※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在までに分かっている規制箇所





・2人プレイ時に出来る一般人殺害を目的としたミッション削除


2人のプレイヤーで一般人を殺害して
競うといった内容のミッションが削除された。
2人プレイ自体は削除されていない。

・倒れている人 (生死問わず) に追い討ちが出来ない


倒れた人に対して攻撃することが出来なくなった。
追い討ちで攻撃しようにも通常のパンチが出るのみ。
バット等の凶器で殴っても結果は同じで無理。
つまり相手を殺したいのなら
倒れた相手が起き上がるのをわざわざ待たねばならない。
今のところもっとも酷い規制箇所。
ただし銃で撃つと倒れている人を殺すことが可能。
このことから、倒れている人には
当たり判定が健在していることが分かる。
追い討ちのモーションだけをカットした模様。
PAR (プロアクションリプレイ) で
北米版仕様にできると思われたが、
データそのものをカプコンに消されている模様。

・追い討ち攻撃削除の影響でジムでの習得技も削除


マウント等、ジムで習得できる技が削除された。
どうせなら追い討ちが出来ないなりに別の技でも用意すべきだが
ダメなカプコンには何を言ってもダメ。

・殺した人からお金が落ちなくなった


人を殺しても『III』や『VC』のようにお金が出なくなった。
カプコン曰く、「一般人を殺すメリットをなくした」らしい。

・ゴア表現 (人体欠損) の削除


ライフルで頭を撃っても吹き飛ばず、
コンバインで人を轢いてもバラバラにならない。
これらは『GTA』以外のゲームであっても日本国内では
削除される傾向にあり、既に『VC』の時から健在していた。

・ポン引きミッションの削除


売春婦を客の元へ送り届ける職業ミッション (R3ミッション) が
性的描写が含まれるとして丸々削除された。
(ただし、実際そこまで面白いものでもないとか)

・警察に指名手配されやすくなった

銃で人を撃てば速攻で☆がつく仕様となった。
しかも音等は関係なくサイレンサー付きの銃でも同じ。
犯罪防止のための規制か?

・規制確実と思われていたバイブは健在。しかしやはり規制


警察署のシャワー室に落ちているバイブ。
北米版ではロックオンした人に対して
無理やりま○こに挿入させようとする動きがあったが削除された。
ぶっちゃけこれだけのカットしてバイブを残す意味がほとんどない。

・採掘所ミッションの一部規制


爆弾を仕掛けた犯人の死体を燃やすミッションが削除された。
本来なら死体を処分する内容だったが
日本国内版では死体が"マネキン"に変わっているため
ミッションの意図が意味不明となっている。
どう考えても神経質になり過ぎ。

・鳥を撃ち殺せなくなった。


飛んでいる鳥を撃っても何も起こらなくなり、
記録の「撃ち落した鳥の数」も削除された。