ハルヒ「今日はルパンネタの日ね」
キョン「はあ?なんだよいきなり」
ハルヒ「つべこべ言わない!まあいいわ、あたしは有希とみくるちゃん呼んでくるから」
キョン「はあ……」
ガチャ
バタン

キョン「……」

バタン!!

キョン「うおあ!?」
ハルヒ「今こんな顔した奴がこなかった!?」
キョン「おまえならさっき長門と朝比奈さん呼びにいったんだろうが!!」
ハルヒ「バカ!!そいつがルパンよ!!追いかけるのよ!!」

ガチャ!!
バタン!!

キョン「ルパンネタってそういうことか……」


――数分後

ガチャ
ルパン「いやあーこの大泥棒ルパン様がこうも簡単に捕まるとはねー。お嬢ちゃんいったい何者だい?」

キョン「( ゜д ゜)」



「キョン! 今日はルパンがあるから一緒に見るわよ!」
「え、ハルヒ (ドキッ)」


「…退屈で死んじゃいそう。」

「ああ…。」



キョン「いつだったか恋愛感情なんてのは精神疾患の一種だと言ったよな?」
ハルヒ「それがなにっ!?」
キョン「今でもそう思うのか?」
ハルヒ「ふぇっ!?そ、それは…………////」
キョン「そうか、そうか…なぁ、ハルヒ?お前は子供の恋愛しか知らないからな…そんな妄言に囚われるのめ仕方がない…だがこれを見てもまだそんなことが言えるかなっ!?
新川さん、カモンチャッ!!!」

新川「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーンッッ!!」
キョン「新川さん…ハルヒに大人の恋愛。教えてやってください…それっ!」 ズルッ

ハルヒ「キャッ!」

新川「ふんぬーッ!どうですかな涼宮さん!?私のスネークは?」 ボッキーン
キョン「とっくに引退していてもおかしくない年齢なのに………」 ゴクリ
新川「ハッハッハッwまだまだ若い者には負けはせんよwwwどうです?涼宮さん、私と情熱的な夜でも……」
ハルヒ「い…………いやあああぁぁぁぁぁぁ!!!!!」 バチーンッ
新川・キョン「スネェェエエクウウウゥゥゥゥ!!!」
――――――――
古泉「成果なし……ですか」
キョン「すいません新川さん。せっかく協力してくれたのに」
新川「いえ、お気になさらないでください」
古泉「これであなたの『涼宮さんに恋愛でもしてもらって落ち着いてもらう』計画は見事に失敗したわけですね」
キョン「ああ…ハルヒの恋愛観念に変化すら与えていないだろうなぁ」
新川「私のスネークには劇的な変化がありましたがな」
古泉・キョン「くうぅ…………っ」



ガチャ

「誰もいない……」
「あの衣装……今なら着れる」
シュルシュルシュル
「………私は捕らわれの堕天使」
「っよ。」
「………(コク)」
「捕われ堕天使か。」
「………何時から?」
「着替が始まった時から」
「………」
「古泉よ、流石に長門も黙っちゃいないぞ。」



古泉「コパーコパーン小さくたってーいちーにんまーえー♪買って来ましたよ長門さん」
長門「そう、ありがとう」
古泉「どういたしまして。では、僕は先生に呼ばれていたのでちょっと行ってきます」
長門「わかった」


キョン「長門!今ここに古泉が来なかったか!?」
長門「古泉一樹は先程からコンビニへ買い物に行っている。
   さらに、この世界における彼の異時間同位体並びに異次元同位体の出現は確認されていない」
キョン「なら、古泉そっくりの顔をしたヤツが来なかったか!?」
長門「その人物なら83秒前にこの部屋に入出し、52秒前にこの部屋から退出している」
キョン「何で捕まえておいてくれなかったんだ!ヤツがルパンだったんだよ!!」
長門「違う、彼が買ってきたのはコパン」
キョン「そうじゃねーだろっ!」
長門「食べる?」
キョン「いらねーよ!!」



新ジャンル【痛風】

扇風機「ブィィィィィィ」
みくる「あ、あの涼宮さん私暑くないから扇風機の首振らなくてもいいですよアウチッ」
扇風機「ブィィィィィィ」
ハルヒ「あら、気を使わなくてもいいわよみくるちゃん」
みくる「べ、別に気を使ってるわけじゃイタァッ!」
扇風機「ブィィィィィィ」
長門「朝比奈みくる。これ、今週分」
つ【ボラギノール】
みくる「あ、いつもありがとうございます長門さん」
長門「あなたは肉ばかり食べているから痔になる。痛風になる。至急食生活の改善が必要」
みくる「はい、すみましぇんイタッ!」
扇風機「ブィィィィィィ」
長門「ま、そうクヨクヨすんなヨ? ナッ!!」 バシン
みくる「きゃあああぁぁぁぁぁ!!!」 ビクビク



『カマドウマの逆襲』

突然だが情報生命体の亜種とやらのことを覚えているだろうか
そう、あのカマドウマのことである
古泉の活躍によりくたばったと思われたそいつは
どうやらまだ生きていてネット上に潜伏していたらしく
ハルヒの落書き第二段によって再び目を覚ましたんだそうだ
幸い奴がリンクを貼り出す前に長門が防いでくれたおかげで被害者はたった一人で済んだらしい
さすが長門だ、頼りになるぜ
それにひきかえ、まったく………古泉は使えんな

というわけでハルヒを除くおれ達四人はまたもやコンピ研部長の部屋に来ている
たった一人の被害者ってこの人のことですか
いったいSOS団ウェブサイトの何がそんなにおもしろいんだろうね?
って作った本人が言うのも何だかむなしいな
とにかく、長門の力で例の異空間へと飛ばされたおれ達の目の前に現れたのは………

キョン「おい、これはどういうことなんだ長門」
長門「以前と同じ。憑依した人物の畏怖の対象」
みくる「えっ?えっ?どういうことなんですかぁ~」
古泉「なるほど。つまり部長氏が今現在最も恐れているものはカマドウマではないということですか
   まあカマドウマへの恐怖心を克服したわけでもないようですが
   しかし困りましたね。これでは僕には手が出せそうにありません」

おれ達の目の前に現れたのは
カマドウマの体色の様な茶髪で、何となく触覚のように見える前髪を生やしているという点を除けば

………涼宮ハルヒにそっくりの少女であった

カマドウマ娘「何よあんた達!また私をやっつけに来たってわけ?ふん、そうはいかないんだから!」

続かない



ハルヒ「キョン、あたしの宿題やっといてね…おい!尻掻いてないでさぁ人の話聞けよ!」
キョン「クッソウ尻が痒い!尻なんてなきゃいいのに!尻作った奴表出ろや!」
ハルヒ「こら理不尽だろ!お前が表出てろ!…いいからはやく宿題を…」
キョン「やだよ…眠たい!足が臭い!まつげが長い!」
ハルヒ「グバッ理由としておかしいよ!…あれ?全部終わってる…ま、まさか…!!」
古泉「ふふ…そうです!僕g」
キョン「実はもう終わらせてたさ!俺がな!」
ハルヒ「さ…さすがーーーー!!!!」



『メランコリーみくる』

一学年の文化祭最終日。SOS団の三人娘が会話をしています。
ハルヒが言った。
「そういえば夏休みにキョンの家におじゃましたじゃない。その時部屋を荒らしてて見つけたんだけどさ、何を見つけたと思う?たくさんのエロ本よ、それもエロ漫画!」
「それでどうしたんですか?」
「もちろん全部捨ててやったわ。いくら現実でモテないからって2次元に走るのはよくないと思うのよね」
珍しいことに長門も会話に参加してきた。
「私はもっと凄い物を見つけた」
「なにをですか?」
「彼の部屋からたくさんのコンドームを」
ハルヒが勢い良く食い付いた。
「えぇっ!それでどうしたの!?」
「全部に穴を開けといた」

何故かみくるが気絶した。



朝比奈さんの胸、それは俺の栄光

長門の尻、それは俺の希望

ハルヒの中、それは俺の未来



ハルヒ「ねぇキョン、古泉くん知らない?」
キョン「ああ、コレ?」
ハルヒ「違くて、古泉くん」
キョン「あ、アレ?それともソレか?」
ハルヒ「ううん、アレでもコレでもソレでもなくて古泉くんのことよ」
長門「プリプリプリwww」
ハルヒ「あっ!有希笑った!?今の変な笑い方したの有希でしょ!?」
長門「笑ってねぇよ!!!」
ハルヒ「えぇ!?なんでそんなに強く否定すんのよ…ねぇ、キョンも見たでしょ。ってなんで猿顔ーッ!?」
長門「プリプリプリwww」
ハルヒ「また笑ったっ!今絶対笑ったわよね!?」
キョン「よせよ…長門は笑えないんだから…」
ハルヒ「重っ!有希に何があったのよ!?てゆーかあんた何を知ってるのよ!?」
長門「はいはい、笑いましたよーッ!」
ハルヒ「なんでキレてんのさっ!?」



『古泉一樹の消失』

古「僕の想いに応えてくれないキョンたんに僕は飽き飽きしてるんです。
だからあなたを殺してキョンたんの出方を見ます。」
妹「ねー、何を言ってるの・・・?」
古「・・・死になさい!」
妹「キャーッ!!」バタンっ
キョン「やめろっ!」
妹「キョンくんっ!!」
古「ふふ・・キョンたんが悪いんですよ・・・。僕はこんなにも君を愛しているのに・・・
君は自他共に認めるシスコンで、僕に応えてくれません。だから・・・」
キョン「だからなんだってんだ!!」
古「妹さんには死んでもらいます!!」
妹「お前が死ね」グサッ!
古「ギャース・・・」
キョン「・・・」



キョン「わり、トイレ行ってくるわ」
ハルヒ「しょうがない奴ね、早く戻ってきてよねっ!」
キョン「はいはい」

数分後、ビチョビチョの手を振りながらキョンが戻ってきた。

ハルヒ「だらしないわねぇ。はい、ハンカチ」
キョン「お、サンキュー」
ハルヒ「子供じゃないんだから、手を洗ったらちゃんと拭きなさいよ!」
キョン「え? 洗ってないぞ?」



(上の続き)

ハルヒ「んなッ?!…しっ、信じらんない!ハンカチ返しなさいよッ!!」バッ
キョン「ぅおっ!?」


ハルヒ(ハァハァ…キョンの××××でびしょ濡れのハンカチ…
    こいつは永久保存決定だわ!!)



長門「㍉㍍㌢㌧㌢㌧」

キョン「どうした長門?」

長門「㍉㍍㌢㌧㌢㌧」

キョン「なにが言いたいのかさっぱりわからん」

長門「㍉㍍㌢㌧㌢㌧」

キョン「???」


長門「プリプリプリwww」



ある日俺はなんの脈絡も無しに長門にオムツを履かせたくなった。
しかもただのオムツじゃない…裸オムツだ!!
しかし、そんなことを長門にお願いしたらさらっと息子の有機情報連結解除されてしまうので仕方がない。
俺がやるよ裸オムツ。

妹「キョンくん早くお家でないと遅刻す………私何も見てないよ」

俺の姿を見てキョトンとする妹。無理もない、まだ毛も生え揃わね小学生にこの姿は刺激的過ぎた。

キョン「では行ってきます」
妹「キョンくんらめぇっ!」



みくる「うわ~ん、またハルヒに虐められたよ~」
鶴屋「わかったよ、じゃあ今から行けばいいんだね?」


鶴屋「ねーハルにゃん!少しおいたが過ぎるんじゃ無いかな?」
ハルヒ「それがどうしたっての?」
鶴屋「テケテケテン♪か~ね~の~ち~か~ら、はい。捕まえないさい」
黒服の男達「はい」
ハルヒ「え?ちょっと何?きゃーーーー」
みくる「ありがとう、鶴屋さん」
鶴屋「べつにいいっさ」
みくる「あ、キョン君のとこ行きたいんで、どこでもドア出してください」
鶴屋「はいよ」ドスン

みくる「おじゃましまーしゅ」ガチャ
キョン「おわ!朝比奈さんのえっち!」バシャ

みくる「わわー、ごめんなさい」(棒読み)



長門「新しいラジコン買った、遊ぶ?」
ハルヒ「いいの?さすが有希、心の友ね」
BOOOOON

長門「壊さないで」
ハルヒ「大丈夫よ、私こうゆうの得意だから」
ヒュー…グシャ
ハルヒ「…」
長門「だから言っただろう!!お前はいつも俺のおもちゃをぶんどっては壊す!!
だから今回はこっちから推薦して渡したら大切に扱ってくれる思ってたのになんだあのざまは!!!」

ハルヒ「ヒッ!…ごめ…さい」
長門「そう思ってるんだったら何かして償えや!」
ハルヒ「え・・・じゃあ何を?…」
長門「じゃあまず、鶴屋を連れて来い。あの娘と対決してみたかった」
ハルヒ「で、でもあいつは!」
長門「死にたいの?」
ハルヒ「い、今すぐ」タッタッタ

長門「いよいよ戦うときが…フッフッフ、ハーハッハ、ハーハッハッハ」

ピンポーン

ガチャ
みくる「はい、いらっしゃ……」ガチャバタン
ハルヒ「まってみくるちゃん、私がいけなかったわ、もう虐めないから、ね?」
みくる「まあ……それなら」
ガチャ

ハルヒ「えーっと、鶴屋さんに話があるんです。」
鶴屋「なにかな?」
ハルヒ「ちょっと付き合ってもらえませんか?」
鶴屋「べつにいいんだけどね、どこに?」
ハルヒ「マンションの前の空き地です」
鶴屋「む?………そうか、わかったよ」


みくる「で、でもそれじゃあおやっさんが!」
鶴屋「みくる……スモヤキは頼んだよ」
みくる「う…うう…ぐ」


鶴屋「きてやったよ!」
長門「……そう」
鶴屋「スキあり!つーるやービーム!!」

ナレーター(古泉っぽい声)「説明しよう!つーるやービームとは鶴屋さんのおでこから怪光線が飛び出し
相手にむかって放たれたそれは自足3.56マッハを超えるのだ!!」

長門「ひょいひょい」

ドカーン
ナレーター「なんと~長門はあのわz痛い!すいませんでした。長門さんはあの技をよけましたね
これはどても気になる試合になると思います。歴史に残りますね」

長門「時速ではなく自足なのが問題。遅い」
鶴屋「そうやって作者が誤字を正当化しようなんてバレバレだよ?」
長門「今のは腹話術(作者の)」
鶴屋「くらえー!『何々みんな、金欠って何?それより放課後マック行こうよ』攻撃!!」

ナレーター「なんと、世間知らずのってか金銭感覚が無い攻撃ダー!これはやな感じ!」

長門「アーアー聞こえない」

ナレーター「なんとこっちもやな感じだー!さて一向に前に進まない戦いですが、ここでCMです」


女の人「あら?委員長酔わせてどうする気?」                 (CM中)古泉「お前らさー、もっとまじめやれよ!」イライラ
男の人「君をWAすれないためだよ」                       長門&鶴屋「すいません」
女の人「そう、なんだか眠くなってきたわ……」                 古泉「こっちだってアドリブなんだから苦労するだろうが!あ?」 イライラ
新登場、ウォッカとウィスキーを半分に割ったお酒。【山根】発売中     長門&鶴屋「気をつけます」


ナレーター(ニコニコ)「はい、CMでしたー、では二人の戦いです」

長門「ハァハァ……あなたはとても優秀、だけど……だけど??」(ここは私が負けて終わらせる)
鶴屋「ふふふ、さっきひk、もとい動けなくなるツボを突いておいた、これでお前はもう負けたも同然」(わかったっさ)
長門「ぐはぁ……私の屍を……乗り越えて…行け」ドサッ

鶴屋「また…つまらぬものを突いてしまった」

チャラー

【終わり】(テロップ)

国木田「はーいオッケー、お疲れ様でした!」
スタッフ達「おつかれっした!!」

鶴屋「古泉だっけ?何か感じ悪くなかった?」
長門「ほんとそう思うー」

バタン!
阪中「あ、あの人の悪口は許さないのね、シャキーン、変身!仮面ラーダー【ルソー】」

阪中「見てねー」バイバイ
キョン「ねー」バイバイ
阪中「え?誰?」
キョン「あははははははは」
岡部「嘘だっ!」
新川「存じております」
岡部「え?そうなの?」
新川「もちろん」

終わり


仮面ラーダーは意図的です。




ハルヒ「チラシくばってきたわよ」
キョン「あ、服はあっちに」
ハルヒ「ん?上履きが暖かい、貴様?キョンめ!この靴を知りに敷いておったな?」

キョン「いえ、つい興奮したもんで、その…ナニでナニしてました」

ハルヒ「………」

キョンが天下を取る20年前の話です


尻じゃなくて知りなのは意図的です。



みくる「ていていっ!」 ペシペシ

長門「?」

みくる「あ、あの涼宮さんに長門さん戦いなさいって言われたんですぅ。ごめんなしゃい」

長門「そう」

みくる「たぁーっ」 ガハッ

長門「………ヘッドロック」 ムギュ

みくる「ふにゃっ!?」

長門「………」 ギリギリ

みくる「ふぇーん、痛いですぅ。苦しいでしゅー」


ハルヒ「…(百合もいいかもしれないわね)」

みくる「メメタアッ」



長門「私はミラクル☆ユッキー。手加減を知らない女の子よ」

長門「今日も萌えキャラ王目指してこの辛く苦しいアキバロードをかっぽするの」

ちょい悪谷口「うひょー!スカート捲りやー!」 ヒラッ

長門「………(萌えイベント発生!!)」 キュピーン

長門「光になれー!」

ちょい悪谷口「メメタァッ!!!」 グチャッ

長門「私の名はミラクル☆ユッキー。手加減を知らない女の子……」

バラバラ谷口「………」 ゴゴゴゴゴゴゴッ

長門「今日は少しやり過ぎた。明日もきっとやり過ぎる…このキャラは失敗だった。反省」 テヘッ

谷口の肉片「………」ゴゴゴゴゴゴゴッ



キョン「貸した金を返せよ~」
ハルヒ「なによ突然?」
みくる「貸した金返せよ~」
長門「明日返せよ~はした金なんでしょう~?」
キョン「確かにコイツは俺以外に友達が居ない~」
ハルヒ「……キョン」
キョン「だけど同情してたら損するー付け上がるー入り浸るー!」
ハルヒ「!?」
一同「さっさとしないと金も友達も消えてなくなるぞっ!」

ハルヒ「ッハ!ドリームか?………?」
ハルヒ「濡れてる」



キョン「長門よ。たまにはドーナッツを食べに行かないか?」
長門「行く」

キョン「ミスタードーナッツに着いたぞ。実はここで俺の母さんが働いているのだ」
長門「そう」
若い店員「いらっしゃいませー」
長門「お久しぶりです」 ペコリ
キョン「その人は母さんじゃない」
長門「?」
キョン「母さんは女だよ」
長門「ん。はじめまして」 ペコリ
ママ「あら、いらっしゃい」
キョン「今日は母さんの奢りだからな。好きなだけ選んでいいぞ」
長門「選ぶ」
若い店員「ご注文は決まりましたか?」
長門「コレとコレとコレとコレ」
若い「あのー、すみませんが名前をおっしゃって下さい」
長門「長門有希」
キョン「そんなボケはいらん」
長門「?」



キョン「今日は俺の奢りだからな。好きなだけ選んでいいぞ」
長門「選ぶ」
店員「ご注文は決まりましたか?」
長門「コレとコレとコレとコレ」
キョン「じゃあ今選んだの以外でお勧めのを適当にください」
店員「え?は、はい」

長門「・・・」



|