※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

廿二史箚記巻二十八


389.遼金之祖皆能先知?
390.金制追諡帝后之濫?
391.金初父子兄弟同志?
392.金代文物遠勝遼元?
393.金一人二名
394.金記注官最得職
395.大定中亂民獨多
396.金考察官吏?
397.金推排物力之制?
398.明安穆昆散處中原?
399.金元倶有漢人南人之名
400.宋金齊交割地界守土官隨地爲屬?
401.衍慶宮圖畫功臣
402.金用兵先後強弱不同
403.金初漢人宰相
404.金俗重馬?
405.金以壞和議而亡?
406.九公十郡王?
407.金末賜姓之例
408.通惠河不始於郭守敬
409.海陵荒淫?
410.海陵兼齊文宣隋煬帝之惡
411.金中葉以後宰相不與兵事
412.憫忠寺故事
413.日行千里
414.避孔聖諱
415.金末種人被害之慘簽軍之弊?

   前頁 『廿二史箚記』    次頁
巻二十七 遼史金史 廿二史箚記巻二十八 巻二十九 元史
|