※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レンジャー連邦と民族衣装


レンジャー連邦と民族衣装

砂漠の国レンジャー連邦は、砂漠の国にしては服装の露出度が高い。
レンジャー連邦の風習に、未婚の男女はその腹部を露出するというのがあるためだ。
これは昔、平均寿命が短かった時代、自分の一族へ婿・嫁に来るものには健康な若者が好まれる傾向があった。そして自らが健康であることをアピールするため、体を鍛えたり肌を露出させる若者が増えてきたことが発端といわれている。
しかし、もともとが砂漠地帯が多い気候なので、まんま露出していたのでは日焼けで皮膚がただれてしまう。かといって体を覆ってしまっては、自らが健康体であることのアピールができなくなってしまう。
このジレンマに対し、各時代のファッションリーダーたちが試行錯誤の結果、今日では頭から腰まで覆うマントを着用し、上半身は肌にフィットする素材で作られた短衣を纏い、腕部と腹部を露出することで自らをアピールするというスタイルにまとまったのだ。
余談だが、マントで上半身が隠れることは避けられないため、シースルーの素材を用いたマントが作られるようになり、これは特に若者に人気である。

また、言い伝えによれば愛とは腹部に宿るものであり、未婚のうちはその愛を人々に惜しみなく与えるために腹部を露出し、愛する伴侶を得たときにはその愛を外に漏らさぬよう、露出度の低い服を着用するといわれている。
真偽のほどは定かではないが、なるほど言い得て妙である。

実際に露出させるに当たり、体型を気にする方もいるのではないかと思われがちだが、レンジャー連邦ではそういったことには無頓着である。
体型云々の前に、本人が元気であることが優先で求められていること、また生活習慣上若者はあちこちの街を移動する必要があり、またよく働くので、みな程よく筋肉がついているのだ。
ちなみに筆者はよその国から仕官したクチで、任官当時はいささか体型に難儀しており、現在の体型にするまでに相当苦労した苦い経験を持つ。
また、観光客相手に民族衣装で写真を撮るサービスも流行っているが、体型を気にされている方は、体型申告用紙の婚姻欄に注意してほしい。
うっかり独身と書くと、かなり露出度の高い衣装を持ってこられてしまうこと請け合いだ。
ちなみに、そういう場合は事前に相談しておけば対応してもらえるので御安心いただきたい。

  • レンジャー連邦観光ガイド 民族衣装の項より抜粋-
(文責:楠瀬藍)