高位東国人+犬妖精+バトルメード+侍女

巫女部隊撫子組 (アイドレス名)

ゲームデータ

評価=体格1,筋力1,耐久力-1,外見4,敏捷2,器用3,感覚7,知識-1,幸運3

L:高位東国人={
 t:名称=高位東国人(人)
 t:要点=東洋風の服装,東洋風の人材,黒い髪,頭環
 t:周辺環境=和風の王宮
 t:評価=体格1,筋力1,耐久力0,外見0,敏捷2,器用2,感覚2,知識0,幸運0
 t:特殊={
  *高位東国人の人カテゴリ = 高位人アイドレスとして扱う。
  *高位東国人は根源力25000以下は着用できない。
  *高位東国人は一般行為判定を伴うイベントに出るたびに食料1万tを消費する。
 }
 →次のアイドレス:・鍛治師(職業)・侍(職業)・式神使い(職業)・藩王(職業4)

L:犬妖精={
 t:名称=犬妖精(職業)
 t:要点=犬耳,尻尾
 t:周辺環境=なし
 t:評価=体格0,筋力0,耐久力-1,外見1,敏捷0,器用-1,感覚1,知識-1,幸運1
 t:特殊={
  *犬妖精の職業カテゴリ = 基本職業アイドレスとして扱う。
  *犬妖精はコパイロット行為ができる。
  *犬妖精はオペレーター行為ができる。
  *犬妖精は追跡行為ができる。この時、追跡の判定は評価+3され、燃料は必ず-1万tされる。
  *犬妖精は白兵戦行為ができ、この時、攻撃、防御、移動判定は評価+1され、燃料は必ず-1万tされる。
 }
 t:→次のアイドレス = ぽち王女の巡幸(イベント),犬(職業),銃士隊(職業),バトルメード(職業)

L:バトルメード={
 t:名称=バトルメード(職業)
 t:要点=メード服,箒型銃
 t:周辺環境=宮廷
 t:評価=体格0,筋力0,耐久力0,外見1,敏捷0,器用-1,感覚2,知識-1,幸運1
 t:特殊={
# *バトルメードの職業カテゴリ = 基本職業アイドレスとして扱う。
# バトルメード・魔法使いは基本職業に含めるか不確定
  *バトルメードはI=Dのパイロットになることができる。
  *バトルメードは援軍行為ができ、王女の許可があればどこの藩民としても活動できる。
 }
 t:→次のアイドレス = ハイパーメードお局さん(職業),はぐれメード(職業),ガンスリンガーメード(職業),侍女(職業)

L:侍女={
 t:名称=侍女(職業)
 t:要点=女官服,書類
 t:周辺環境=宮廷
 t:評価=体格0,筋力0,耐久力0,外見2,敏捷0,器用3,感覚2,知識1,幸運1
 t:特殊={
  *侍女の職業カテゴリ = 派生職業アイドレスとして扱う。
  *侍女は帝國慈愛教会(援助金15億わんわん×4)を贈る先の国を選ぶための投票権を持つ。この能力は根源力50000以上を保有する時のみ使える。
  *侍女は吏族、帝國参謀の出仕アイドレスとして使うことができる。
 }
 t:→次のアイドレス = 後宮女官(職業),女官長(職業),帝國議会(イベント),王女付き侍女(職業),ノーア・フラノ姫(ACE),ヴァンシスカ・オーノール(ACE)

設定

イメージイラスト



設定分

この役職の一番の特徴は刀を所持していることだろう。
侍女を女侍と思っているようで、侍女が刀を佩くこととなった。もっとも侍女の全員の刀を用意しようとすると質が落ちるので、選ばれた一部の者だけが刀を佩くことを許されている。
とはいえ本来の侍女がどのようなものなのか知っている者を除いて、元々こんなものなのだろうと思われている。巫女が他国ではメイドと呼ばれていると理解されているのと同じく、姫巫女の最初の理解を完全に払拭するのは困難なようで、これ以上ずれた理解の仕方をしないように摂政が目を光らせている。
なお刀を持っているものの、他の者達と比べると確かに剣技は優れているが、刀を振るって殺しあうことにはあまり向いていない。侍女となる者の中には、この国には珍しく命を賭けた戦いに魅力を感じる者もいるのだが、自らの命を賭けて戦うことが好きなのであって、相手を殺す事を目的とはしていない。
また、個人として戦いたいのであって国として戦う世の中はおかしい、戦士だけが戦えばいいのだと考えているため、文武官問わず戦場に行く現在の風潮に憤りを感じている。実際はそんな区別することができないほどに人手が足りないだけであるが……。
ただ舞に刀を使ったり精神修養の一環として刀を振るったりと、人によって程度の違いはあるが刀を所持すること自体は気に入られているようだ。
刀を使うなど行動的な分、お花の冠を被っていると落ちてしまうので、書類作業などをするときと外交などの動き回らない仕事の時にしか被っていない。

メード(この国では巫女だが異国風ないいかたを気にいって使われる)としても働いているが、帝国内の作業にかりだされることも多い。本来帯剣を許されない本殿への昇殿でも、現状では唯一刀の所持を許されているのだが、メードとしての宮廷事務で昇殿する際には自重している。
彼女達が宮廷において処理している事務仕事は、ほぼ国家運営に直結することばかりである。そのため国内の多くの秘事を握っていたりするのだが、そのことをしっかりと把握しているのはごく一部の上官のみで、残りの多くは仕事のひとつと短絡的に考えていて、重要性をいまいち理解していない。巫連盟における文武の中心として仕事が集まっているのだが、刀を佩く、戦場では先陣を切るなど武官としての役割が多いため、書類仕事中心の文官業は難しくて向いていないと勝手な自覚を持っているようだ。そもそも彼女達の扱う書類仕事は、巫の中でも重要事項ばかりなので難しいことは当然なのだが、その辺りの自覚が欠如しているようで、このような勘違いが生まれている。
姫巫女が理力使いの杖用のネギを作る時にこの役職は野菜の品種改良もするんだよということがあるが、それは言い訳で実際は役職に関係なく行なわれている