■■■小笠原ログ 20071128 (サク)■■■


◆人物紹介
サク
レンジャー連邦所属の舞踏子。普段はうっかりかつおっとり・どこにでもいそうな大人しい人物だが、ヤガミが絡むと恐ろしい勢いでぐるぐるを開始する。前回のゲームで「ヤガミが旅に出るのを止める」試練に失敗。それから怒涛の展開を経て、引き続き試練にチャレンジ。
ソウイチロー・ヤガミ
乙女のキッスにより召喚された、通称「サクヤガミ」。前回のゲーム結果により一人迷宮へと旅立ったが、迷宮41階・航空戦に勝利し無事帰還。サクの我が侭に付き合っているうちにやたら懐が広いひとに…?(と思ってたら意外とそうでもなかったかも)

◆本編

サク: 芝村さんおはようございます。小笠原ゲームにまいりました。

芝村: 記事どうぞ

サク: はい。

サク:
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=500&reno=422&oya=422&mode=msgview

以下の日時で予約が確定しております。
よろしくお願いします。

【予約者の名前】0600161:サク@レンジャー連邦
【実施予定日時】11月28日10:00~11:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):10マイル
【召喚ACE】
 ・サクヤガミ:藩国非滞在:10マイル
【合計消費マイル】計20マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・0600161:サク:レンジャー連邦:入学済:20マイル

サク: こちらです。よろしくお願いします。

芝村: イベントは試練ですね。

芝村: OK。では2分後に開始します

サク: はい。続きですー

サク: よろしくお願いします・・・ (バルクさんは来られます?

芝村: 呼んではいるよ

サク: はい。わかりました。

/*/

芝村: ヤガミが景気良く戻ってきたよ。嬉しそうに

サク: 「ヤガミ・・・!お帰りー!!」(走って抱きつきます

サク: 「よかった無事で・・!!」

ヤガミ: 「抱きつかないでも」

ヤガミ: 「一応約束は果たしたぞ」

サク: あぅ「約束・・」(ってどれですっけ。ポチ?

芝村: ヤガミは貴方の頭をチョップした

サク: 「きゃうー」

サク: (あああもう帰ってきてくれただけで嬉しくて;;しまった

ヤガミ: 「まあ、いいが」

サク: 「ご、ごめん・・・」「帰ってきてくれただけで嬉しくて、なんかふっとんじゃった」

ヤガミ: 「しばらくは公園でカモメに餌でもやるよ」

サク: 「・・・私が、あのとき。帰ってから話すよって言ってたの覚えてる?」

ヤガミ: 「ああ。病院だな」

芝村: ヤガミは荷物を置く場所を探している。

ヤガミ: 「それが?」

サク: あわー 「そのこと・・・話したいの。えと、ちょっと移動しよっか」(というかここどこでしょう?

芝村: ここはホテルの待合室。面会所だね

芝村: 貴方はホテル住いだ

芝村: どこに移動する?

サク: あら私もホテルですか。バルクさんはまだきていないです?

芝村: 姿は見えないね。

芝村: 彼から切り出すようにするかい?

サク: いえ、私から話します。  ではお部屋に移動します・・・。

芝村: 部屋に着いた。

芝村: ヤガミは顔を紅くして周囲を見ている

サク: 「とりあえず荷物はそこらへんにー、ってえーと」

ヤガミ: 「中々緊張するな」

サク: そ、そっか 「ま、まあ・・・うん。座って。」

芝村: ヤガミは椅子に座った。

芝村: 落ち着かないようだ。

サク: (同じく緊張ーうぅっ

ヤガミ: 「訂正。俺の気持ちは照れるだ」

サク: 「・・・はは、私も同じ」(照れ笑い

サク: ヤガミの正面に移動して、そっと手を握ります。

芝村: ヤガミは深呼吸した。

ヤガミ: 「話を聞こうか」

サク: 「落ち着いて聞いてね」「ババロアを食べた日、公園から水が沸いていたのを覚えている?」

ヤガミ: 「ああ」

ヤガミ: 「まあ、その、デートだったからな。ああ」

サク: 「ゲート、生命の木。あの泉にはこれらが絡んでいた。あの水は…普通の水じゃなかったの。」

サク: 「あの時・・・私は泉の水を舐めた。ヤガミ見てなかったかな」

芝村: ヤガミは定かではないようだ。

ヤガミ: 「あったか。ああ、で、それで?」

サク: 「それでね。その水で・・・私、妊娠したの。」

サク: 「病院で、三週目ですって言われた」

芝村: チョップされた。

ヤガミ: 「真面目にきいてしまったじゃないか!」

芝村: ヤガミは笑うと、貴方を抱き寄せた。

サク: (えー

ヤガミ: 「?」

サク: 「・・・本当、なんだ」

サク: (首に抱きつきながら言います真剣にまじめに)

ヤガミ: 「……どこの世界に水を飲んだら妊娠する奴がいるんだ」

芝村: コツコツ

サク: 「本当に子どもが居る」「嘘じゃないよ」(顔を埋めながら声震わせて言います

芝村: コツコツ

サク: ・・・出ます

芝村: ヤガミはとりあえず貴方をだきしめている。

芝村: ドアじゃないな。窓だ

サク: あれ?

芝村: そもそもヤガミが不安そうな貴方を放さない

サク: うー私も離れたくないけどっ

サク: 「このことで、相談に乗ってもらった人が居るの」

芝村: ここは窓際だ

サク: 窓ーまどのそと見えます?

芝村: 手を伸ばせばカーテンには届くよ

サク: カーテン開けます

芝村: カラスだ

芝村: 大きなカラスが窓を叩いている。

サク: バルクさんかな。窓を開けます。

芝村: ヤガミは貴方が身を乗り出したので、いやらしい体勢になって慌ててている

サク: うにゃー!「ご、ごめん!ちょっと窓開けたくて! 外みてー」

芝村: サクの胸にヤガミは顔をうずめている。

ヤガミ: 「いや、ばか」

サク: ぎゃうーーーーー

芝村: ヤガミは貴方をだきしめた←もっとバカ

サク: いやちょttなにやってんのですかーーー!(笑

サク: 窓、まどをですねっ!!あわあわしながら開けますよ!!!

芝村: カラスが入ってきた。

芝村: 変化した。

バルク: 「ああ。解決法を言うまでもなかったようですね」

サク: ぜえぜえいってます

ヤガミ: 「うわっ」

サク: 「こ、こんにちは・・・先日はお世話になり有難うございました」

芝村: ヤガミはサクを抱きしめたまま後ろへ飛んだ

サク: 「およびたてしてしまいすみません  ってヤガミこの人が相談に乗ってくれた人」

ヤガミ: 「うさんくさい」

芝村: (ヤガミは心が狭い)

サク: ちょ「ええとバルクさんです。魔法使いの。うさんくさいとか失礼なこと言っちゃだめー」

バルク: 「こんにちは、実は、少しばかり未来の前借が起きてまして」

ヤガミ: 「ちょっとばかりいい男だからって」

サク: 「? 前借?ですか。」(ほんと狭いですね(笑

サク: (ヤガミ宥めるように手を繋いでおきます

芝村: ヤガミはサクにキスしてる。

サク: にゃあああああああああああああああああああ

バルク: 「えー。説明は後でもいいのですが」

サク: 「ちょ、なにいきなりっ   ど、どういうことですか」

ヤガミ: 「お前は俺のものだ」

バルク: 「まあ、そうでしょうね。お子さんつきで貴方のものです」

ヤガミ: 「……そんなわけがないだろう、俺はまだ」

サク: ひーーーーー 「ヤガミ、私」

バルク: 「ですから、前借なんです。原因より先に結果が出てしまっているんです」

ヤガミ: 「……?」

サク: 「原因より先に?」

バルク: 「時系列が、おかしくなっていませんでしたか。書いてもいない文章が出てきたり」

サク: 「・・・手紙。書いた覚えの無い手紙が届いてました」

芝村: ヤガミはサクを見た。

ヤガミ: 「浮気の覚えは?」

芝村: 3

サク: 「あるわけが無いよっ!!!!」

芝村: 2

サク: 「ヤガミ以外に」

サク: 「一緒になりたいひとなんていない!!」

ヤガミ: 「分かった。信じる」

サク: (あぅ・・まっかです

ヤガミ: 「未来の俺の手紙と言うのは、確かに分る。俺も見た」

ヤガミ: 「それで?」

バルク: 「そのままほおっておくと、その子は消えます」

バルク: 「原因がない結果はないんです」

サク: ええええええええ「ど、どうすればいいんでしょう」

ヤガミ: 「因果そのものは逆転しているだけで因果律は存在するんだな」

バルク: 「そうです」

バルク: 「貴方はいい魔術師になれます」

ヤガミ: 「俺は科学的なんだ」

芝村: ヤガミはサクを抱きしめた。

サク: 「(ううぅ)・・・私はこの子を生みたい」

サク: (抱きしめ返します

ヤガミ: 「お前、コイツの言う意味分かってるか?」

サク: 「わ     わかってる・・・・・」

芝村: ヤガミは半眼だ。

芝村: あ、信用してない。

芝村: (もっと非現実なのは信じてるのになんだこの人は)

サク: 「・・・わかってるよ。」(顔赤い

ヤガミ: 「つよがらんでも」

サク: 「さっきもいったけど。あなた以外に一緒になりたい人なんていない」

ヤガミ: 「そう言う意味じゃなくて、やつがいってるのは」

サク: 「----だから、わかってる」(ますます顔赤くして抱きつきます

ヤガミ: 「どんなこと?」

芝村: ヤガミは小声できいた。

芝村: バルクは姿を消した。

サク: (なーーーーー 言わせる気!?

サク: 「・・・ヤガミはいじわるだ」(首にしがみつきます

芝村: そろそろ時間切れだ。

サク: あうーーーーー

芝村: ヤガミはほら、見たことかと目をさまよわせた。

ヤガミ: 「わかったふりなんかするからだ」

ヤガミ: 「参ったな」

サク: ヤガミと顔あわせて、真っ直ぐ目を見て、キスします

サク: 「ヤガミは・・・嫌・・・?」

ヤガミ: 「なにが?」

サク: 「私と・・・一緒になること」

芝村: ヤガミは途方に暮れた。

芝村: 試練はまだ、長く続きそうだった。

/*/



「約束」
前回の試練で、迷宮へ出発する前日の約束。これが吹っ飛ぶってどれだけ…orz
ヤガミ: 「ああ。それも今度で終わりだ」 
ヤガミ: 「お前を守る。それだけにする」 

「ババロアを食べた日」
2回目・小笠原のこと。あれデートじゃなかっ…と思ったけどまぁ伏せておく。

「普通の水じゃなかった」
なんか複雑なことになってたらしい。


- / - / -