07/11/21 13:00~ 行われたAの魔方陣です。
可読性向上のため、誤字脱字の修正や発言順の入れ替え等を行っております。

※PWにて死亡しそうな自PCとお見合いヤガミを何とかするため、プレイヤー介入権を行使して行われたゲームです。
※プレイヤー介入権は本来エースのための権利ですが、エース以外のプレイヤーが行使した例もあり、今回は藩王死亡=藩国滅亡となる事情を鑑みて特に許可していただきました。また、このゲームを行う時間を確保するために海法よけ藩国藩王・海法紀光さんの予約枠を譲っていただいております。本当にありがとうございました。


◇◆◇登場人物◇◆◇
(クリックで説明が出ます。)




◇◆◇ログ開始◇◆◇


蝶子
芝村さん、こんにちわ。
海法さんに譲っていただいた枠でゲームをお願いに参りました。

芝村
わはは

蝶子
(Σ わ、笑われた・・・!

芝村
記事はいらないね。準備はいいかい?

蝶子
はい。よろしくお願いいたします。

芝村
OK2分まってね

蝶子
はい。


/*/


芝村
貴方は永遠に落ちているところだ。手を、繋いでいる

ヤガミ
「……生きているか」

蝶子
「生きてますよ。もちろん。」

ヤガミ
「もう少しでキスするところだった」

蝶子
「Σ」

ヤガミ
「冗談だ」

蝶子
「あ、あの。なんですかそれ。わ、私とキスするのやなんですか!」(赤面

ヤガミ
「寝ているときにされたいのか」

蝶子
「あう、うあ、あうー。」
「や、ヤガミなら。い、いいです。」
(真っ赤

芝村
ヤガミは貴方を見ている。

蝶子
赤面しつつはにかんで微笑みます。

芝村
ヤガミは目を逸らした

蝶子
Σ
「な、何で目をそらすんですか!」

ヤガミ
「いや。いざとなると、恥ずかしい」

蝶子
「う、うん。はい。わかります。」(照れまくっている

芝村
どうする?

蝶子
抱きつく、というか、顔を近づけてみます。思い切って。
「す、すごい恥ずかしいんですけど。あのう。そのう。」

芝村
ヤガミは唇を近づけた

蝶子
(あうあうあうあうあうあうあうあ

芝村
あ。下が明るくなった。

蝶子
Σ

芝村
地上に出た。
ヤガミ着地

蝶子
うわーんやっぱりかー!
じゃあ遅れて着地します・・・。

芝村
なにが(笑)

蝶子
いや、きっとしないうちに地上に出るんだろうと。思ってたので(涙

ヤガミ
「ほら」

芝村
ヤガミはジャケットを貴方にはおらせた

蝶子
「ありがとうございます。」
「ヤガミはジャケット無しで寒くないですか?大丈夫?」

ヤガミ
「腹はでてない」

蝶子
「そうですね・・・。私パジャマだし・・・。
ありがとうございます。お借りします。」
出たところの気温は何度くらいですか?

芝村
12度

蝶子
Σ寒い!

芝村
ビルの中だね。貴方は裸足だ。

蝶子
「建物の中ですね。せめてスリッパとかないかなー・・・。」
(キョロキョロあたりを確認してみます。他に人とかいないですか?

芝村
ヤガミは貴方をお姫様だっこした。

ヤガミ
「いくか」

蝶子
「Σ」
「は、はい。あの。えっと。・・・重くないですか。」(真っ赤

ヤガミ
「あんまり動くと、尻を触られるぞ」
「暗いな」

蝶子
「(尻って!うわー!)」
暗い、ということは夜でしょうか?

芝村
夜だね。
ヤガミが暖かい

蝶子
うーん。
思い切ってほっぺにちゅーします。

ヤガミ
「……」
ヤガミは少し顔が紅い。

蝶子
「ヤガミありがとうあったかいです。ごめんなさい。い、嫌だった?」

ヤガミ
「遊びにきたんじゃないんだぞ分かってるだろうな」

蝶子
「わかってます。わかってますとも!」(真っ赤
「だからこう、頑張ろうという勇気をもらおうとですね。」

芝村
ヤガミは顔の向きを変えた。
貴方を見た。
距離5cm

芝村
5

蝶子
ちかい!

芝村
4

蝶子
「あの。」

芝村
3

芝村
2

芝村
1

蝶子
「き、キスしていいですか?」

芝村
0

芝村
明かりがついた。

蝶子
Σ

芝村
お約束ありがとうございます(笑)

蝶子
わーん!わーん!

芝村
明かりがついたよ。
驚かれている。
口笛だ。

蝶子
周囲はどんな感じなんでしょうか。
驚いてるのは明かりをつけた人ですよね?

日向
「不法侵入してハレンチ行為か」

芝村
ここは事務所みたいだね

蝶子
「すすすすすすすすみません!」

日向
「まあ、侵入は完璧だったな。窓も壊れてない。今すぐ出て行くなら許してやる」

蝶子
「(や、ヤガミ、どうしましょうか。)」

ヤガミ
「俺は貴方のデータを貰いに来た」

日向
「は?」

蝶子
わあすとれーと

ヤガミ
「意味は、わからないでいい」

芝村
貴方のお腹にかぶされたジャケットに穴が開いた。
爆発。

蝶子
ぎゃー!
爆発の瞬間にヤガミから離れられないでしょうか。

芝村
日向は倒れた。
穴の開いたジャケットから煙が立っている。
撃ったのはヤガミだ

蝶子
「ヤガミ!な、なんで!」

ヤガミ
「気絶させただけだ」
「直ぐ戻る。5分もあれば採取は終わる」

蝶子
「び、びっくりしました。」

ヤガミ
「助ける奴を傷つけてどうする」

蝶子
「で、ですよね。ああびっくりした。」

芝村
日向の体が変化はじめている。

ヤガミ
「?」

蝶子
「?」
警戒します。

芝村
狼になった。巨大な狼だ。歯を見せて怒っている。
がるるるる
そして襲い掛かった。ヤガミを殺しにかかった。

蝶子
かばいます。
「だめー!」

芝村
難易度は3
成功要素を1、登録できる。
一時要素も出せるから合計で3成功要素を登録できるね。時間は2分
登録内容を私にいいます。成功要素の意味はわかりますか?

蝶子
はい。

芝村
2分でやろう
1342まで

蝶子
成功要素:恋心 を登録します。

芝村
提出は1343まで
はい。
一時要素は

蝶子
一時要素も提出だけでなく登録が必要ですか?

芝村
提出だけでいいよ
43までに出せばいい

蝶子
一時要素
【警戒していた】日向さんの変化を見て警戒していました。俊敏に反応できます。
【身軽】パジャマ姿ですのでかなりの軽装です。動きやすさ抜群なのでかばう動作を邪魔しません。
以上を提出します。
あと、
【恋心】好きな人の傷つくところなんて見たくありません!
これでお願いします。

芝村
恋心が通らなかった。残念
成功要素が1、足りませんが、どうしますか?

蝶子
だめか。。。
中間判定はどうなりますか?

芝村
中間判定で貴方は生き残る

蝶子
ヤガミは。
どうなりますか。

芝村
死。

蝶子
ダイスをお願いします。
ええと、2個まで振れるんですよね。それで、1d6で4か2d6で6以上で成功、で合ってますか?

芝村
はい。
どちらでもいいよ

蝶子
2d6でお願いします。

芝村
2d6といれればいいよ

蝶子
はい。いきます。
(みはだいすさま・・・!

蝶子
2d6

芝村 のアドイン "mihaDice" の発言:
[mihaDice] 蝶子 : 2d6 -> 1 + 5 = 6

蝶子
ぎゃー!

芝村
1が出たんで自動失敗だね。
ヤガミはあなたを突き出して、距離をとった・・・

蝶子
「ヤガミ!駄目!」
「日向さんお願い、やめてください!」

芝村
首筋をかまれている。
説得をするには難易度3だ。
新たに1個登録できる。
というか、もう死んでる気もする。

蝶子
いやー!
まだ諦めないです。まだ諦めない。

芝村
難易度は3です。
提出は1355まで

蝶子
成功要素【言葉遣いが丁寧】を登録します。

芝村
はい。

蝶子
【恋心】好きな人の命がかかっています。必死で説得します。
【言葉遣いが丁寧】粗野な印象は与えないはずです。心と礼を尽くして必死に説得します。
一時的成功要素
【今パジャマ】この寒空にパジャマ姿です。きっと何か事情があるとわかってくれるはず。
【涙】もうぼろ泣きです。涙ながらの訴えです。ほんとやめてくださいお願いします。
以上です。

芝村
全部通った。
日向は口を開いて離れた。
ヤガミは倒れた。

蝶子
「ヤガミ!い、生きてますか!生きてますか!」
泣きながら駆け寄ります。

芝村
首に大きな穴が開いてる。

蝶子
「日向さん、すみません。ほんとにすみません。でも攻撃やめてくれてありがとうございます・・・!」

芝村
配線まで見える。ばちばちいってる。
ああ。でもすぐ修復した。
ヤガミは目を覚ました。
起き上がった。

蝶子
「ヤガミ!い、生きてますか!大丈夫ですか!」

ヤガミ
「油断した。問題ない」

芝村
日向とヤガミはにらみ合っている。

蝶子
「よ、よかった・・・。よかった・・・。」
「ちょ、ちょ、待ってください!物騒なの無し!」

ヤガミ
「非礼は詫びる」

蝶子
「はい。本当に申し訳なかったです。」>日向さん

ヤガミ
「だが、事情はあまり話せない」


/*/


芝村
はい。1時間目終了です

蝶子
はい。ありがとうございます。

芝村
準備しててね

蝶子
はい。