※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

   * 開口端補正(open end correction)


開口端の外にも媒質が存在するため、エネルギーが管の外にも伝達され、開口端で音圧がゼロにならない。管端から少し外側の点が実効的な管端となり、管の長さが見かけ上増加したようになる増加分。一般に周波数と管の半径の上昇に伴って減少する。周波数が低い、管の半径が小さい場合は以下の式から漸近値が求められる。

半径aの円形管(管の厚さは無視):0.6a

管端に無限大の板がついているとき:0.85a

有限サイズの板がついているとき:上記の間の値
|