※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大勝百歩日高次郎極


■キャラクター名の読み仮名
たいしょうひゃっぽひだかじろうきわめ

■性別
女性

■学年
2年生

■所持武器
寸胴鍋

■ステータス
攻撃:10/防御:0/体力:5/精神:5/FS:10

■FS名
ラーメン

特殊能力名:至高の一杯(ネクタル)

効果1:移動力1上昇 50
範囲+対象:同マス全員  1.5
時間:1ターン 1

消費制約1:能力休み後1ターン行動不能 20
消費制約2:制約1終了時に対象がこのキャラと同マスにいないorこのキャラが死亡している場合、対象死亡 5

(100‐50*1.5*1+25)*2=100

発動率:100% 成功率:100%

能力原理

至高のラーメンとはなにか、その答えは無数に存在する。塩、醤油、豚骨、味噌、カレーなどの調味料の分類から始まり、こってり、さっぱり、すっきり、ぎとぎとなどスープに対する表現はもちろん、麺や具など数多な組み合わせから生まれるラーメンに唯一無二を求めることは出来ない。
そして彼女の辿り着いた答えもまた一つの至高であった。
多くの魔人がその味に感動した、そしてさらなる一杯を求めた。そんな腹ペコたちのために彼女はラーメンを作る。
ただ彼女には一つだけ最大の障害があった。それは『蕎麦食部ゴリ』というゴリラにつけ狙われていることだ。出来上がりから5分以内に口をつけなければ匂いにつられたゴリラが現れ彼女に酷いことをしてから、ラーメンを奪っていってしまうのだ。
その光景はあまりにもショッキングなシーンであり、数多くの人間がショックから立ち直れず自殺していった

キャラクター説明

軽やかな包丁の音が部屋に響く。
刻まれたネギがラーメンの上にのるとそれを目の前にした女生徒の口の端から僅かにヨダレが垂れる。
その様子に優しげに微笑みながら仕上げにアブラをひと回しかけ、女生徒の前に出す。
「お待ちどう」
短いその一言が終わるか終わらないかのうちに女生徒は一心不乱にラーメンを食べ始める。
楽器やアンプなどが置かれた部屋にラーメンをすする音だけが響く。
その様子を満足げに眺めながら大勝百歩日高次郎 極は髪を纏めていたバンダナを取り、僅かに汗でへたった金髪を掻きながら、畳の上にあぐらをかく。
火元に立っていたせいか汗ばんだ身体に僅かにでも空気をえようと白いタンクトップを何度か引っ張る。その度に豊満な胸が見え隠れするが特に気にした様子はない。
「ごちそうさまでした??」
「お粗末」
ほどなくして女生徒が食べ終わるのを見届けると極は調理器具を片し始める。
「また、ご馳走してください」
「いつになるかは、わからない」
「うー、できれは和早めで」
彼女の作り出すラーメンは今やこの学校で知る人ぞ知る名物料理になっており予約が途切れた試しがない。
それもそのはずで大勝百歩日高次郎家は長年至高のラーメンを追い求める家系であり、ラーメン作りのサラブレッドを交配に交配を重ね、血の滲むようなラーメン作りを乗り越えて今の極がいるのだ。
ただ、極自体はラーメン作りは趣味の範囲にとどめており、部活は軽音部に所属している。
「また気が向いたらな」
「はーい」
しぶしぶといったように出て行く女生徒を視界から外し、立て掛けてあるベースを手に取る。
その瞬間、殺気にも似た視線を受け、弾かれるように極は視線を窓の外へと投げる。ゴリラである、ゴリラが窓枠に掴まりながら、両足で固定した椀から蕎麦を食べているのだ。
「悪いが今日はもうない」
そう呟くように言うと唇を読んだのかゴリラはスルスルと食堂に消えていく。
彼女の学校生活はけして和やかなものではないのだ。






応援

登場SS


イラスト