※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

46.漢公主不諱私夫

  武帝姊館陶公主寡居,寵董偃十餘年。主欲使偃見帝,乃獻長門園地。帝喜,過主家,主親引偃出,偃奏:「館陶公主庖人偃,昧死拜謁。」帝大歡樂,呼爲主人翁。(東方朔傳)武帝女鄂邑蓋公主寡居,昭帝初立,年八歳,主以長姊入禁中供養帝,而主素私通丁外人。帝與霍光聞之,不絶主歡,詔外人侍長公主。上官桀諂外人,欲援列侯尚主例,爲外人求封侯。燕王旦亦上書言:「陛下幸使丁外人侍公主,宜有爵號。」是時霍光秉政,不許。(霍光傳)以帝女私幸之人,天子聞之,不以爲怪,親王大臣且爲上書乞封。其時宮庭淫逸之習,固已毫無忌諱。東方朔傳謂,自董偃後,公主貴人多踰禮制。蓋上行下效,勢所必至也。


  前頁 『廿二史箚記』巻三   次頁
皇子繋母姓 46.漢公主不諱私夫 漢諸王荒亂
|