※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トリックルームパーティ(以下TR)


素早く高火力なポケモンを詰め込んだパーティに強く、裏リーグでも第7回から使用者が急増
第8回ではついに優勝者が出た。
普通に使っても4ターンしか猶予が無く、ほとんどのポケモンが守るを覚えているので
かわされてしまうこともしばしば
足の遅いアタッカーが物理に偏っているために威嚇を食らうと決定力が大きく下がる
また、初手大爆発や挑発、猫騙しによりTRを止められることが多く、長い間ネタパとされてきたが、
後に07と08日米交流戦の4つ全てのカテゴリで優勝するというとんでもない実力を持つことが判明し、
GSでもグラードンやカイオーガに鉄球を持たせたトリパが猛威を振るった
今ではコンボパの筆頭で、対策必須のパーティーとなっており、使用者も少なくない
使う場合はトリパなのだから1ターン目にTR使わないと…という固定観念に囚われず、柔軟な発想で使っていこう
特に一見してそれと分からないほどのパーティになると、相手も先発に挑発持ちを入れるか悩むはず

余談だが、寝言トリルを使った場合、使った時点で素早さは逆転する模様

先発両方にトリルもちを使ったり、ねこだましやこのゆびとまれでのサポートが考えられ、
さらにトリル中、相手のまもるターンのスキを利用したパーティーも登場
先の通りその後ポケモンリーグ07や日米交流戦などでトリックルームパーティーが優勝を続け、
WCS09でも国内準優勝を遂げるほどのパーティーが登場することになった
その強さゆえに、トリパ対策のみでトリックルームを入れるということが行われるほどである

また、この技の存在のため、ダブルではネタパや進化前すらも
メジャーや伝説を平然と倒す様がみられる。
さらに、07のポケモンリーグ決勝以降は
決して適当に組まれたわけではない「半端なレベルのポケモン」までもが大会で見られるようになった
この技がダブルバトルの環境に与えた影響は計り知れない

4ターンを上手く使うために
・決定力をとにかくあげる
常套手段。眼鏡噴火潮吹き、拘り諸刃、いばキーなど
・封印で守るを防ぐ
出来るポケが少ないが結構有効。見切り持ちに注意
・相手の守るを読んで何か
積み技、身代わり、いばるなど
特に身代わりをうまく挟むことが出来るとTRの効果終了後も勝負を有利に運ぶことが出来る。




TR発動要員

弱点が少なく素早さは遅く耐久が高い
大爆発やその他有用な補助技を覚え、発動要員としては申し分ない
また攻撃も決して低くはないので、サブのアタッカーとしても使える
二つの特性はどちらも有用だが、味方がじしんを使わない場合はたいねつの方がお勧め
逆にいばキー、いばしんぴ地震主体の場合はふゆうでないとダメ
大爆発、猫騙しが無効なので挑発持ちが相手にいなければこの指止まれ無しでもいい。
TR発動後は地震・3色パンチなどで攻撃に回るか、封印で相手の守るを防ぐことが出来る
Lv50フリー対戦ではインファイトが使えない悲劇の長ネギだったが
HGSSでけたぐりを習得して帰ってきた
補助技の豊富さと特防の高さが売りで、先制技も持っている
TR発動要員では屈指の火力を持つ
とにかく堅い
特攻は低いものの、広い範囲で弱点を突ける冷凍ビームを覚えるのは嬉しい
ふゆうなのでいばキーじしんを存分に使える
耐久が安定しているのでトリックルームを安全に返す側としても使われる
火力は高い反面、弱点がこれでもかと多く耐久は期待できない。
気合のタスキが必須と言える。
いずれも耐久は低いが、意表を突くことが出来る。
猫騙しが無効であり、挑発も飛んでくることはそうそうないだろう。
素早さ種族値を考えると、サブの発動要員とするのが無難だろうか。
一見すると、ヨノワールの劣化のように見えるが、
特性不眠で、挑発と封印以外には確実に妨害されないというのがかなり大きい。
このゆびとまれ要員といっしょに出せば、挑発でも防げなくなる。
トリックルーム+封印には注意。
ヨノワールと比べるととても打たれ弱くなるので、タスキ必須か。
霰パの場合は、相性的にこの2匹が発動することが多い
多彩な攻撃技をつかえ、相手の霰パキラーの弱点をついたり、自身がふぶきを使ったりする
さりげなくマイペースなのでいばペースを使ったり、太鼓暗示もできたりする

TRサポート要員

味方のサポートが無ければ挑発で乙るため特に見せ合いならほぼ必須
低ステータスだが可能性は無限大。ポケモンリーグ07の全国チャンプ兼世界チャンプのまさに切り札
唯一ねこだましとこのゆびとまれを両立できるポケモン
猫だましでTR発動を補助してからそのまま殴れる
チャーレムはポケモンリーグ07の小学生以下リーグチャンプのサポート要因で決勝で大活躍した
根性タイプ一致のインファイトや、ヨガパワー補正のけたぐりは極めて強力
ハリテヤマは素の耐久は高いが、火炎珠・毒々珠で毎ターンHPを削られる上に、さらにインファイトを使うと一気に下がるので注意
対ゴーストを捨て、エスパーにも安定したダメージを与えるため空元気を使うタイプもたまにいる
素早さが気になるがそのまま殴れ、十分な堅さも持つ
アンコールや神速など技も多彩でTR発動していなければミカルゲとかにエアスラを打てる
特攻が高いので、アタッカーを兼ねることも出来る
技の威力の関係で火力がないのが残念
貴重なこの指要員であり、キッスとは違い弱点が格闘のみ
また毒々珠や火炎珠を持つと催眠術や鬼火も安全に受けることが出来る
命の珠やどくどく空元気で決定力を引き出すことも可能
特性「きもったま」により封印ヨノワールにも猫だましを打つことが可能
低レベルでがむしゃらを使うことも可能
早いのだが、サポートに徹するなら十分
早さを利用し、相手の挑発もちに先制で猫騙しや挑発をしたり、
先手を取って倒したりできる
また、相手がルーム対策としていれる可能性の高いカビゴンメタグロスに対して一方的に強いので
ルームをあえて行わないというのも手

物理アタッカー

威嚇が辛いが純粋な決定力が強い物理アタッカー達
PTに2匹くらいは組み込むことになるだろうか
ガラガラ以外はいばるで強化することが可能
威嚇を受けず、TR無しで使っても超優秀
もはや説明不要である
高い攻撃力と最鈍クラスの素早さと最高クラスの特殊耐久があり、TR無しで使っても超優秀
タイプ一致の自爆で場を打開することも出来る
太鼓暗示のコンボに適している
レベルをあえて49に下げる人までいる
最強のだいばくはつが有名だが、いばペースによる火力増強も強力
いばキーと違いいくらでも連発ができる上に、道具の制約を受けない
ただし、元の攻撃が不安なので、いのちのたまなどで底上げするのもいい
じしんといわなだれという相性のいい全体攻撃を使いこなす。全ポケモン中2番目の威力のいわなだれ使い
メガホーンやアームハンマーも覚える
ハードロックならメタグロスのコメットパンチすら余裕で耐え、避雷針でキッスなどを守ることが出来、結構堅い
タイプ的には弱点をつかれまくるのだが、先制一撃で倒してしまえば何の問題もない
特にダブルで使用率の高いカビゴンとメタグロスに有利なのが大きい
とくぼうはわずか55だが、HPとともに大量に振ればラティオスのりゅうせいぐんでも耐えることが可能
いくら全体攻撃が強力とはいえ、威力減退のため一撃で落とすことは厳しいので、いばキー、いば神秘のサポートも多い

ちなみに攻撃特化し、一度いばれば振らないラティオス、ルンパッパをいわなだれを乱数だが一撃で落とす威力になる
ドサイドンより弱点が少なく、地面単体攻撃技の骨ブーメランが魅力
アイテムが固定になるので、鬼火や威嚇や催眠には注意しよう
また、いくら攻撃が高かろうといわなだれはタイプ不一致で若干威力に欠ける
技の威力が低いため決定力は微妙だが安定した耐久で普通に使う事もでき、タイプ一致の先制技が優秀。
プラチナではじめて冷凍パンチと先制技の両立が実現した。
もろはのずつきを使える。決定力は申し分ないが微妙な素早さと命中率が不安
ラムパルドは全ポケモン最強のいわなだれ使いで、いばるを受ければラティオスを一撃で仕留める
ポケモンリーグ07小学生以下リーグの決勝にて、
ラムパルドがいわなだれでラティオスを一撃で落とし、サンダーを瀕死寸前に追い込む様は圧巻
攻撃種族値130。根性持ちでさらに根性&タイプ一致&状態異常で2倍込みで威力315に跳ね上がったからげんきが使える。
その反面、普通にトリックルーム要員がだいばくはつで退場しても、
火炎玉or毒々玉を発動させるのに1ターンかかるので、ドータクンなどと相性はあまりよくない
だが、二連だいばくはつなどで、こいつを出した後にまもる大爆発を決められればスキがない
TR発動と同時にパワートリックを決められればしめたもの。
デオキシスもびっくりする火力に種族値5の鈍足からのストーンエッジor地震
ただドサイドンで舞ったほうが攻撃力は高い上に、
メタグロスのバレットパンチで何もできず即死するため、ネタの域は出ないが決まれば爽快

特殊アタッカー

威嚇が効かない特殊アタッカー達。
やっぱり候補が少ない。
相手にカビゴンがいると簡単に止まってしまうので、よく注意しよう。
噴火、潮吹きを先制で使われると相手にとってはかなり辛い。
アイテムや手助け等でサポートするとなおいいだろう。
また、いずれも爆発する事が出来て耐久もそこそこ。
ちなみにコータスは特性のおかげで威嚇を受けずに爆発することができる。
実質特攻276、素早さは優秀。
だくりゅう習得によりトンでもない火力の全体攻撃が可能に
しかしめざパがほぼ必須でハイドロを覚えず、TRを使うと確実にばれることになる。
特攻125からのリーフストームとサイコキネシスが強力。状況次第では爆発もできる。
また自身もトリックルームを覚えるので効果が切れた場合のかけ直しも可能。
ただし素早さが微妙なうえ弱点が多すぎる。
特性がようりょくそなので晴れさせてのソーラービームは難しい。
すばやさが55とやや高めだが、特攻115から繰り出されるだくりゅう、ハイドロポンプの威力はかなりのもの
砂トリパに組み込めばタスキ自動破壊+特防1.5倍の恩恵も受けられる
だが岩タイプの特殊技はめざパか原始の力を使うしかなく、サブウエポンの威力がやや乏しい
特攻130から繰り出される10万ボルトやラスターカノンは強力
トリパに組み込むことで普段使用しづらいでんじふゆうも活かせる
全体攻撃のほうでんは、トリパとの相性が悪い
オートタスキ破壊を行いつつ、強力な全体攻撃が使える
WCS2009の国内準優勝者が使用。とにかくふぶき連打していればメタグロスさえもHPがガリガリ削られていく
それでもカビゴン、メタグロスは辛いので格闘をパーティーに組み込むのがよい

攻撃・特攻105。だが物理技はまず使わない
非常に多彩なタイプの技を覚えるため相手の弱点を狙っていける
ただし攻撃力は上の下といった程度しかなく、ハイドロポンプを覚えないため、
火力不足だったのだがHGSSでしおふきを習得。先制しおふき連発は脅威
急所に当たろうものなら半減ですら一撃で倒されてしまう

TR対策

現在かなりの使用率を誇っており対策はほぼ必須
しかしクロバットやゴウカザル、カビゴンなどのメジャーポケでなんとかしよう。
しかし、この指トリルは封印以外では止められない。
吹雪で凍ったりすれば別だが。
  • 挑発
優先度-7なので挑発が決まれば終了
相手が猫だましを使ってくるときはこちらも猫だましを使うかクロバットやゲンガー、ミカルゲ等で挑発を
  • 猫騙し
TR発動要員や相手の猫騙しを止め、その間に攻撃なりなんなり。
ただしこの指に対しては無力なので、キッスやピクシーが入っていたら対策にならない。
  • 封印
挑発と似たような働きをするが、この指や守る・身代わり貫通で効果があるので、使い方によっては非常に強力。
発動要員を2体出してきた場合などでも安定して止められる。
ただし挑発と猫騙しに弱い、封印とTRで技が2つ埋まる、使用者が限られる、
挑発と違って使用者が引っ込むと効果が消えるなど欠点も多い。
  • だいばくはつ
ルーム要因を一撃で吹き飛ばしてしまえば勿論不発
その発動要因はエルレイドなど一部をのぞけばほぼ間違いなく耐久振りでとても硬いため、耐えることも多いが
こだわり大爆発まで行けば、半減のドータクンやクレセリアすら撃沈可能
ただしヨノワールはみやぶるでもしない限りどうがんばっても不発です
  • トリックルーム
TRと天候技の最も大きな差は、同じ技で無効化できるかにある。
1ターン目にTR発動要員とこの指キッスを出すようなガチガチの構成にはカウンターで決まりやすい。
相手の猫騙しを無効化するゴーストタイプか精神力持ち、耐久が圧倒的なクレセリアが適任。
TRがあまりにも強いために貴重な技スペースを削ってまでしてトリックルームを覚えさせるプレイヤーも少なくない。
  • まもる連発
最終手段。所詮は4ターンなので相手の決定力が低いパーティーなら実際にこれだけで何とかなってしまう
もっともいばキーや太鼓暗示のトリパだった場合はかえって自分の首を絞めることになってしまうこともある
  • ダークホール
この指とまれを貫通してトリックルームを止められる。ただしラムの実の確率が高いため、不発に終わることも多いが
相手のサポート役を置物にするだけでも十分な効果がある

パーティ例

ドータクン
  • 性格:のんき
  • 努力値:HP252 防御252
  • もちもの:たべのこし
  • 技:トリックルーム さいみんじゅつ ふういん まもる
トゲキッス
  • 性格:ずぶとい
  • 努力値:HP252 防御204 特防52
  • もちもの:ラムのみ
  • 技:エアスラッシュ このゆびとまれ てだすけ まもる
ガラガラ
  • 性格:ゆうかん
  • 努力値:HP252 攻撃252 特防4
  • もちもの:ふといホネ
  • 技:ホネブーメラン ストーンエッジ みがわり まもる
カビゴン
  • 性格:ゆうかん
  • 努力値:HP252 防御140 攻撃116
  • もちもの:オボンのみ
  • 技:はらだいこ おんがえし じしん かみくだく
ラティオス
  • 性格:おくびょう
  • 努力値:特攻252 素早さ252
  • もちもの:タンガのみ
  • 技:りゅうせいぐん サイコキネシス みがわり まもる
ゴウカザル
  • 性格:せっかち
  • 努力値:素早さ252 特攻36 攻撃220
  • もちもの:きあいのタスキ
  • 技:インファイト オーバーヒート ねこだまし まもる 

補足
トゲキッスのこの指でトリックルームを安全に始動させる。
決定力を出したいので思い切ってカビゴンは腹太鼓を狙ってみる。
ドータクンで催眠術、守る封印、トゲキッスのこの指でサポートして決めさせてやるとよい。
遅い物理ポケばかりではTRが切れたときに不安なのでラティオス、ゴウカザルを組み込む。
努力値の調整についてはトゲキッスはサンダースの珠10万耐え。
カビゴンはグロスのコメパン二発耐え、ゴウカザルはオバヒでグロス一確調整。

参考PT

ヨノワール(プレッシャー) トリックルーム かげうち れいとうパンチ きあいパンチ @ラムのみ
ハリテヤマ(こんじょう)  ねこだまし インファイト いわなだれ からげんき    @かえんだま
トゲキッス(てんのめぐみ) このゆびとまれ エアスラッシュ はどうだん だいもんじ @オボンのみ
アーマルド(カブトアーマー)いわなだれ シザークロス じしん つるぎのまい     @せんせいのツメ
パールル (シェルアーマー)まもる なみのり れいとうビーム めざめるパワー    @しんかいのキバ
パラセクト(かんそうはだ) シザークロス タネばくだん キノコのほうし つるぎのまい@きあいのタスキ

補足
バトレボで見せ合いだとTRだとばればれ。でも何とかするしかない
とりあえずヨノワールとハリテヤマorトゲキッスを先発で出し、ねこだましかこの指でトリックルームをサポートし
次のターンから殴る。ハリテヤマの火炎球も発動するためウマー
あえてエッジを使わずに岩雪崩を使っているのは俺の趣味。パールルは妥協してめざパでは無く身代わりを使用している
主に状態異常読み。あと相手が守る等で時間稼ぎしそうな場合は積む
あとは乾燥肌+波乗りを使おう
ヨノワがやられてTR切れたらほぼおわり
あとはアーマルドの先制の爪発動に賭けるしかない 


  1. ***その他
  2. TR発動中にもう一度TRを使われると、通常の状態に戻る。