※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

545.劉千斤

  成化中,荊襄賊劉千斤作亂。千斤名通,河南西華人,縣門石狻猊重千斤,通隻手舉之,因以爲號。時流民聚荊襄者,通以妖言煽之,謀作亂。石龍者,號石和尚,聚衆剽掠,與通共起兵,偽稱漢王,建元德勝。朝命尚書白圭提督軍務,率朱永、喜信、鮑政等討之。至南漳敗賊,乘勝逼其巣。通奔壽陽,又退保大市,官軍又敗之,斬其子聰。賊退據後巖,諸軍四面攻之,遂擒通及其衆三千五百人,獲子女萬一千有奇。石龍與劉長子逸去,擾四川,圭分兵蹙之,劉長子縛龍以降,餘寇悉平。(白圭傳)


 前頁 『廿二史箚記』巻三十六  次頁
唐賽兒 545.劉千斤 李鬍子
|