※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・麻薬等の描写が大幅変更


「麻薬」等の代名詞が
「酒」や「ブツ」などと訳され誤魔化されている。
ただし誤魔化しは字幕のみで、英語ボイスは元のまま。
これを受けて、ライダーの中毒が
麻薬ではなく酒という設定になっており、
「10歳から麻薬をやっていた」という台詞も
「10歳からボケしていた」と訳されている。

・「Reuniting the Families」の演出規制


シューティング場面の終盤、車にしがみついくる
白バイ警官が低空飛行してきた警察ヘリに巻き込まれるシーン。
北米版ではFPS視点のまま、白バイ警官がヘリのローターに
巻き込まれバラバラになる様が拝めるが、
日本国内版ではカメラワークが突然遠くからの視点に変更され、
見ることが出来なくなった。

・ミッション内での一般人殺害に無理矢理なこじつけ設定


「555 We Tip」で服を奪うために殺すホテルのボーイが
何故かバラスの関係者という設定に無理矢理変更された。
「Deconstruction」では敵となる建設作業員が
またも何故かバラスと関わりがあるという設定に。
「Architectural Espionage」ではカメラを持った観光客までも
バラスの息がかかっているという設定。
バラスの組織規模を考えると明らかに不自然。

・「Gone Courting」でのムービーカット


北米版ではCJとカタリーナの過激なプレイを
音声でのみ聞くことができたが、
日本国内版ではカットされた。

  • 「Body Harvest」でのムービーカット

北米版ではテンペニー巡査の麻薬吸引シーンが流れるが、
日本国内版ではカットされた。

  • 「Jizzy」の最初のミッションでのムービーに修正

北米版では露出度の高い格好をしたストリッパーが踊っていたが、
日本国内版では売春婦のスキンに差し替えられた。