※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

348.繼世爲相

  再世爲相,漢推韋、平,唐推蘇、李,已屬僅事。宋則有三世爲相者。呂蒙正相太宗,其姪夷簡相仁宗,夷簡子公著,哲宗時亦爲相。傳贊謂世家之盛,古所未有。南宋則史浩相孝宗,其子彌遠相寧宗、理宗,浩孫嵩之(彌遠之姪),理宗時亦爲相。其再世爲相者,韓琦歴相仁、英、神三帝,其子忠彦,徽宗時亦爲相。按琦固名相,忠彦亦不失父風。史氏則彌遠擅廢立爲無君,嵩之謀起復爲無父,家門雖盛而名節有虧。若呂氏奕世勳猷,輝映史冊,可謂極盛矣,而公著於重圭襲組之後,不以門閥自高,益能守正不撓,爲時名相,尤不可及也。
|