※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

544.唐賽兒

  永樂十九年,蒲臺林三妻唐賽兒作亂。自言得石函中寶書神劍,役鬼神,翦紙作人馬,相戰鬭。徒衆數千,襲據益都卸石寨。指揮高鳳捕之,敗歿,勢遂熾。其黨董彦昇等攻下莒、即墨,圍安邱。總兵官柳升率劉忠圍賽兒,賽兒夜劫,官軍驚潰,忠戰死,賽兒逃去。攻安邱益急,知縣張歩旟等死守,不能下,合莒、即墨萬餘賊來攻。都指揮衛青備倭海上,聞之,率千騎馳至,大破賊。城中亦鼓噪出,殺賊二千,擒四千餘,悉斬之,餘賊奔散。時城中旦夕不支,青救稍遲,城必陷矣。賽兒竟不獲。(青傳)


   前頁 『廿二史箚記』巻三十六  次頁
明代先後流賊 544.唐賽兒 劉千斤
|