※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

希望崎学園のマモノ


■キャラクター名の読み仮名
きぼうさきがくえんのまもの

■性別
無性

■学年
その他

■所持武器
偶然紛れ込んだ野良犬

■ステータス
攻撃:0/防御:0/体力:8/精神:4/FS:18

■FS名
マモノの到来を望む声

特殊能力名:マモノスペシャル 2016ニューイヤーver.


構成要素
効果:即死 130
効果付属:凄惨な死 10
範囲+対象:同マス敵単体 0.7
時間:一瞬 1
非消費制約1:5ターン目以降発動可能 0.8 ※1
非消費制約2:DPで負けているときのみ発動可能 0.85

※1 能力の総合的な強さを加味し、GK調整でやや優遇した値を付けています。
現状消費制約がない点も評価して、0.8で計算。

発動率計算式:(100-(130*0.7*1*0.8*0.85))*(1+18*0.1)-10=96.736≒97%

発動率:97%

発動率:97% 成功率:100%

能力原理

偶然近くにいた野良犬が"偶然"戦場に突っ込んでいき、野良犬がぶつかった魔人が"偶然"当たりどころが悪く死亡する。

魔人によるシリアスな殺し合いであるハルマゲドンにおいてあまりにも異質なコントのような死に様だが、
ハルマゲドンに直接関係の無い"観戦者"にこのようなたちの悪いジョークのような展開を望む者が少なくないのは紛れも無い事実だ。

キャラクター説明

ハルマゲドンの戦況が一方的になった時に戦況を混沌とさせるために現れる"波乱"の象徴。
突如魔人の認識力であっても理解不可能な事態が発生して戦況が覆されるのはほぼこいつのせい。
姿を見たことのある者はいないが何故か誰もが共通して「角の生えたコミカルな悪魔の姿である」という共通の認識を持つ。

正体は退屈なハルマゲドンに飽きた複数の古参魔人の噂から生まれた都市伝説の具現化とも、退屈な展開のハルマゲドンを眺めていた転校生がよりハルマゲドンを面白くするために放った刺客とも言われているが、真相は未だ不明。
但し一部魔人の間で信仰されている「ダイス神」や転校生が言及する「神のダイス」と呼ばれる存在とは関係が無いことが判明している。





アイコン