キョン「なぁ、ハルヒ」

ハルヒ「何よ」

キョン「お前いっつもテスト中時間余るみたいで寝てるけど
ちゃんとテストやってんのか?」

ハルヒ「やってるに決まってるじゃない。やってなくても
あんたより成績は良いわ」

キョン「だがいくら時間余るからって寝ることはないだろ」

ハルヒ「・・・・・あたしの勝手でしょ!?」

キョン「そりゃ・・・お前の勝手だが・・・・・」

ハルヒ「・・・・・何よ。何か言いたい事でもあるの?」

キョン「いや・・・・(ぶっちゃけ寝顔可愛いお^w^)・・・」

ハルヒ「うそつきなさい!団長に隠し事なんて100万年早いわ!」

キョン「・・・・(ここで「ぶっちゃけ寝顔可愛いお^w^」なんて言えない
しな)・・」

ハルヒ「何黙ってんのよ?・・・・・まさか・・・あんた・・・・」

キョン「!?(ギクッ)」

ハルヒ「・・・あたしの顔に何か書いた・・・?」

キョン「ふぅ~・・・・何も書いてねぇよ」

ハルヒ「・・・・なにその溜息」

長門「彼の心の中で思っていることを解析した」

キョン「・・・は?」

ハルヒ「ほんと!?有希!教えなさい!」

長門「彼は涼宮ハルヒの寝顔が可愛いお^w^と思っているだけ」

キョン「・・・・・(「お」と「^w^」はいらんだろ)・・・・」

ハルヒ「・・・・はぁ?あんた本気でおもってんの?」

キョン「・・・・(良かった・・・キスした事は長門も流石に言わなかった)・・」

古泉「おや?そういえば彼はさっき涼宮さんの唇に自分の唇を
重ねていた所を見ましたが・・・」

古泉!てめぇ一々ニヤケ顔で余計なこと言うな
あとで殴らせてもらうぞ

キョン「・・・・・」

ハルヒ「・・・・・・古泉君・・・悪い冗談はだめよ?」

古泉「本当です」

俺はここに居られなくなり部室を飛び出そうとしたら・・・・

長門「あなたは涼宮ハルヒと結ばれる運命。従うべき」

キョン「はぁ?俺には関係ねぇよ」

と俺が発言した時・・・・俺は気づいた

ハルヒが泣いていた事を

ハルヒ「・・・シクシク・・・・グスッ・・・」

古泉「ちょっと来て下さい」

古泉はハルヒに聞こえないように俺を呼び出す

キョン「・・・・なんだ?」

古泉「あなた何を言ったかわかってるんですか?」

キョン「・・・・俺はハルヒには興味ないと言っただけだ」

古泉「はぁ~。機関や閉鎖空間無しで言わせてもらいます。
あなたは女子高生が寝ている間にキスをし、彼女にキスが
ばれたとたんに興味ないとは酷すぎます」

キョン「・・・・・・・・・」

古泉「やはり涼宮さんに直接謝ったほうがいいですよ」

キョン「・・・わかったよ・・・・・」

ハルヒ「・・・・ヒック・・・グス・・・・」

キョン「なぁ・・・・ハルヒ?」

ハルヒ「・・・グス・・・・」

キョン「・・・俺が悪かった。このとうりだ許してくれ」

ハルヒ「・・・・ねぇ・・・グス・・本当に・・・可愛かった・・?・・・・」

当たり前だ
だからキスしたんだ

キョン「・・・・・あぁ・・そりゃもう・・・・
可愛かったぞ」

ハルヒ「・・古泉君と有希・・・・ちょっと外に出て行ってくれる?
キョンを叱るから・・・」

古泉「仰せのままに」

長門「・・・・・そう」

長門&古泉はドアへ歩みだし出て行った
バタン

キョン「・・・・・・」

ハルヒ「・・・・ねぇ」

キョン「・・・ん?」

ハルヒ「・・・・今度は・・・あたしの番・・・だよ・・・ね・・・」

そう言うとハルヒは俺の唇にキスをした・・・


部室の外では・・・


古泉「長門さん!逝きますよ!ふんもっふ!!!!!!!!!!」

長門「・・・・・・テドドン・・・・・」




|