※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人間の聴覚に合わせて補正した評価尺度。騒音計のA特性(聴覚補正特性の種類のひとつで、低域、高域の感度を落としてある)を使って測定することから「A特性音圧レベル」ともいう。単位は「dBA」

「0dBA」が人間の耳に聞こえる最低レベル、「120dBA」を超えると聴覚としての限界。

cf.NC(Noise Criteria)値

室内騒音など一般の環境騒音を周波数特性に重点を置いて評価するために提案された曲線。使用目的に応じた室内の騒音レベルの評価や、設計の目標値として使用される。
|