NHK


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NHKの偏向報道等についてのまとめのページです。
いつどんな偏向があったかといった情報を皆で共有しましょう。
詳しい人の加筆・訂正を求めます。

※ 注意
ここは情報のまとめページです。実際にメールを送った方は、NHK(日本放送協会)に転載しましょう。

通常

ニュース7

放送日時:平日 19:00~19:30

放送日時: ■2006//07/31 19:00-19:30 ※ 文の切れ目で区切り空白は除去しています。
積水ハウス社員である在日韓国人が顧客に対して名誉毀損を理由に裁判を起こしたという報道について
1:原告である在日韓国人の情報だけで報道し、背景をまったく伝えていない偏向報道であったこと
2:特定の団体が公共放送を悪用して個人(この場合は積水ハウスの顧客)に圧力を加えたこと
3:特定の団体からの要請に応じて、ニュースに取り上げ、特定の団体に都合の良いように報道させる職員がいたこと
ニュースの内容
社員の名刺に韓国名(徐**)が書いてあり、それを見た顧客が人名の読みが日本式でないことを指摘したことなどが、韓国人にとって侮辱的であったので2006/7/31に告訴したという内容でした。
その社員が実際に名刺を見せて解説するビデオ付きでした。被告は出ていませんでした。
報道前の背景
被告は、マンションの改修を積水ハウスに勧められて工事を行った。
それでも問題点は改善せず、積水ハウスから再度の修理を勧められていたが、高額な見積もりであり、最初の工事に納得のいかない被告は、工事代金を払わず、事情の説明を求めていた。

最終更新日: ■2009//03/16
主編集者:net-uyoku

特番

総理に聞く

放送日時:突発 2009//03/15 15:05-

放送日時: ■2009//03/15 15:05- ※ 文の切れ目で区切り空白は除去しています。
NHK「総理にきく」について、NHKの視聴者コールセンター(0570-066-066)に対して電凸しました。
電凸の内容としては、「何故、一国の総理大臣のインタビュアーとしてテリー伊藤の如き、芸能人(芸人)を起用したのか?」をメインとしました。
NHKコールセンタースタッフの回答(参考回答が既に配布されているようです)としては、
  • 各民放の色々な番組に出演されており、知名度が高い
  • 一般的な視聴者が関心を持っている様々な問題についてコメントをされている
という二点から起用されたとの事でした。
(対応して下さったのは女性の方、非常に丁寧で好感が持てました)
その後、起用の経緯について質問を重ねたところ、責任者の方に回されました。
コールセンター責任者:S氏(男性)
(良くも悪くも対応のベテランという感じ、「個人的な意見」で煙に巻こうとする癖がある?)
  • 起用の理由は上記の通り、但しS氏個人の意見としては「何故テリー氏?」とも思った
  • 「総理にきく」はNHKだけではなく民放も含め、各局持ち回りで放映している番組である
(故に、民放で人気のタレントを使うのも無理は無い)
  • 選んだのは日曜討論等、NHK政治番組を作成する複数のプロデューサーで話し合って決めた(と、思われる)
  • 特定のプロデューサーが決めたわけではない(NHK全体の問題?)
  • 選定者には解説委員の神志名氏も含まれている
  • インタビュアーについては、総理側にも了承を得ている
 (総理側からテリーの選定について意見があったとも言っていましたが、本当に?と突っ込みを入れたら慌てて否定しました)
  • テリーがフジテレビ等の発言で問題を起こしている事は理解している
  • 「何故、テリー?」という反対意見も貰っているが、賛成意見もある(但し、双方の回答数・問い合わせ数については回答無し)
要はテリー伊藤をインタビュアーとして起用した理由は、
「民放に出ていて知名度があるから」
「一般庶民の代表として、専門家以外からもインタビュアーを起用すべき」
の二点だけのようです。
もうね、NHKのプロデューサーに「報道の不偏不党」だの「政治的な公平性」に対する感覚が完璧に欠如している事はよく判りました。
政治番組のプロデューサーがその程度の感覚で番組作ってるなら、そらNHKが偏向するのも当然ですよ。
あの電波芸者のこれまでの発言のどの辺りが「一般庶民の代表」なのかと問い詰めたい、小一時間は膝詰めで問い詰めたい。
もう芯から腐ってる。
とりあえず御報告まで。

最終更新日時: ■2009//03/15
主編集者:(ハンドルネームで結構です。)


18日nhkニュース9 春闘のイメージ報道に抗議する。
「ある企業でベア要求を断念したが定昇要求も拒否された」と言う内容。何ら統計的数量の報道も無く、毎年同じような交渉が行われており 他企業も同じような状況。視聴者に必要以上に不況の深刻さを印象付けるだけの内容は イメージ報道であり改善すべきである。

と言う内容。トップでWBCの解説をし、政治経済は影を潜めている。
毎日通る道の近くにあるクマザワ書店に寄った所 20日発行(予定?)の「繁栄する日本」が入り口近くに有り、即購入しました。まだ約1割30ページですが最高です。最も知りたかった内容が書いてあり 先が楽しみです。景気対策関係者は読んで欲しい。


最終更新: 2009/03/20 Fri 03:31

合計 -
今日 -
昨日 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。