※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アクセス制御

  • public > protected > privateの順で制限範囲が広い。
  • protectedは自クラスおよびサブクラスからのアクセスを許可する。

クラス内への変数へのアクセス

基本的には、メソッド経由がよい。
また、そのメソッドにValidation機構を入れておくと、不正なデータを防ぐことができてよい。

参考ページ