「おまえか」
「そ、意外でしょ」

中略

「人間はさ、よくやらないか?」
「・・・最後がよく聞き取れなかったんだが」
「やらないか?」
「・・・・・・」

【古泉】バリバリィ!かかったな!小物めぇっ!!!

アッー!!アナルだけは、アナルだけは!!!



古泉「すーなーおーにー好きーとー言ーえーなーいー君ーもー」
キョン「………」

古泉「ゆーうーきーをー出ーして☆」テッテッテドドンテッドドンドン
キョン「何故俺を見て歌う!俺にそのケはねーぞ」

古泉「ゆーうーきーをー出ーして☆」
キョン「何が勇気だ、そんな勇気はいらん!」

古泉「ゆーうーきーをー出ーして☆」
キョン「しつけー!」



「キョンたん、今流行のポケモンで勝負しましょう」
「構わんぞ」

イツキは ディグダを くりだした!
キョンたんは ゴーリキーを くりだした!

ゴーリキーの けたぐr──
ディグダの あなをほる こうげき!

ゴーリキーの ちきゅうn──
ディグダの あなをほる こうげき!

ゴーリキーの メガトンp──
ディグダの あなをほる こうげき!

ディグダの メガホーン!
きゅうしょにあたった!

ディグダの だいばくはつ!
ゴーリキーは たおれた! アッー!!

「ダメですね、キョンたん。育てが足りませんよ」
「さて、今から特訓です」

イツキの あなをほる こうげき!

「アナルだけは!アナルだけは!!」

アッー!



キ「なぁ…長門?」
長「………何?」
キ「長門って宇宙人何だよな…排泄するのか?」
古「………エ、エラーを確認//」
谷「………MIMIMI、見たい?」
キ「//(コクリ)」

古谷「っ、ついてきて…//」

………

古谷「かかったな小者め」
キ「アーッ アナルだけは口だけは」



長「………うほっ いい男」



古泉「ここ掘れふんもっふ!」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」



キョン「ハ、ハルヒ?」カ、カワイイ
ハノレヒバリバリ古泉「引っ掛かりましたねキョンたん!」
キョン「しっしまった!」
古泉「ハルヒとハノレヒの違いに気付かないなんて
まだまだ修行が足りませんね!ハート」
キョン「アナルだけは!アナノレだけは!」



キョン「なあ長門。やっぱりコナン=新一なのか?」
長門「バーr・・・ 情報が不足しているため、現時点での断定は不可能。
   コナン=新一は、可能性の一つに過ぎない。」
キョン「そうかい」

バタン!
古泉「たとえコナン=新一ではないとしてもキョンたんと僕が愛し合っているのは真実ですよ
   そう、真実はいつもひとつ!」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」



『必穿』

槍が既に股間の中に入ったという事実を作り上げたその後にテトドンを放つ因果の逆転!!

古泉「刺し穿つテトドンの槍!!(ゲイ・ボルドン)」



古泉「ふんもっふ」
キョン「アッー」
古泉「んーっ絶頂(エクスタシー)っ」



ハ「危ないキョン!!!」
キ「?」
グチュ
古「アナルに注意するよう伝えたはずですけどキョンたん…」
谷「かかったな小者め」
古「え…そんなバカな…ありえない…だってだって」
キ「悪いな古泉、さよならだ」

グサッ



キョン 「あれ?今日は古泉はいないのか・・・」ガッシャーーン
古泉 「窓をつきやぶってただいま参上!きょんたんのためなら一億光年!純愛戦隊古泉イツキ参上!!!」
キョン 「うわあああああああああ顔が血だらけだぞ!古泉!!!!!!病院に行け!!!!!!」
古泉 「顔が血だらけだって?ノンノン♪そんなことはかまわないさ♪アイっていうのは壁がつきものだよ♪」
キョン 「いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや」
古泉 「ではさっそくいってみましょー!レッツトライ♪」
キョン 「アナルだけは!アナルだけは!」







ハルヒ 「あれ?キョンと古泉は?」
サントス 「ビョーインデス」



古「あ…キョンたんハァハァ」タタッ
古「キョンた~~ん」
グチュ
長「………これは予想外」



古泉 「きょーーーんたーーーーん♪」
キョン 「なんだ古泉?というか抱きつくな!」
古泉 「今日、新しいポケモンを手に入れましてねー♪」
キョン 「ダイヤモンドパールのことか?」
古泉 「ノンノン、ユーのことですよ!!」
キョン 「うわぁぁぁぁああああああああああアナルだけはあああああああああ」













古泉 「舌使いがうまくなりましたね♪きょんたん♪」
キョン 「キョン!キョン!」



83名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/10/04(水)00:05:11.18
昨日から突然痔が発症してトイレで大をすると地獄の苦しみを味わっている俺に
このスレのアナルな空気は酷やがな(´・ω・`)



どうして痔になったのかkwsk



「一般人に組織のことを知られてしまったか…。 しょうがない、君に選択肢を与えよう。」
83「…」

「組織に入らないでアナルを掘られて死ぬ」
「組織に入りアナルを掘られる」

「…さあ、どうする?」

ということがあったんだな、きっと。




谷口「み~~んなで ほるダ
    ど~~んどん ほるダ」


国木田「そ~~れが オレたち
    き~~たこう がくせい」


古泉「ア~~ナルに テドドン
    ホ~~モに ふんもっふ」


キョン「し~~っかり ヤるから
    ど~~なるな ハルヒ」


キョン「アッーーー!乱交だけは!乱交だけは!」



俺の名前はキョン。チョンじゃないぞ。
おい、チョンじゃないっていってるだろ!
いいか?俺は由緒正しき有栖川の血脈を受け継ぐ
高潔な家系に生まれたんだ!決して…けっして!
イライラしてきたから鶴屋でも犯そうかな?
「おい鶴屋、ケツ突き出せ」
「めがっさ保守にょろ~!」



SOS団、本日は音楽の雑談
古泉「ペラペラマガーレペラペーラであるからして、バッハとモーツ」
みくる「キョン君はぁ、どんな音楽きくんですかぁ?」
キョン「俺ですか?やっぱデスメタルですね」
一同「「「「!?」」」」
翌日
キョン「おいーす、ってなんだ!」
文芸部のドアを開けると、そこは世紀末な展開でした。
ハルヒ「どぉこもかしこも傷だらけぇ!」
みくる「この待った無い世界に!」
長門「君はタフボイタフボイタフボイタフボイ」
古泉「ヒイイヤッハアアアアアッァァァァア!!!(ブルンブルン)」
キョン「お前らデスメタル勘違いしてるから!あと古泉チンコプターするのやめれ!」
古泉「レイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプレイプ」
長門「でたっ!古泉さんの一秒10回レイプコール!」
キョン「あーーーーー”!!」



キョン「ハ、ハルヒ!」
ハルヒ「キョン、そこは尿道よ」
キョン「ハハ、ハルヒ!」
ハルヒ「キョン、そこはアナルよ」
キョン「ハハハ、ハルヒィッ!」
ハルヒ「キョン、あなた童貞でしょ?」
キョン「!?ななななななな、何を馬鹿な??
俺なんて童貞小学生のとき捨てたぜ!」
谷口「wawawa忘れ物~」
「うぉっ!」
谷口「キョン、お前童貞だろ?」
キョン「ななな、何を馬鹿な!!というかお前帰れよ」
谷口「だって入れるとこ間違ってるぜ」
ハルヒ「ヘソ痛てええぇぇぇえええ!」



キョン「よしよし、まだ残ってるな。
しかし眠いな。二度寝するか…」
古泉「あーーーーーー!!キョンタン、
アナルに入るときは一度断わってか、あーーー!!」
キョン「アナルの中から保守」



「この中に、バティマン、ゲイ、ホモ、良い男がいたら俺の所に来いっ!以上」

俺が振り返ると突然その男は俺の見ている目の前でつなぎのホックを外しはじめたのだ………!



ハルヒ「な…な…なにものだ……」


古泉「とっくにごぞんじなんだろ!?

オレは機関からきさまを監視するためにやってきた超能力者……

おだやかなMysonをもちながらはげしい興奮によって目覚めた伝説のテドドン…

ガチホモアナルファッカー 古泉一樹だ!!!!」


キョン「アッー!!」



キョン「アナル神とか不名誉な通り名をつけられたんだが」
古泉「なにをおっしゃいます!アナルスレでアナルの神様ですよ!
大変名誉です!」
キョン「いやな、俺がアナルの話ばっかり書いてるみたいだろ?
本当はプリンに乗るような甘い」
古泉「サ・ブ・リ・ミ・ナ・ル テトドンテトドンプリンプリン!!」
キョン「あーー!くせになっちゃうううっぅぅぅぅxx」



キョン「よしよし、まだ残ってるな。
しかし眠いな。二度寝するか…」
古泉「あーーーーーー!!キョンタン、
アナルに入るときは一度断わってか、あーーー!!」
キョン「アナルの中から保守」



だれかジャンルのまとめ表つくってくれねぇかなぁ



長門「全てのジャンルはアナルに内包されている」
古泉「つまりキョンたんのアナルは無限の可能性…」
長門「アナルイズジャスティス!アナルイズストロングビューティ!!」
古泉「世界はアナルのために!いきますよ~キョンたん!ふんっ」
キョン「アッー!アナルだけは!アナルだけは!」
古泉「ふん!ふん!ふん!ふん!ふん!そ~れキョンたん、ふんふんオフェンスですよ!」
キョン「アッー!オマージュだけは!インスパイアだけは!」
長門「うはwwwwwwww出wてくる出てくるwwwwアナルからジャンルが飛び出してくるwwwwパシャッwwwwパシャッwwww」



古泉「アナルのブルース♪」ジャカジャカ
古泉「キョンたんを掘る時の話やけど♪」

古泉「アナルだけは!アナルだけは!と言われながらも無理矢理掘るのか」
古泉「少しずーつ自分色に染めて相思相愛になってから掘るのかは」ジャジャジャジャン♪

古泉「自由だ~~~!!!!111」
古泉「アナルイズフリーダム♪」ハイセーイ
古泉「アナルイズf」

キョン「何歌ってやがる!」トリャー
古泉「ウープス!?」





長門「アナルイズフリーダムwwwアナルイズフリーダムwwwアナルイズフリーダムwwwアナルイズフリーダムwwww」



『ビチグソ』

キョン「正直すまん、反省はしていない」
古泉「反省の仕方はもうご存知ですね?」
古泉「しばらく僕のクレムリンチョウボウに閉じこまりなさい!」
キョン「アーーー!吸い込まれるぅぅぅぅ!」



長門「バァバァバァ」
キョン「あの、長門さん?なんで手錠をかけるんですか…?」
古泉「説明しましょう!」
キョン「うおぅ、びくっした!いつの間に古泉!?」
古泉「長門さんのセリフ『バァバァバァ』とは警察が『お前には黙秘権がある、弁護士を雇う権利がある……』といったことを面倒臭いから省略したセリフなのだ!」
キョン「はは~ん、ポルノか!?」
古泉「意味わからん!もう犯す!!」
キョン「アナルだけは♪アナルだけは♪と踊りませんか、んふっふ~♪」
長門「ふ、不信者め逮捕してやる!」
パーン!パーン!パーン!プリプリプリwwwww!!パーン!ダダダダダダッ!!プリプリプリwwwwww!!チュドーン!!ドカーン!ズドーンッ!!うははははははwwwwwパーン!パーン!パーン!
古泉・キョン「ア゙ッー!」



 ある日俺は朝比奈さんから相談を受けた。
深刻なことなので一人で来てほしいと言っていた。

もう日が落ちるだろうか。
指定場所の公園につくとベンチに朝比奈さんが座っていた。
俺に気付き顔を上げた顔は涙でくしゃくしゃになっていた。
彼女の5メートルほど前で足を止めた。

「あたし、TDDNを無くして帰れなくなっちゃったんです…。」
「では未来にかえ…? あれ、てぃーでぃーd 」
俺は本能的に左足を半歩下げ、踵を中心に180度転身、全力で走り出した!

「かかったなk…あっ」 ピリ
後ろを振り返ってはいけない、 本能的にそう感じていた。

ヒタヒタヒタヒタヒタヒタ

ものすごい勢いで足音が近づいてくる。
やばい、これマジ怖い! 涙が出てきた…。

ヒタ…。 急に足音が付いて来なくなった。 俺は助かったんだ! やた! やったよ! Oh~ぉぉぉ~♪

俺の頭上を影が通り過ぎた。            ヒタ

…目の前に黒い影が着地した。
「ふふ、気付くとはやりますねぇぇ、キョンたん…。 凄いや! 予想以上だ!
 みてええぇぇ 僕は興奮してこんなになっちゃったのぉぉお! 」

影は立ち上がり振り向いた。 その顔は朝比奈さ… いやあああああああああああ

朝比奈さんの顔が半分破れ、その下から古泉の笑顔がこぼれていた。
下半身は何も履いておらず、通常の3割増しになったものがそそり立っていた。

…ママ、見てあれ。 お化けが男の人を追いかけてるよぉぉぉ
…はっ、いけません!逃げましょう!
…いやあ、 つかまった! ああっ! おしりに卵産まれてるんだ、きっと うわああああ
…うわあああああ

翌日、公園にエイリアンがいるという噂がたった。



古泉「あなたは男性器……早い話がち●こを舐めたいと思った事はありますか?」
キョン「いきなりどうした」
古泉「どうしたもなにも、単なる質問ですよ」
キョン「そんな質問されても困るが、全然舐めたいと思った事は無いぞ」
古泉「そうですか、なるほど……では、女性器は?」
キョン「まぁ、男なら誰しも舐めたいと思うんじゃないか。俺も正直舐めたい」
古泉「なるほどなるほど……なら―――女性についてるち●こはどうです?」
キョン「………不思議だ!?ち○こなのに、女の子についてるだけなのに、めちゃめちゃ舐めたい!!」
古泉「そうでしょうそうでしょう。では、僕のち●こを舐めますか?」
キョン「ああ!いいのか!?舐める舐める!」

―完―



うほっいい古泉派
├― 古泉はキョンとくっつくのが一番だよ派
|   ├─古泉はキョンにマッガーレ派(二大派閥その1)
|   |   ├─末永く幸せに暮らすんだよ派(ほのぼの派)
|   |   ├─谷口も加えて3pの方がよかったよ派(忘れ物派)
|   |   └─キョンは実は攻めだよ派(曲解派)
|   ├─古泉とキョンの恋は泡沫の夢だよ派(悲劇思考派)
|   └─二人は別れたあと感動的な再開をするんだよ派(一万と二千年前から愛してる派)

├― 古泉はキョンとくっついたら駄目だよ派(二大派閥その2)
|   ├─ 報われない恋がいいんだよ派(公式派)
|   ├─ あれは一種の精神疾患だよ派(現実派)
|   └―残念だけど性別を超えた愛は難しいよ派(諦念派)

├― 古泉の嫁は俺だよ派(過激派)

├―古泉にはもっとふさわしい相手がいるよ派(極少数派)
|   ├─国木田とくっつくべきだよ派(ショタ属性派)
|   └─キョンの相手は俺だよ派(フロイト先生も爆笑派)

└―古泉にとってキョンは特別な存在だけどうほとは違う感情だよ派
    ├─友情の延長線だよ派(友達以上恋人未満派)
    └─言葉なんかでは言い表せない信頼関係だよ派



|