■■■小笠原ログ 20071114 1時間目 (参加者 サク)■■■


◆人物紹介
サク
レンジャー連邦所属の舞踏子。普段はうっかりかつおっとり・どこにでもいそうな大人しい人物だが、ヤガミが絡むと恐ろしい勢いでぐるぐるを開始する。今回は「ヤガミが旅に出るのを止める」という試練に挑戦。
ソウイチロー・ヤガミ
前回小笠原ゲームにて旅に出ようとしたが、サクが駄々をこねた為しばらく延期。ところが何故か第三回迷宮競技会にてシン・バロと共に登場。あえなく死亡してしまう。その後蘇生措置を受け一命を取り留める。

◆本編

サク: 芝村さんこんにちは。
12時から予約させていただいた、小笠原ゲームに参りました。

芝村: 記事をどうぞ

サク:
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=199&reno=181&oya=181&mode=msgview

よろしくお願いします。

【予約者の名前】0600161:サク:レンジャー連邦
【実施予定日時】2007/11/14 12:00~14:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間)×2:20マイル
【召喚ACE】
 ・サクヤガミ:非滞在:10マイル
【合計消費マイル】計30マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・0600161:サク:レンジャー連邦:入学済:30マイル

サク: こちらです、よろしくお願いします。

芝村: はい。

芝村: イベントは試練だけどいいかい?

サク: はい。試練をお願いします。

芝村: OK

芝村: 2分ほどお待ちください


/*/

芝村: ヤガミは貴方に別れの手紙を出してきました。

芝村: どうする?

サク: ヤガミを探します。会いに行きます。

サク: (いきなりなにーなんなんだー!!

芝村: 手がかりがない。

サク: ・・・小笠原には戻ってたんですよね。手紙の消印とかは?

サク: それに手紙の内容は?

芝村: 手紙の消印はない。

サク: 消し印ないなら直接ポストに入れた?

ヤガミ:
「気持ちよく送り出してくれるとのこと、ありがとう。いってきます。
 1年たってもどらなかったら1年喪服を着て、それからは自由に生きてください」

サク: まだ近くにいませんか。って何言ってんだーーーー!!!!

芝村: 近くにはいなさそうだね。

サク: ふざけるなーーーー!!!!携帯もって探しに行きます、公園とか!!!

芝村: 公園に来ました。立ち入り禁止だ。

サク: 中には人いませんか。(夜明けの船に連絡とれるかしら

芝村: いなさそうだね

サク: えー他には。。。。病院には搬送されなかったのですか?

芝村: 誰が?

サク: ヤガミ。迷宮で一旦蘇生措置をとったあと、入院はしなかったのですか?

芝村: ええ。

サク: 他には・・・天文台は。

芝村: 行ってみるかい?

サク: 走って行って見ます。

芝村: いつかキスした場所に、ヤガミがいた。

サク: 「うわああみつけたーーーーー!!!!」(抱きついて捕まえます!!!!

サク: 「何あの手紙!!!!誰が気持ちよく送り出すだってーーー!!!???」

ヤガミ: 「?」

ヤガミ: 「何の話だ。そもそも今日逢うにはまだ時間が早い……」

ヤガミ: 「?」

サク: な、なにこの反応。「へ??あれ、だって手紙が・・・あれ」

サク: えーと。ダマサレタ?騙されましたか私!!!!!

芝村: ヤガミは不審そうな顔だ

ヤガミ: 「誰に」

サク: 「ヤガミから別れの手紙がきてて・・・え、え、まさか宰相・・??」

ヤガミ: 「俺から別れ?」

ヤガミ: 「知恵者でも中々そういう悪趣味な事はしないぞ」

サク: 「じゃあ、手紙を出したのはヤガミじゃないの?」えーと手紙を渡してみます

芝村: ヤガミはじーと見た。

ヤガミ: 「俺の字だ」

芝村: 貴方はヤガミを殴ってもいい

サク: 殴る前に確認。「じゃあこれを書いたのはヤガミですか」

ヤガミ: 「まあまて、俺の字だが俺は書いてないぞ。そもそもあと3日はここに…」

芝村: 5

芝村: 4

芝村: 3

芝村: 2

サク: 「あと3日?」

芝村: 1

ヤガミ: 「なんでもない」

サク: 「だめ!行かないで!!」

ヤガミ: 「いや、今度は大丈夫だ。作戦がある」

サク: 「もう置いてきぼりは嫌です」

ヤガミ: 「……直ぐ戻る」

サク: 「そんなに・・・私を傍に置くのは嫌・・・?」

ヤガミ: 「どうしたんだ。縛るのは嫌だとかいってなかったか?」

芝村: ヤガミは微笑んだ。貴方をだきしめた。

サク: 「ヤガミがやりたいことあるのはわかっている。でも」

ヤガミ: 「うん」

サク: 「・・・・ヤガミが傍に居てくれない方が辛い。辛いよ。」

サク: 「自分でも駄目だって思うのに。理性ではそう思うのに、やっぱり。好きな人の傍にいたい」(泣きそう

ヤガミ: 「じゃあ、なるべく早く戻る」

サク: (ぎゅっと抱きしめ返します)「・・・一瞬だって離れたくない」

ヤガミ: 「困った奴だ」

芝村: ヤガミはでも、嬉しそうだ。

ヤガミ: 「分かった、じゃあ、今度だけだ」

ヤガミ: 「これが終わったら、俺は引退する。それでいいか?」

サク: ヤガミの顔を見つめます。

芝村: ヤガミはいつになく優しく見てる。

芝村: どうもさっきの手紙で貴方が不安になってると思ってるようだ。

サク: なんか、これで納得すると思ってんのかー・・・!!

サク: 「迷宮で、ヤガミが誰かを守って、誰かの為に、戦っているのを見て。」

サク: 「やっぱりヤガミはヤガミだなぁって思ったよ。私の知ってるヤガミはいつもそうだったから。誰かの為に戦っていたから。」

ヤガミ: 「ああ。それも今度で終わりだ」

ヤガミ: 「お前を守る。それだけにする」

サク: 「・・・・あのとき、死にかけたね。今度も同じことが起こらないとは限らない。」

ヤガミ: 「頑固だな」

芝村: ヤガミは貴方の頬にキスした。

サク: (うううううー負けるかー)

サク: 「が、頑固だってわかってる!けど、なぜあの場に居るのが自分じゃなかったんだろうって、何故傍にいられなかったんだろうって。ずっと後悔してた・・・!!!」

ヤガミ: 「……」

ヤガミ: 「分かった、分かった」

ヤガミ: 「一緒に行くか?」

サク: 「置いていかれるくらいならついていく・・・!!」

芝村: ヤガミは微笑んだ。

ヤガミ: 「分かった」

サク: またヤガミを見つめます。んーと、困ってます・・・?

芝村: 少し、困ってる

サク: そうかー・・・でも

ヤガミ: 「……」

サク: 「・・我が侭ばかりでごめん。でも。譲れない。」

サク: 「あなたの一番近くにいさせて」

ヤガミ: 「分かった」

ヤガミ: 「一緒にいこう」

サク: 「・・・うん。」

サク: やっと笑顔が戻ってきた気がします。

ヤガミ: 「参ったな。作戦を考え直さないといけない」

ヤガミ: 「蒼穹号を使うつもりだったが、トモエリバーにでもするか」

サク: 「(うっいきなり足手まとい)な、なんでそんなに迷宮に潜りたいの??」

ヤガミ: 「ケースによるが、今度は中々な」

サク: (トモエリバーって え?空中戦・・・??

ヤガミ: 「ポチ王女がいるらしくてな。良く分らんが、俺でないと説得できんらしい」

サク: 「作戦ということは。他にも部隊がいるんですかー単独で動いてたんじゃなかったんだ」

サク: 「Σ ぽ、ポチ王女」

ヤガミ: 「ああ。まあ、フェイクも中々の機体だ」

サク: わわわーーーや、やっぱり「もしかしてヤガミが動いてるのって・・宰相からの指令か何かで?」

ヤガミ: 「いや、古いこ・・知り合いからの願いだが」

サク: 「・・・ヤガミ」(また見つめてみます。こ って。

ヤガミ: 「?」

サク: 「・・・・ポチ王女を説得するのは。それはヤガミにしかできないことなんだね。」

ヤガミ: 「多分な。あれがいうなら、きっとそうだ」

芝村: ヤガミは嬉しそうに言った。

サク: ほっぺたつねります。むにー

ヤガミ: 「まだ、なにか不満が?」

サク: 「・・・なんでもない」(手を離します

ヤガミ: 「変な奴だ」

ヤガミ: 「明日出る。いいな」

サク: 「うん。」

/*/

芝村: はい。1時間目終了です

サク: はい・・・

サク: なんだーこの展開・・・しかも結局止められてない・・・!!

サク: う、うーーーーーーー 私失敗しました・・・・??

芝村: どうかな。ケケケ

サク: うわーーわーーー!!!!   しかもあの手紙!!なんで手紙が!!!???

芝村: 2時間目はじめようか

サク: ううう。お願いします。。。。



- / - / -