒ「ねぇ!?なんで昨日部室に来なかったのよ!?
今日もサボったら死刑だからね!」
キョン「うるさいから話しかけるな(ボソ」
ハルヒ「え・・・。」

部室
ハルヒ「ね、ねぇ、み、みくるちゃん・・・」
みくる「・・・なんですか・・・」
ハルヒ「み・・・みくるちゃんは!わたしの事無視したりしないわよね・・・」
みくる「・・・・・・・・・」
スタスタスタスタスタ・・・
ハルヒ「み、みくるちゃん・・・」
ハルヒ「!・・・そ、そうだ、ユキ!・・・え・・・?」
古泉「みなさんもう多分ここには来ませんよ。」
ハルヒ「そ、そんな・・・」
古泉「では、私も出て行かせてもらいます」
スタスタスタスタ・・・
ハルヒ「そんな、なんでみんな・・・」
ハルヒ「なんでなの、みんな。・・・私が駄目なの?どこが駄目だったの?ねぇ、誰か・・・」
自分しかいない部室で、ハルヒは独り泣いていた

翌日 教室
ハルヒ「お・・・おはよう!みんなゲンキーッ!」
ハルヒ「・・・・・」
誰も返事を返してくれない。
そのままハルヒは黙りこんで自分の席についた。

休み時間

ハルヒ「・・・」

ヒソヒソ
女子A「聞いた?あの娘唯一の友達だったSOS団とかいうグループの人たちからも
無視されてるらしいわよ。」
女子B「え~可愛そう(笑)。でもあの娘っていつも変なこと言ったりやったりしてるから
自業自得だよね~。」
女子A&B「クスクス、クスクス」


ハルヒ「・・・・・・・」



鶴屋さんの反応
ハルヒ「あっ!鶴屋さんおはよう!」
鶴屋「何?みくるやみんなにさんざん迷惑かけて何しらばっくれてんの?みんなもう疲れてるんだよ。!あっ!みくるーッ!おはよう!今日もかわいいねぇ!」
ハルヒ「・・・・・」

コンピ研部長の反応
ハルヒ「あっ!・・・えーっと、誰だか忘れたけどおはよう!」
コンピ「あぁ、もうなんだよ。君にはさんざんやりたい放題されてこりごりなんだ。もう近寄らないでくれよ。」ハルヒ「えっ、なんで・・・」

キョンの妹の反応
ハルヒ「!あっ!キョンの妹!こんにちは!」
妹「ねぇ、なんでおねえちゃんはみんなにひどい事するの?人をいじめちゃいけないって学校の先生言ってたよ?」
ハルヒ「そんな、わたしそんなつもりじゃ・・・」
妹「あっ、あんまりおねえちゃんと話しちゃだめってキョン君言ってたから、じゃあね!」
ハルヒ「・・・・・・」



ハルヒ「みんな無視する…まぁW杯でも見てその話すれば大丈夫よ」
ポチッとな
「……何、この黒い奴。一人で突っ込んで周り見てないじゃない」
「あっもしかして私、この黒いのと同じ…かも」



ハルヒ「わたし、サッカー好きなのよ~!」

キョン「サッカーはお前のことが嫌いだがなっ」

ハルヒ「・・・小笠原が特に好k」

キョン「小笠原はお前のことが大っ嫌いだけどなっ」



ついに登校拒否になってしまったハルヒさん。
おや、なにやら窓の外から聞き慣れた声がします。
ふと見てみると、いつものメンバーが笑いながらあるいています。
ハルヒさんの家の前なのに誰も気にしてないようです。
(私の居場所は本当になくなっちゃったんだな・・・)

暗い部屋の中で体育座りをしているハルヒさん。
こうしてれば自分を傷つける人はどこにもいない。
嗚呼、可哀想

「うう、うっ、わぁ、うわぁぁん。」
怖い夢をみてしまったハルヒさん
もう落ち着ける場所はどこにもない。
嗚呼、可哀想

もう誰も信じられなくなったハルヒちゃん
(もう虐められるのはイヤ)
そう思いながらコツコツ貯めていたお金で遠くへ逃げます
そこへキョンが訪れてきました。
キョン「なぁハルヒ、少し金貸してくれよ」
ハルヒ「え、あ、今は・・・」
キョン「ん?なんだこれは・・・ お、金じゃん!しかもスゲー金額!」
ハルヒ「あ、それは!」
キョン「別にいいじゃん。俺ら、友達だろ?」

そう言われ、お金を持っていかれたハルヒちゃん
人生お先真っ暗
嗚呼、可哀相



ハルヒ「えー!なにこれー!もう最悪ぅー!」

キョン「お前の性格がなっ」

ハルヒ「・・・直すように努力するわ」

キョン「努力では掴みとれねー物もあるんだよ、いい加減オトナになれヴァーカっ」



警察「すみません 涼宮ハルヒさんですね?」
ハルヒ「・・・?はい、そうですが」
警察「実は貴方が朝比奈みくるさんの卑猥な画像を
インターネット上に公開したとの通報がありまして
ちょっと署までご同行願えますか」
ハルヒ「ちょ、あの、それは」


キョン「朝比奈さんの気の弱さにつけこんで 散々酷いことをした罰だ
少し頭を冷やしてこい」

ハルヒ「・・・・」



キョン:それじゃあ、明日は2000年前に行ってピクニックをしよう!
────────────────────────────────
みくる:賛成!
────────────────────────────────
長門:それはいいわね!
────────────────────────────────
古泉:じゃあ僕は外国から取り寄せた高級お菓子を持ってくるよ!
────────────────────────────────
『ハルヒ』が入室しました
────────────────────────────────
『キョン』が退室しました
────────────────────────────────
『みくる』が退室しました
────────────────────────────────
『長門』が退室しました
────────────────────────────────
『古泉』が退室しました
────────────────────────────────
ハルヒ:・・・・・・



────────────────────────────────
長門:しかし最近の若手芸人のつまらなさには腹が立つよね
────────────────────────────────
みくる:そうよね。それを雇うテレビもテレビだわ
────────────────────────────────
古泉:昔の番組は凄く面白かったよね
────────────────────────────────
『ハルヒ』が入室しました
────────────────────────────────
キョン:つまらないから早く消えてしまえばいいのにな
────────────────────────────────
『ハルヒ』が退室しました



ハルヒ「(今まで何やってたんだろ私)」

ハルヒは学校の屋上に来ていた

ハルヒ「あっちの世界に逝けば 宇宙人や未来人よりも面白いことがあるのかな・・・」

そう呟くと なるべく何も考えないようにして
屋上から身を投げた

たまたま教室から外を眺めていたキョンの目に
落ちてゆくハルヒの姿が映ったが
キョンは眉一つ動かさず そのまま外を眺めていた
数分後 学校のグラウンドにサイレンの音が鳴り響いた



長門「…」
ハルヒ「あ!ユキ…っ」
長門「これ…」
ハルヒ「え?本?」
長門「読んで…」
ハルヒ「あ…お勧めの本なの?そ、そうね。本はあんまり興味ないけど
どうしてもっていうなら読んであげてもいいわよ」



ハルヒ「えっとなになに…完全自殺マニュアル………?」



みんな「王様だ~れだっ?」

キョン「あ、オレだ。じゃあ二番のヤツ、振り返りながら「大好き」ってやってくれ」

長門「・・・私」

長門「・・・大好き」

キョン「なんかそうじゃないんだよな~、もう一回!」

長門「・・・大好き」

キョン「ハルヒ、お前やれ」

ハルヒ「なんで私g」

キョン「やれ。」

ハルヒ「・・・やるわよ、やればいいんd」

キョン「早くやれ、ブス」

ハルヒ「・・・d」

キョン「やっぱりいい。きめえから」

みんな「ぎゃははははははははははははははははは」



キョン「悪いな、今日4月1日だったから調子に乗りすぎた」
ハルヒ「何考えてんのよバカ・・・」
キョン「おま・・・うっ(泣き顔モエスwww)」
ハルヒ「何よ・・・」
キョン「いや、その顔もかわいいなと・・・」
ハルヒ「・・・信じらんない///」



キョン「・・・と言うとでも思ったのか?
だいたいちょっと優しくされただけですぐ顔を赤らめるな気持ち悪い。
じゃあ俺は帰るからな。」
バタン
ハルヒ「・・・・・・・」



ハルヒ「あ、あのさ、今度のSOS団の活動なんだけど」
長門「…………フッ」(嘲笑)
古泉「あのう、誰に話しかけているんでしょうかね、彼女は?」
みくる「さあ、独り言じゃないですか?」
キョン「SOS? まだ言ってたのかよwww寒っwww」



ハルヒ「あ・・・上靴が。。。」

~朝会~

担任「え~涼宮さんの上履が無くなってしまったそうです。
見かけた人がいたら涼宮さんの所に届けてあげください。」

クラス一同「クスクス」



朝比奈「そうですね、許してもらいたかったら以前あなたが
私にしたこと全てをあなた自身も体験して下さい。
まずはコンピ研からですね」
ハルヒ「……え?」
キョン「っくははははは! そりゃいいや、行って来いハルヒ」
古泉「コンピ研で何があったんですか?」
長門「セクハラ」



一同「誕生日おめでとー」

キョン「・・・何て言うと思ったか?」
朝比奈「わーすごーい。勘違いして生きていけるって幸せですよねーww」
小泉「一度入院されたほうがいいのでは?」
長門「死ね。氏ねじゃなくて死ね。」

ハルヒ「・・・・・・・・・・・・」



ハルヒ、クラスメイトからの疎遠増幅
不注意からみくるを大怪我させSOS団からも疎外
映画部、PC部にかけた損害が生徒会に周りSOS団強制解体
それでもどうにかSOSのメンツを集めようとするが誰一人集まらず

そしてハルヒは「毎週土日になると街をさまよう電波女」として都市伝説になった



キョン「おーい サッカーしようぜ」
古泉「いいですね 実は最近、新しいボールを買ったんですよ
その名も・・・涼宮ボール!」

そこにはロープで雁字搦めにされたハルヒの姿
口を糸で縫い付けられているので 喋ることができないようだ

古泉「このボールをよく飛ばすにはちょっとしたコツがありまして」
キョン「ほう どうするんだ?」
古泉「この部分を力いっぱい・・・蹴る!」

そう言うと古泉はハルヒのみぞおちを思いっきり蹴り飛ばした

ハルヒ「・・・・!!」

口の隙間から液体が溢れ 糸が赤く染まる

古泉「あらら・・・ボールが裂けてしまったようですね」
キョン「ははは 水風船みたいだな」



キョン「ハルヒ誕生日おめでとう、意地悪して悪かったな」

ハルヒ「そんなのいいのよ~!ありがと!キョン、みんな!」

古泉「さあ、ロウソクの火を消してください、涼宮さん。」

ハルヒ「そうするわ、(フゥー)」

キョン妹「消えた消えたー♪」

キョン「ハルヒの生命もこの火の様に早く燃え尽きてほしいよな」

みんな「ぎゃははははははははははははははははは」

長門「ww」

ハルヒ「なにこれ・・・まさかドッk」

みくる「ドッキリなんかじゃないですよ、現実なんだよぉっ!!」



古泉「あぁ…いけない。
ちょっと忘れ物をしてしまいました。
取ってくるから待っていて下さい。」
ハルヒ「分かったわ。」


――――――――――――5分―――――――――――――10分――――――――――――――――20分―――――――――――――――30分――――――――40分――――50分――――――――

ハルヒ「遅いなぁ…」


キョン「お前黒いな…」
古泉「クスッ…それはお互い様でしょう…。
さぁ早く行きましょう。遅れますよ。」


―――――――――
ハルヒ「……おそい…なぁ…」



古泉「ちょっとシャーペンお借りしますよ。」
ハルヒ「え?あ…うん」
キョン「俺も借りるぜ。」
長門「借りるよ。」
みくる「私にも貸してね。」
ハルヒ「ぇ?ぇ?……
…私の分が…無くなっちゃう…」

古泉「ぇ? あなたには別に必要ないでしょう。クスクス…」
キョン「激しく同意。」




ハルヒ「…………」



ハルヒ「キョン、ちょっときなさい!」

キョン「は? なんで俺がお前の言うこときかにゃならんのだ」

ハルヒ「うるさいわねぇ! いいからついてきなs」

キョン「うるさいのはお前だ。きゃんきゃんきゃんきゃん喚きやがって」

ハルヒ「な、なによ! アンタなんかが私に……」

キョン「鬱陶しいんだよ、マジで。もううんざりだ、お前に付き合うのは」

ハルヒ「わ、私だって……う、うんざりよ! アンタなんかとは、もう口きかないんだからね!」

キョン「ああ、そうしてくれ。というか、そのつもりだ。わかったら俺に近寄るな」

ハルヒ「あ、アンタがどっか行きなさいよ!」

キョン「へいへい。じゃあな、馬鹿ハルヒ」

ハルヒ「…………っ……なによ、馬鹿……」



涼宮ハルヒの構造

キョン「なあ、古泉、何でハルヒは憂鬱の後、あんまり活躍出来ないんだ?

古泉 「おや、あなたは、またあの灰色の空間に閉じこめられることをお望みですか?」

キョン「いや、もう二度とゴメンだ・・・」

古泉 「要するにこの物語における涼宮さんの役割は終わってしまったのですよ。

   彼女は平凡な高校生であるあなたをキテレツな言動と行動で振り回し、

   あげくの果てに暴走し異世界へ拉致監禁までしようとした。

   そこで、窮地に陥ったあなたが王子様のキスをして彼女の目を覚ましてあげたのです」

   美しい話じゃないですか。

   つまるところ、彼女があなたに与えられるお話など

   もう、じれったいラブコメくらいしか残っていないのですよ」

キョン(ハルヒ、えらく、ひどいこと言われてるぞ・・・)



ハルヒ「ちょっと来なさい!」
キョン「何か言ったかトラブルメーカーさんよ。」
ハルヒ「はぁ!?あたしが・・・」
古泉「キョン君もあなたのわがままにつきあわされるのがいやだと言ってるんです。
わかりませんか?(ニコニコ)」
ハルヒ「そ・・・そん」
キョン「そういうことだ。古泉、帰るぞー」
古泉「わかりました。」
キョン「二度と関わるなよ、トラブルメーカーさん。じゃあな。」
ハルヒ「あたしが・・・トラ・・・いやぁぁぁああああ」



今日もSOS団から無視をされたハルヒ。
自宅の部屋のベッドで泣きながらうなだれていると、机の上に置いた
ハルヒの携帯のランプ部分が点滅しているのに気づいた。
人から電話やメールなどは滅多にこないので、いつもマナーモードになって
いるため、偶然机に目がいっていなかったらきっと朝まで気づかなかった
だろう。

ハルヒ「このメール・・・キョン・・・バカ・・でもありがと・・」

メールの送り主はキョンからのもので、メールにはこう文面がつづられていた。

Title:ハルヒへ

さいきん冷たくしてごめんな。
っていっても、あれは本当はみんなの演技なんだ。
さいきんハルヒがみんなにわがままばかり言うから、ちょっ
とお前をからかってやろうと思ってたんだ(笑)
しつれいなことをしたと今は思ってる、本当にごめんな。今日はもう
ねるよ、また明日学校で。SOS団の活動もがんばろうぜ。俺も
ボーっとしてないで、ちゃんと活動に参加するからさ。
ケッセキなんてするなよ、お前がいないとつまらないからさ(^▽^)

                キョンより。

キョンに勇気付けられたハルヒは、明日からは心を入れ替えて頑張ろう、と
心から思ったのだった。



―――――
まとめてる人「ヒント:縦」


|