■■■小笠原ログ 20071208 (サク)■■■


◆人物紹介
サク
レンジャー連邦所属の舞踏子。うっかりかつおっとり・どこにでもいそうな大人しい人物。
ソウイチロー・ヤガミ
乙女のキッスにより召喚された、通称「サクヤガミ」。

◆これまでのあらすじ
魔法治療を受けたサクと、迷宮から帰ってきたヤガミ。問題は解決しないものの、二人きりの静かな時間を過ごした。そして今日、小笠原滞在最後の日を迎える。

◆本編


サク : 芝村さんこんばんは。小笠原ゲームにまいりました。

芝村 : 記事どうぞ

サク :

http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=630&reno=422&oya=422&mode=msgview

以下の日時で予約が確定しております。
よろしくお願いします。

【予約者の名前】0600161:サク@レンジャー連邦
【実施予定日時】12月8日20:00~21:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):10マイル
【召喚ACE】
 ・サクヤガミ:藩国非滞在:10マイル
【合計消費マイル】計20マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・0600161:サク:レンジャー連邦:入学済:20マイル

サク : こちらです。よろしくお願いします。

芝村 : OK.

芝村 : では2分待ってね。

サク : はい。

/*/

芝村 : 優しい波の音が聞こえています。

サク : (・・どこ?

芝村 : 海岸だね。貴方は目を開いた。

芝村 : ヤガミに掴まっている。

芝村 : 時刻は昼頃だ。

サク : なんでこんなとこに。ヤガミの顔を見ます。

芝村 : ヤガミは貴方を見て、照れた。

ヤガミ : 「自分でも似合わないとは思ってるんだから、まじまじと見るな」

サク : えー 似合わないって

サク : 変な格好してるんですか?

芝村 : 普通どおりだよ。

芝村 : 黄色いジャンパーだ。

サク : はは。「別に・・・似合わないなんてことないよ」優しく微笑みます。

ヤガミ : 「中々難しい」

サク : 「なにが?」

ヤガミ : 「いつもどおり振舞うと傷つけそうで、とはいえ優しくすると、わざとらしく、あるいはらしくない気もする」

ヤガミ : 「だが心配なんだ」

サク : 「・・・ありがとう」ちょっと笑いました。

サク : 「ごめんね、心配ばっかりかけちゃってたね」

ヤガミ : 「……笑うよな」

ヤガミ : 「いや、心配かけられて、実は少し嬉しい」

ヤガミ : 「二人しかいないから、言うが」

サク : 「(んんー嬉しいの?)」

ヤガミ : 「少し」

芝村 : ヤガミは照れたあと、すまんといった。

サク : 「そうかー ってなんで謝るのかな(笑」

ヤガミ : 「いや、まるで人の不幸を喜んでるみたいだろう」

サク : 「ううん。心配してくれて 嬉しかった、よ」

サク : 「ヤガミがどう振舞ってても」

サク : 「私の事気にしてくれてたんだ って思ったら」

サク : 「泣きたいくらい嬉しかった」

ヤガミ : 「喜ぶな」

サク : ははは 「ごめん。もう心配かけないようにする」

芝村 : ヤガミは貴方の頭を抱いた。

ヤガミ : 「ダメだ」

サク : 「・・・もう泣き顔ばっかり見せたくない」

ヤガミ : 「……全然それで構わない」

ヤガミ : 「変態じゃないからな」

サク : くすっと笑います 「…そんなに泣いてばっかりいらんないよー 」

サク : 「でも、時々 泣きたくなったら」

芝村 : ヤガミは怒ってる。

ヤガミ : 「演技だったら怒る」

サク : 「…うん」

サク : ヤガミのこと抱きしめます。自分の顔押し付けるように

芝村 : ヤガミは抱きしめた。

ヤガミ : 「すまん」

サク : 「また謝るし・・・」(ちょっとハナすすります

芝村 : ヤガミは貴方の髪をかぎながら、いや、謝らないと俺が悪い人みたいだろうと言った。

サク : そっか。泣かせてるみたいで、かな。

芝村 : たぶんそうかな。

サク : 「もうずっと、不安な時間が長すぎたから。涙もろくなっちゃったのかもしれないね」

芝村 : ヤガミは照れている。

サク : 「・・・今はこうして。抱きしめてくれてるから、もう大丈夫」

芝村 : 何故照れているかわからない。

ヤガミ : 「ああ」

サク : 「ええと。・・・外だと恥ずかしい?」(照れてるのー

ヤガミ : 「いやなんというか」

サク : 「うん?」

ヤガミ : 「すまん、においをかいでたら不謹慎な気分になった……」

サク : がくっ  あーあーあーあー ナルホド!

サク : 「そ、そうかー・・・ 変なにおいする?」(自分でくんくんしてみます

ヤガミ : 「しない、しない」

芝村 : ヤガミは顔に片手を当てて全力で照れている。

ヤガミ : 「まるで中学生だ」

ヤガミ : 「死にたい」

サク : 「・・・」ヤガミの首にしがみ付いてくんくんしてみます  ちゅがくせいって!!

芝村 : どこか大人の匂いがする。

芝村 : なんか固いのが当たった。

サク :

サク : (やっぱ大人の男の人なんだよなぁ・・でもなんとなく落ち着く匂いかも

芝村 : ヤガミは少し離れた。

ヤガミ : 「散歩でもするか」

サク : 「ん、んー うん。」

サク : そっと手を繋ぎます。

ヤガミ : 「今の島は、俺たち二人だけのものだぞ」

ヤガミ : 「なんでも出来そうな気がするな。大声で食い物の名前を連呼するとか」

サク : 「皆撤収しちゃったからね。  道路の真ん中で寝そべったりとか(笑」

サク : 「そっか。最後なんだ・・・」

ヤガミ : 「おんぶでもしてやろうか?」

芝村 : ヤガミは優しく言った。

サク : 「それこそ子ども扱いじゃないかー」

サク : 「おんぶって(笑」

芝村 : いや、ヤガミ的には快心のうまい手だよ(笑)

芝村 : ヤガミは笑っている。

サク : なんですと>上手い手

サク : 「じゃあはいわかりましたー。背負ってくださいよろしくお願いします」

芝村 : ヤガミは背中を見せて、貴方をおんぶして歩いた。

芝村 : ヤガミ危機一髪。

ヤガミ : 「なんなら走ってやろうか?」

サク : んー。ぎゅーと首にしがみ付きます

ヤガミ : 「んー?」

芝村 : ヤガミは笑って歩いている。

芝村 : 一度、貴方が落ちないようにおしあげた。

サク : 「聞きたいことがあったの」

ヤガミ : 「なにを?」

サク : 「迷宮でポチ王女を説得するようにお願いした、古い知り合いって?」「ちなみにただの好奇心」

ヤガミ : 「古い知り合いのコンピューターだ」

ヤガミ : 「MAKIだよ」

サク : 「なるほど」(ちょっと胸の使えが取れた!

サク : もっかいぎゅっとしがみ付きます。

サク : 「私ね。皆の言う「愛」っていうのがよくわからなかった。」

ヤガミ : 「俺も良くわからん」

サク : 「そっか。」(笑いました

サク : 「私は、別の言葉だと、しっくりくるんだよ」

ヤガミ : 「なんだ?」

サク : ぎゅーとしがみ付いて、ヤガミの耳元で囁きます。

サク : 「『あなたが愛しい。』」

芝村 : ヤガミは顔を赤くした。

ヤガミ : 「そんなのは知ってる」

サク : 「そっか」

サク : 優しく微笑みました。

ヤガミ : 「まあでも、俺も好きだ」

ヤガミ : 「俺も愛している」

サク : 「・・愛してる」首筋に顔を埋めます。

芝村 : ヤガミは顔を赤くしてる。

サク : 私の顔も赤いです。耳まで赤い。

ヤガミ : 「熱いな、熔けそうだ」

サク : 「・・・降ろして」

ヤガミ : 「いやだ」

サク : 「えー」

ヤガミ : 「このままレンジャー連邦まで帰る」

サク : 「(顔見たいのに」

サク : あ。

サク : 「・・うん」

サク : 耳元にキスします

ヤガミ : 「顔見たいって・・・」

芝村 : ヤガミは照れた。貴方を降ろした。

芝村 : ヤガミは貴方にキスをした。

サク : 照れながら微笑みました。

サク : 「やっぱり顔が見えるほうがいい」

ヤガミ : 「キスしたいならそう言えばいいんだ」

芝村 : ヤガミはすねている。

サク : えー

サク : 「じゃあもう一回キスして?」

ヤガミ : 「癖になったらいやだな」

芝村 : ヤガミはキスした。

サク : 微笑んで抱きしめました。

/*/

○ゲーム結果
芝村 : 評価は+1+1
芝村 : 微笑青空どうぞ
芝村 : 秘宝館には1・1だよー



- / - / -