※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第四話 ― 笑顔 ―

 沈黙が3人の間を支配する。それがどれだけなのか、わからない。
 一秒とも一分とも感じられる重い空気を破る一言が、飛び出した。
「あたしが選ぶのは…………」
「こっちの世界の存続よ」

 …………
 ……
 …
 こっちの世界?ハルヒがさっき言ってた事と違わないか?
「……本当に良いのだね?」
 "代弁者"が改めて確認するように訊いてくる。
「二度も言わせないで。あたしはこの世界を残したいの」
「……わかった。繋がっている最後の力はこの世界の保全に回そう」
 ふう。と"代弁者"が息を漏らす。
「力と君達が途切れた時点で君達は消える事になる。時間はあと僅かだ」
 俺は呆然としてハルヒの横顔を見ていた。しばらくして俺の視線に気付いたのか、
 ハルヒも俺の顔を見る。
「これでいいのよ」
 宣言するかのようだった。何を思ってそう言ったのか確かめる術はないが。
「でも、本当に大丈夫なのか確かめられそうに無いのは心残りね」
「ああ、そうだな」
 もっと言う事あるだろ、俺。ハルヒは自分の意見を曲げてまで俺の言葉を受け入れた。
 いつもだったら俺の意見なんてはねつけるハズなのに。
「なあ、ハルヒ」
「何?」

「どうしてさっきまで言ったことを急に変えたんだ?」
「なんでかしら……直感だったのよ。気が付いたら喋ってた」
 妙に勘が鋭いハルヒの事だからなあ。何か電波でも受信したのだろか。
「選択に正解など無い、だが、今まで世界を保全した私にしてみれば、少しだけありがたいよ」
 "代弁者"が話に割り込んでくる。力に意志なんてあったのかよ。
「私の役目もこれで終わりだ、君達は僅かな時間を二人で過ごしてくれ」
 そう言うとまた薄れていくように"代弁者"が消えていく。
 その姿が煙のように完全に消えた後で、俺たちは向き合った。
「あたし達、どうなるんだろうね……」
「あの爺さんは消えるって言ったからな、たぶんそうなんだろう」
「うん……。でも何所へ言ってもあたし達は一緒よね」
「ああ、そうだな」
 どちらからと言う事無く、俺達はお互いを抱きしめた。
 自分でも不思議なくらい消えることを割り切れている。
 何か役目を終えた達成感だけが心に残っていた。
 これで世界が守れたんなら、案外安い代償なのかもしれないな。
「有希やみくるちゃんや古泉君は、あたし達のおかげって気付くかな」
「さあな、長門なら分かるかもしれないな」
「有希って本当に万能なのね」
 ふふっとハルヒが笑う。今まで長門の万能さの原因が宇宙的パワーなんて知らなかったんだもんな。
「皆がいるなら、きっとこの先も大丈夫よね」

 ハルヒは、不思議なくらい満足そうな顔をしている。
 俺と同じように達成感があるのかもしれない。
 これまでに見たことの無いハルヒの笑顔だった。
 その笑顔は誰の為にあるんだ?ハルヒ……。
「ねえ、残った時間は少しかも知れないけど、学校見て回りましょう」
 突如の提案だったが、俺は快諾した。
 そうだな、消えちまう前に思い出めぐりってのもいいかもな。
 まず教室に行く。まだこの組に生徒は来ていないらしい。
「何よ、皆怠け者ね」
「俺も普段なら寝ているだろうしな」
「……あたし達、ここで最初に出会ったのよね」
「あの時は驚いたもんだ。それがこんな事になるとは」
「結構色々やったわよね……」
 感慨深いのはお互いだったようだが、意を決して教室を後にした。
 他に見ておきたい場所もあるしな。
 次に行ったのは中庭だった。ハルヒが学園祭で演奏した後に過ごした場所。
「あの時は本当に何かが吹き抜ける感じだったわ。丁度今みたい」
「人の為に何かをするって事の良さが分かったんじゃないか?」
「そうね……そうかも」
 そう言うハルヒの横顔は憂いを込んだ笑みだった。
 随分複雑な笑い方だ。でも、満足なんだろ?

 最後に向かったのは校庭だ。俺とハルヒにとって違った意味で始まりの場所。
「あの時のキスが本当だったなんて、どうして黙ってたのよ」
「言うわけにはいかなかったさ。お前の力をお前に知らしたらまずいだろ」
「あたしが悪の独裁者みたいな事するとでも思ってたの?」
「いいや。だが、そうでなくたって有り余る力を知るのは危険さ」
「それは……そうかもね」
「でも……知ってたらあたし達もう少し生きられたかもしれないじゃない」
「そうだな……。でも、仕方ないさ。後悔しちゃいないだろ?」
「……うん」
 ハルヒが手を差し出してくる。俺はその手をゆっくりと握ってやる。
「やっぱり、最後には……」
「ああ……。何所へ行っても帰るのはあそこみたいだな」
 そうして部室に戻ってきた。
 俺達が出ている間にも誰も来なかったらしい。
 長門くらいは来てるかもと思ったが。
「ここで死ぬなら、あたしは本望よ」
 安らかな顔をしていた。そうだな。俺も疲れた。
 そろそろ神様も俺達を休ませてくれるだろ。
 若くしてこの世を去るのは不本意だが、どっかで生まれ変わると信じるさ。

 ふと、体の中を風が吹き抜けたような感覚が訪れた。
 とっさに自分の体を見回す。体から光の粒が出始めていた。
「キョン……」ハルヒも同じように全身から少しずつ光の粒が出ている。
「……どうやら時間が来ちまったらしいな」
「うん……」複雑な表情をハルヒが浮かべる。
 だが、これでこの世界は大丈夫って事だろう。
 SOS団の残りのメンバーならきっとこの先も問題と立ち向かえるだろうしな。
「長門、朝比奈さん、古泉……後は頼むぞ……」
「しっかりあたしの後を継ぎなさいよ……」
 二人でそこにもうすぐ来るであろう団員の名を口にする。
「あたし……最期にキョンと居られて良かった……」
「ああ、俺もだ……」
 どんどん俺達の一部が粒となって舞い上がっていく。
 心なしか、腕が透けて床が見えるようになってきた。
「キョン……」ハルヒが俺をみつめている。
「ハルヒ……」俺もハルヒをみつめている。
 俺達は最後になるであろうキスをした。
 最期にこんな思い出を作れたんなら……まんざらでもないな。
「これが恋人として最初のキスなんて……皮肉よね」
「でも……大好き」
 それが最後に聞いた言葉だった。俺達は粒になって散り、
 誰もそれを見ることは無かった。後は、頼むぞ……

 ある部屋に三人の人間が集まっている。
「これまで観測されていた情報爆発の収束を確認した」
「それでは、世界の異常観測は無くなったと言う事ですか?」
「そう」
「きっと……涼宮さん達が……」
「それを確認する手段は存在しない」
「それでも、僕達は信じましょう。彼女達が守ってくれた……と」
「そうですね」
「……そう」
 二人は微かに涙を流していた。
 短い会話の後で、二人は部屋から去る。
 一人残った少女が部屋の隅に座って、本を開く。
 しばらくの間静かに時間が流れる。
 やがて、少女は宙を見つめ、一人喋りだした。
 まるで、誰かに語りかけるように。
「世界の情報改変の力の消失を確認。今後改変が起きる事はないと推定できる」
「……彼と涼宮ハルヒは物理的にも完全に消失。復元は不可能」
「だが、力が消失しても世界が崩壊しなかったのは、彼らのおかげかもしれない」
「……以上、報告終了」
 そう言うと彼女は本を閉じた。
 帰り支度をして、部屋を去る。
 部屋には再び静寂が戻ってきた。物音一つしない、静かな空間に。

 外には雨が降っている。空は雲が覆い、粒が降り注ぐ。
 彼女はその中で小さな傘をさし、無言で歩いていた。
 その内で何を考えているのかは誰にもわからない。
 辺りに下校する生徒はほとんど居なかった。一人で歩く道。
 ふと、後ろから声がする。
「なあ、いくら傘が無いからって職員用を盗むことはないだろ」
「いいのよ、学校の備品でしょ?生徒が使って悪いことはないわ」
「そういうもんか?違うと思うが」
「何? 濡れて帰りたいの? それじゃあ入れてあげないわよっ!」
 後ろにいた少女は笑って走り出し、彼女の横を通り過ぎる。
 しばしの間を置いて、後ろにいた少年の声がする。
「待てよ」どこか楽しそうな声だった。
 その声に、前を走っていた少女が笑いながら振り向く。
 そこには、幸福で満たされた表情が、満面に浮かんでいた――


FIN...
|