百猫一首覚え書き

2009年03月22日 (日) 01時25分53秒
目次


1~10


  1. 1 秋の田の~
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ (天智天皇)

2 春すぎて~


暑すぎて 夏来にけらし 白黒の 衣脱ぎつつ 猫は痩身に

+  ≪通訳≫


春すぎて~夏来にけらし白妙の衣は長きまろの抜け毛よ 2008-05-22 20:52:54
+  ≪通訳≫

 春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 (持統天皇)

  1. 3 あしびきの~

 あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む(柿本人麻呂)

  1. 4 田子の浦に~

 田子の浦に 打ち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ(山部赤人)

  1. 5 奥山に~

 奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき(猿丸太夫)

  1. 6 かささぎの~

 かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きをみれば 夜ぞ更けにける(中納言家持)

  1. 7 天の原~

 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも(安部仲麿)

  1. 8 我が庵は~

 我が庵は 都の辰巳 しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり(喜撰法師)

  1. 9 花の色は~

 花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせしまに(小野小町)

11~20




21~30




31~40

40 偲れど~

忍ぶれど 仕事じゃまする猫たちは 腹時計すすむ秋の夕暮れ 2007-09-13 19:46:44
+  ≪通訳≫

偲れど しっぽに出にけり猫心 大きくふってるパンチ前だな - 2008-03-21 23:30:46
+  ≪通訳≫

偲れど 色に出にけり我が恋は ものや思ふと人の問うまで(平兼盛)



41~50


50 君がため~

君がため 今日も縁側 パトロール メダカは元気に 泳いでいるよ

+  ≪通訳≫


 君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな(藤原義孝)



51~60


52 明けぬれば~


明けぬれば 来るものとはも 知りながら なほ恨めしき 猫の目覚まし

+  ≪通訳≫


 明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな (藤原道信朝臣)

64 朝ぼらけ~


朝ぼらけ 小鳥の声に 飛び起きて 寝ぼけまなこで にゃにゃと 鳴くかも

+  ≪通訳≫

 朝ぼらけ 宇治の川霧 絶え絶えに 現れ渡る 瀬々の網代木(権中納言定頼)

61~70




71~80


80 長からむ~


ゴロゴロと 心も知らず ひざの上 二匹三匹 うたた寝の猫

+  ≪通訳≫

 長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れてけさは ものをこそ思へ(待賢門院堀河)



81~90




91~100







百人一首検索


ブログ

2017年08月22日(火) 2017年08月21日(月) 2017年08月20日(日) 2017年08月19日(土) 2017年08月18日(金) 2017年08月17日(木) 2017年08月16日(水) 2017年08月15日(火) 2017年08月14日(月) 2017年08月13日(日) 2017年08月12日(土)



クチコミ




タグ

#technorati

News





©2007 nekosen colored_pencil_art hal