※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

▼実践編 Classicの設定

「Classicでのトリガーダメージ」

もっとも重要な要素であるトリガーダメージの設定は2009年2月現在
占領トリガー:50%
攻撃トリガー:60%
防衛トリガー:70%
となっています。

「施設の耐久値」

FAにはテントからハンガー(機体格納庫)、果ては燃料工場から戦艦まで多種多様な建造物が存在します。
そのすべてに耐久力と装甲値が設定されており、機銃、もしくはロケット、爆弾に設定されているダ
メージから建造物の装甲値を差し引いたものが与えるダメージとなるシステムとなっています。
ということで装甲値より低い攻撃は無効化されてしまうため、7.7mmを戦艦や工場に当てても無意味、と言うことになってしまいます。
武器の攻撃力はこちらの下のほうにある「武器スペック表」を参照してください
問題なのが施設の耐久力と装甲値なのですが・・・ ありません。 (爆)

もしかするとAir Combat Wikiのどこかにひっそりと存在するのかもしれませんが現在未確認です。
また、具体的な説明は今まで無いかも(@FA談)との事なので、マジで存在しない可能性もあります。

と言うことで効果があるかどうかは「やってみないと分からない」状態なのですが、いくらなんでもそれでは不親切なので個人的な取りあえずの分類をしておきます。

ちなみに、どれがどんな名前の施設やねんと言う方はこちら(配置は古いものなので参考にならないかも)
こっそりこれのTerra Nova版はないのか捜索中です…

脆い順番から
1.機銃で破壊可能(軟)
(この辺写真。 調達中)
 -機銃で破壊可能です。20mmなら数発、12.7mmでも1連射で終了。そんな脆さです。
 -7.7mmでも破壊可能なのはこの辺のレベルです。と言うかこのレベルでも壊れないのがあるかも・・・
 -爆弾の爆風でも簡単に壊れます。250kgあたりが当たると爽快感抜群?
 -各種テント、櫓式の対空機関銃(Low AA)、弾薬(燃料)箱に偽装網をかぶせた集積所(ammo strage)、その他小さな小屋状の建築物(houseやWorkshop)が当てはまります。

2.機銃で破壊可能(硬)
(この辺ry)
 -機銃の種類によって差が出ます。例えばM2重機6連装であれば十分破壊可能ですが、隼のホ-103が2門のみだと厳しいでしょう。
 -また、下手するとM2でも破壊不可能なレベルの固さの施設が存在する可能性があります。調査中。
 -ちゃんとした(?)Fuel Tank(Hardened除く)、各種Ammo Bunkerが当てはまります。

3.50kg爆弾1発で破壊可能(軟)
(この辺ry)
 -50kg爆弾1発が直撃すれば壊れます。
 -また、高威力の機関砲(基本的には23mm以上の機関砲と言う認識でOKです)を使えば破壊可能です。 所要弾数は機銃によって異なります。
 -空港のHeadquarters(飛行場の真ん中辺にある旗のついた建物)やRail yard(戦車工場に存在する青緑色の屋根の建物)がこれにあたります。
 -爆風で破壊可能なのはここまで。
 -もしかすると下の分類のものがこっちに来るかも?

4.50kg1発で破壊可能(硬)
(この辺ry)
 -50kg1発で破壊可能ですが、機銃ではほぼ破壊不可能(57mm砲だけは例外ですが)です。
 -弾薬工場(Ammo factory)、金属工場(Metal factory)、デカ目の燃料タンク(Hardened Fuel Tank)が当てはまります。
 -結構3の分類とかぶっている可能性あり。

5.50kgが2発以上必要
(この辺ry)
 -めちゃくちゃ硬いです。下手すると50kg2発で壊れない可能性も…
 -基本的に100kg以上の爆弾を直撃させて壊しましょう。 硬い代わりにデカいので、難易度はそれほど高くありません。
 -シーンのダメージの割合を多く占めている(2~3割なんてことも)ので、ある意味これに爆弾を当てられるかがトリガーが出来るかできないかの分かれ目。
 -燃料工場(Fuel factory)、戦車工場(Tank factory)、ハンガー(Hangar)がこれです。


おおざっぱにはこんな所でしょうか。次からは各空港、工場に対してどれほどの火力が必要かを実例を用いて説明します。