■■■小笠原ログ 20080407 (サク)■■■



サク : 芝村さんこんばんは、22時からの小笠原ゲームにまいりました。

芝村 : まだだいぶ時間あるな。記事どうぞ

サク : あれっ すみません時計ずれてましたか・・

芝村 : 今54分だよ

サク : 記事はこちらです。

わーすみません、時間まで待機します。

芝村 : はあい

芝村 : イベント選択までしてて

サク : はい。安全な場所で、デートでお願いします。

春の園は危ないとのことなので、そこは避けて

サク : 今回はデートチケットを使用してます。

またこちらの質疑よりテイタニア着用可能とのことなので、PCがこちら着用します。

サク : (意味無いかもですが、一応念の為で!)

芝村 : 2分待ってね

サク : はい。よろしくお願いします。。

芝村 : /*/

芝村 : ここは春の園だ。

サク : えーー

サク : 総一郎はどこですか?

芝村 : 春の園で警備してる。

サク : きょろきょろ。ああいた。

サク : 傍まで行きます。「こんにちわ?」 ちょっと笑います。

サク : 「お仕事中だったんだね・・・ごめん」

総一郎 : 「いや、どうせ囮だ」

総一郎は笑った。

サク : 囮?

芝村 : 貴方と歩いている。

サク : ぁー「この公園、今、他に女性は?」

サク : 公園・・ 春の園。

サク : #私だけかなぁ。

総一郎 : 「お前だけだ」

総一郎 : 「だから、お前が狙われる」

サク : 「そう・・・・そっか。」

サク : 総一郎の傍から離れないように、歩いてます。

サク : 「・・・・あのね、大丈夫?」

総一郎 : 「心配しないでいいぞ」

総一郎 : 「実は今ここが、一番安全だ」

芝村 : 総一郎は苦笑した。

サク : 「今ここが? どうして??」 顔を見ます。

サク : #ううむ、警備が万全だからかな・・・

芝村 : 総一郎は指をさした。

サク : む?そっちのほうを見てみます。

芝村 : ペンギンに、雷蔵に、良狼、小助、あ、イカナいる、ふみこ、青・・・

サク : 「・・・・・・・・・ こ、これわっ 万全の警備体制だね」

サク : 思わず笑ってしまいました。そういうことかー

総一郎 : 「いやまあ、TAGAMIと知恵者もいる。この空間にはいないが」

総一郎 : 「だからまあ、早く出て欲しいもんだ」

サク : 「すごいね・・・ あの予知、そんなに危険だったの?」

総一郎 : 「いや、多分・・・」

サク : 「多分、何?」

芝村 : TAGAMI<任務成功しました。もう大丈夫>

総一郎 : 「……終わったらしい」

サク : Σ おわ TAGAMIさん

サク : 「・・・・えええと お疲れ様でした、あ、ありがとうございます」どこかに向かってお礼します。ペコリ。

総一郎 : 「……」

芝村 : 総一郎は照れた。

総一郎 : 「どうする?」

サク : 「え、終わったの・・・? えー!」

サク : う、うーんと。

サク : 「デートしたい・・・」

サク : ぐあーーーーわーーー 顔が真っ赤です

総一郎 : 「そ、そうだな。そうするか。どこにする?」

サク : 「あ、えええとっ   仕事っは、もう、ほんとにいいんだよね」 じゃあえーと

サク : 「桜見に行ってみる?今日、人は少ない・・・よね??」

総一郎 : 「ん。ああ」

芝村 : 人は全然いないよ。

芝村 : 貸切だ。

サク : おお!!!わあいwww

芝村 : 二人で桜の下にいる

サク : 「わーーー 桜のエリア、いつも人が多いから」

サク : 「こんなにゆっくり見れるなんてー」嬉しそうにしてます

総一郎 : 「露店もないけどな」

サク : 「露天(笑 いいよ、うん。」

サク : 「桜を見るの」

サク : 総一郎と、手を繋ぎます。

サク : 恋人つなぎ っていうのを

芝村 : 総一郎と指を絡ませた。

芝村 : 総一郎は緊張している。

サク : 「・・・? どうか、した??」 顔を見ます

総一郎 : 「なんというか、意外に照れないか。まあその、色々あったくせになにをと言われそうだが」

サク : 笑  「うん、そうだね・・・ 色々ってええとー」 赤くなって顔そらします

芝村 : 総一郎は不意に笑った。

サク : でも嬉しい。 ニコニコしてます。ちょっと涙でた。

芝村 : 総一郎と二人で笑いました。

芝村 : 桜を背に、みつめあってる

サク : 「仕事で、怪我とかしないかすごく心配だったよ」

サク : 頬に手を伸ばして触れます。なでるように

総一郎 : 「なるべく危ないことはしないようにしてる」

芝村 : 総一郎は貴方の手を取った。

芝村 : 貴方を見詰めている。

サク : 「そっか・・・・」安心したけど、けど

サク : 「・・・・私」「あなたが傍にいなくて」

芝村 : 総一郎は天を見た後、貴方にキスした。

芝村 : これがやりたかったらしい

サク : うぁ

サク : 涙目で、笑って、抱きつきます。

芝村 : 抱きしめられました

サク : 「ごめん 行っていいよ、って言ったけど。。。。 本当はずっと傍に居て欲しいって思ってた。」

総一郎 : 「俺もそばにいたいな」

サク : 「あ。  えと。え。。」

総一郎 : 「ああ。いや、急がないでいい」

芝村 : 総一郎は頭をかいた。照れている

サク : 頑張って顔を見ます「あ、あのねっ!」

サク : 「傍にいて!ずっと!! ごめん我が侭ばっかり言ってるって 自分でも分かってるんだけど」

総一郎 : 「うん。分かった」

総一郎 : 「結婚しよう」

サク : 「やっぱ 居てくれないとダメだ・・・・・」  あ

サク : 「あ。   って、あの 前、プロポーズしてくれたのに またー」

サク : 「また・・・・ でも」

サク : 「・・うん」「答えは前と同じ だよ」微笑みます

総一郎 : 「いや、だからな」

総一郎 : 「今すぐ。役所にいこう」

総一郎 : 「ついでに直ぐ引っ越す。それでどうだ?」

サク : 「や、役所!成程・・・   引越しも!」

サク : わはは 「 うん!! 異議なし」 笑います

総一郎 : 「ああ」

芝村 : 総一郎は微笑んだ。

総一郎 : 「プロポーズとか指輪プレゼントとか、毎回やってる気がするな」

サク : 「うはは ほんとだ! でも毎回でも嬉しいよ?」にこにこ

サク : 「ありがとう」 キスします 

芝村 : 総一郎は貴方の手を取ってキスし返した。

芝村 : その足で宰相府へ向かった。

サク : おぉ 早い

芝村 : 秘書官が婚姻届をだしてくれるよ。書き込むといい

サク : え、は、はい。 では書き込みます。

サク : ドキドキ。

芝村 : 総一郎も書き込んだ。

芝村 : 提出した。

芝村 : 秘書官:「おめでとうございます。これではれて婚姻です」

サク : 「ありがとうございます。うわー照れますー」

サク : 総一郎の顔みて微笑みます

サク : 「これで正式に?」

芝村 : 秘書官:「ええ」

芝村 : 秘書官:「裏庭で撮影もできますよ」

サク : 「Σは、撮影ですか 噂の」

サク : 「えーと行ってみる?撮影できるんだって」>総一郎

総一郎 : 「ついでだし、いくか?」

サク : #確かむつきさんが撮影してたなぁ

サク : 「うん・ じゃ行ってみようか。 秘書官さん、撮影お願いできますか」

芝村 : 色々な服装から選べる。ウエディングドレスも選べるよ

サク : ど、ドレスあるんですか

芝村 : ええ。

サク : うぁーーー  じゃあ折角なのでウェディングドレス着たいです

芝村 : 好きなのをとれる。

芝村 : 宰相から、捜査協力でそのドレスはくれるそうだ。

サク : Σ ええっ  あ、ありがとうございます

芝村 : 総一郎はタキシードだ。

総一郎 : 「笑うなよ」

サク : うわー タキシード!!  (ごめ笑いそうに(ry

サク : 「似合ってるよ、かっこいい」

総一郎 : 「世辞はいい」

サク : 「お世辞じゃないよ  ・・・うん。」 すごく幸せそうに、微笑みます

サク : 手をとります。

総一郎 : 「お前も似合ってる」

芝村 : 秘書官:「撮影しますよー」

サク : 微笑みます。ものすごく幸せそうに

芝村 : 二人で撮影した

芝村 : 似合いのカップルだ。

芝村 : 印刷して家に送ってくれるそうだ。

サク : ありがとうございますと、頭下げてお礼を言います。

総一郎 : 「……しばらく写真見れなさそうだな。恥ずかしくて」

芝村 : 総一郎は貴方を見ている。

サク : 「写真見れなかったら 私を見たらいいと思うよ」

サク : 笑いながら、またキスします

芝村 : キスした。

芝村 : 総一郎もキスしたかったようだ。

芝村 : それで、二人笑った。

サク : 見られたらもっと恥ずかしいかも でもまあいっか と思いました

芝村 : 夫婦になったと思った。

芝村 : /*/

芝村 : はい。お疲れ様でした。

サク : ありがとうございました。お疲れ様でしたー

サク : ぁれ、ええっと

サク : 捜査というのはー @@

芝村 : ああ。解決した

サク : な、何かあったんですかやっぱり

芝村 : 特には。

芝村 : 今犯人調べ中

サク : TAGAMIさんが、えーと任務成功とおっしゃってましたが・・・犯人は捕まらなかったのですね

サク : 阻止はできたと。。。

芝村 : つかまって、取調べ中

芝村 : 評価は+1+1

サク : く、黒幕がいたのですか。  あれ、評価まだ上がるのですか?

サク : 前回10・10かと思いましたが・・・

芝村 : まあ、ストップでそれよりはあがらんけどね

サク : あ、はい。一応、旅行社のほうには申請しておきます

芝村 : 1・1で秘宝館にはたのめます

サク : はい、ありがとうございます。

サク : (これは久々に公開しても大丈夫そうですー よかった・・

サク : ウェディングドレスは、アイテム登録してよいのでしょうか?

芝村 : ええ。

芝村 : 登録OK

芝村 : ただのウェディングドレスだけど

サク : はい、ありがとうございます。いえ記念ですし・・(笑

サク : は、それと 総一郎、ISSはまだ続けてるのですよね・・!

サク : (泣き落とすとか、グルグル考えてたのですが

芝村 : ええ。ISSはつづけてる

サク : う、はい・・・・  うーん黒崎さんから頂いた情報を生かせなかったです@@

芝村 : はい。では解散しましょう。お疲れ様でしたー

サク : はい。ありがとうございました、失礼しますー



- / - / -