※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

phase locking] 入力信号(音)の時間軸を見たとき、ある特定の位相に同期して神経の発火が見られる現象。発火は、有毛細胞の膜電位が脱分極する位相(鼓膜が外側に引っ張られる/不動毛が蝸牛外側に倒れる=短い毛が長い毛のほうに曲がる状態)でのみ起こり、逆の位相(鼓膜が内側に押される/不動毛が蝸牛内側に倒れる状態)では起こらない。しかし、この位相同期(位相固定)は約4k[Hz]までしかみられない。


上の発火数を横軸:時間、縦軸:発火数(スパイク数)として、ヒストグラム化したものをPTSヒストグラム(post stimulus time histogram)という。 (くろぎ)
|