※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JPEGはマーカーと呼ばれる2バイトの識別子でその後に続くデータの意味を表す
(以下、上がファイルの先頭。)
Markar byte 内容  種類
SOI ff,d8 Start of Image
: : : 複数のセグメント
SOF ff,c0~cf(c4,c8,ccを除く) ここにサイズや色の情報が入っている。必ずSOF0からSOF14までのうち必ず1つは存在する セグメント
: : : 複数のセグメント
SOS ff,da このファイルの実データ イメージデータ
EOI ff,d9 End of Image

各セグメントの中は、
[マーカー(2byte)][セグメントのサイズ(2byte,この2byteを含むサイズ)][セグメントの内容]
という順番で並んでいる。

SOI,EOIはマーカー(2byte)のみからなる。

SOSの中に「ff」が存在する場合は、識別子と混同しないよう、後ろに「00」がつく。
(ff,00 はマーカーじゃないよ、という印。)

  • SOFの構造(サイズより後ろ)
[入力画像の作成成分の1画素あたりのビット数(1byte)][画像の高さ(2byte)][画像の幅(2byte)][フレーム内の色成分数(1byte)]・・・・

例)画像の高さが、[02,58] の順で並んでいたとすると、
258(16進数)→600(10進数)
高さは600pxとなる。
入力画像の作成成分の1画素あたりのビット数が8、フレーム内の色成分数が3なら、
8×3で24ビットカラーとなる。



-