wawawa忘れもの~♪♪チャチャチャ!wawawa忘れ物~♪♪♪

ハルヒ「はぁい!こちらはSOS団ラジオ支部~深夜版~よぉ!」
古泉「昼間では絶対言えない」
ハルヒ「あなたの夜のお悩みを!」
長門「私たちSOS団が解決する・・・」
キョン「てなわけで・・・深夜ラジオ支部SOS団をヨロシク!」

ハルヒ「このラジオも今日が2回目放送日ね」
キョン「軽くこのラジオ支部の流れを説明するかな」
古泉「前半はゲストとの対談・・・後半はお便りなどに答えたり・・・」
長門「近々新コーナーも出るかもしれない・・・」
ハルヒ「それより今日はみくるちゃんいないの?」
古泉「なんか 「部屋から出たくない!あwせdrftgyふじこ」 
  とかいって狂っていたらしいですよwww」
長門「無様」
キョン「全く・・・実に迷惑な人だな・・・未来人のクセに・・・」
ハルヒ「とりあえずゲストを紹介するわよ!」
キョン「今日は2回目とあって皆のなじみのある人を紹介だ!!」
ダダダダダダァーダダダダダン!!

国木田「よろしくお願いします」
ハルヒ「国木田かぁ・・・まぁ普通といっちゃ普通だわ・・・」
古泉「昨日の谷口君よりはマシですね・・・(顔がねwww)」
長門「今から我々と対談することを命ずる」
キョン「硬い言い方はよせよ長門・・・まぁ国木田と俺たちで喋るコーナーなんだ」
国木田「そうなんだぁーいいよどんな話題になるのかな」
ハルヒ「今日の話題は?古泉君」
古泉「かしこまりました!
今日のお題は口を指で伸ばし女と男のプロファイルということです!!」
キョン「なつかしいネタだな・・・小学校の時はよく冷やかしたよ・・・」
ハルヒ「まぁいいわ・・・これもひとつの話題なわけだし・・・」
キョン(長門が指で口を伸ばす所を見てみたいきもするな・・・)
古泉「では始めましょう!まずは僕から・・・キョン君とぼkバコンズコン
ハルヒ「なに変態なこといっているの!?全く・・・このホモが・・・」
キョン「だ・・・だからって金的を思いっきり蹴らなくても・・・」
古泉「あwせdrftgyふじこ!!!!!」
国木田「今日はこのネタ多いね」
ハルヒ「●野郎はほっといて・・・次国木田やりなさい」
キョン「もう対談じゃなくてただの雑談だな・・・」
国木田「・・・・・・おんにゃとおとひょが【禁則事項】!」
ハルヒ「もうココまで来ると逆に清々しいわね」
キョン「どうなったらそんな卑猥な言葉に変わるのかが聞きたい・・・」
長門「次・・・私・・・」
キョン「や・・・やるのか長門!?」
ハルヒ「頑張りなさい!有希は純情だから大丈夫よ」
長門「コホン・・・・・・女と男が【禁則事項】【禁則事項】【禁則事項】」
ハルヒ「・・・・・・・・・・・・・・・カァッ・・・・・・・・・」
国木田「やるねぇ長門さん!僕も予想外だったよ」
長門「そんなことはない・・・・・・常人がやってもこれと同じになるはず」
キョン「ねーよ」
古泉「今の言葉で僕も復活!!僕もぶっちゃけちゃいまsゴスッバコン」
ハルヒ「ゆ・・・有希・・・思いっきり蹴らなくても・・・しかも2回目」
古泉「あwせdrftgyふじこ!!!!!!」
長門「問題はない」
キョン「ありまくりだ!古泉大丈夫か?」
古泉「hahahahahaha・・・・・・お花畑と死んだおばあちゃんが見えますよ・・・」
キョン「ピンチだ!!古泉がやばい・・・天国逝きの改札口に入ろうとしている」
ハルヒ「だれか助けられる人がいないの?」
みくる「復活ですぅ!こんな時こそ私が頑張って助けます!」
長門「私に任せて」
キョン「おう長門!頼むぜ」
ハルヒ「流石有希!!頼んだわよ古泉君を」
みくる「ショボーン」
長門「大丈夫・・・私に任せて・・・古泉一樹は股を開いて・・・」
古泉「わかりました・・・直るんだったら承知の上・・・」
キョン「大体オチは予想できるがな・・・」
ハルヒ「ええ・・・同感だわ・・・」
長門「リミッター解除装置 コード******** ではいく・・・」
ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴバゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴン
古泉「zxcvbんmlpくぁwせdrftgyふじこlpzxc!!!!!」
キョン「やれやれ・・・というわけで後編宜しく」
静けさに~抱かれながら~また今日も~待っている♪♪

ハルヒ「SOS団ラジオ支部~深夜版~第二回後編よぉ!!」
古泉「あwせdrftgyふじこ・・・・・・・」
キョン「駄目っぽいなコイツ・・・」
長門「古泉ギザカワイソスwwwww」
キョン「お前がとどめをさしたんじゃないのか?」
ハルヒ「そんなことどうでもいいわ・・・みんなのお便りに答えるわよ」
キョン「ちなみに国木田は帰ったみたいだな・・・」
長門「以後 長門有希 涼宮ハルヒ 【禁則事項】でおおくりする」
キョン「俺の名前って禁則かぁ!?」
ハルヒ「では読むわよ!!」

ラジオネーム うんそれ無理 さん
実は私のキャラソンが全然売れてないんです・・・このままでは喜緑や妹に
負けるだけじゃなく・・・カマドウマにも負けそうな勢いなんです・・・
一体どうすれば売れるんですかぁ!!助けてクダサーイ fromカナダ

キョン「長門・・・このお方は・・・」
長門「そう・・・カナダに住んでいる うんそれ無理 さん・・・・・・」
キョン「いやいやいやいや違うよ違うよ・・・これは朝●ピィーッ」
長門「?朝●ピィーッなんて人はいないと思う・・・」
キョン「なんで言おうとしたら伏せ音声が鳴り響くんだよ!」
ハルヒ「雑談してないでお便りに答えるわよ!」
長門「売れされるならあれしかない・・・【禁則事項】」
キョン(このネタ多いな!もう少しでこの番組潰れるぞ!!)
ハルヒ「そうね・・・【禁則事項】して【禁則事項】したらいいんじゃない?」
長門「異論はない」
ハルヒ「決まりね・・・みてるぅ マユゲさん!」
キョン「勝手に名前変えて特定したよこの人!!」
ハルヒ「売れないならDVD化して【禁則事項】するしかないわ」
長門「男子からコアなファンが付くと思う」
ハルヒ「では頑張って売り上げ伸ばしなさいよ!」
キョン「あのさぁ・・・【禁則事項】はもう辞めないか?」
長門「マ●コやチ●ポと普通に言えと?」
キョン「番組が潰れるだろ!・・・・・・もういいよ・・・」
ハルヒ「なに言ってんだか・・・深夜ラジオなんだからいいじゃない」
キョン「まぁ少しぐらいなら許されるか・・・」
長門「なら・・・ス●ン バ●ブ ク●コ ●股 口内●●・・・etc・・・etc」
キョン「素晴らしいほどぶっちゃけた!?」
古泉「この単語を聞いてやっと復活しmゴスッゴスッ
キョン「長門・・・やっぱり【禁則事項】つけといてくれ・・・」
古泉「あwせdrftgyふじこおおおおお!!!!!!」
ハルヒ「やべっ!私と有希合わして4回目だ・・・」
古泉「ヒイッ・・・僕はこの先子供を作れるんですか?」
キョン「大丈夫だと思うぞ・・・それだけ喋れるのなら・・・」
古泉「キャッホーイ!!僕のキョンタ~ン ゴスッゴスッ!!」
ハルヒ「今の効果音は半角じゃなかったわよ!?」
キョン「いいんだ・・・カレはまた一つ大人になった・・・」
古泉「zxcvbんmくぁwせdrftgyふじこzxcvbんmふじこlp」

ハルヒ「あれっ?もう時間じゃない??」
キョン「そうだな・・・今日はそろそろ終わりだな・・・」
長門「終わりにするならお便りの説明を・・・」
ハルヒ「我がSOS団ラジオ支部ではお便りを受け付けております
   この世の不思議 ファンレター 相談 雑談 その他色々・・・
   この番組の繁栄のためにもみんなドシドシ応募してよね!」
キョン「本当の2ch住民お便りコーナーはまだ未定みたいだ・・・」
長門「詳細が決まり次第報告する・・・・・・」
古泉「死ぬかと思いましたよ・・・僕が閉鎖空間を発したいぐらいです・・・」
キョン「いきなりでてきて喋るな空気嫁」
ハルヒ「第三回は私とキョンがクラスの用事で無理なので・・・」
キョン「古泉と長門とミルク?で宜しく」
ミルク「私ミルクじゃ・・・ええっ!名前がミルクになってるぅ」
長門「了解した・・・任せて」
古泉「僕と長門さんで盛り上げてあげますよ!」
ミルク「流された!?」
古泉「それではこれからも」
長門「SOS団ラジオ支部~深夜版~を」
キョン&ハルヒ「どうぞ宜しく!!」

ある晴れぇた日のことぉー♪♪魔法以上のユカイがぁー♪♪♪

今日の反省会 byキョン
キョン「今回は俺か・・・どんな質問が・・・」

Q:下品でしたねwwwwww
キョン「うるせぇ!なにが下品だぁ仕方が無いだろうが!」
Q:今日の反省は?
キョン「・・・・【禁則事項】シリーズを止められなかったこと・・・」
Q:これからどうします?
キョン「とりあえずこれから下品な言動を止めるように努力したい・・・」
Q:低レベルな目標だなwww
キョン「3つ目過ぎてるだろうが!誰だこの質問してるの!」
A:作者ですwww
キョン「作者なら下品な言動慎めやぁ!」
Q:カルシウム取ったら?
キョン「余計なおせわだぁ!!」

今日の反省会 byキョン 終了

|