※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雹 の発言:
こんばんはー

芝村 の発言:
はい。

雹 の発言:
ゲーム よろしくお願いいたします


【予約者の名前】36-00690-01:雹:神聖巫連盟
【実施予定日時】2月25日/21:00~22:00
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・ヴァンシスカ:藩国滞在:0
 ・オゼット:藩国非滞在:-10
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・36-00690-01:雹:-8マイル:入学済
 ・36:神聖巫連盟:-2マイル 

内容は試練だと思われますが、デートチケットの使用許可をいただきました。なので、消費は藩国非滞在ACE召喚分の10マイルになります。
http://syaku003.appspot.com/entry/show/6577

芝村 の発言:
はい。二分待ってね

雹 の発言:
はい。

雹 の発言:
と、それから個人口座の5マイルを国の口座に入れて、代わりに国庫の1億で金貨500枚を手に入れたいと思います

雹 の発言:
藩王には許可をとってあります

芝村 の発言:
OK

/*/

芝村:ここは神聖巫連盟だ。

雹:周りを見て状況確認します

芝村:ものすごい人の数だ。
  :ごったがえしている

雹:『おー だいぶかわったものだ』

雹:r:物価や人々の暮らしぶりを確認しつつ、まずオゼットさんと合流します

芝村:物価は高めだね。暮らしぶりはまあ、だいぶ上向いた。
  :オゼットを見つけた。

雹:『どうも オゼットさーん』
 :『お久しぶりです』

オゼット:「?」

雹:『あ、以前ヴァンシスカのことで御相談に伺ったのですが・・・』

オゼット:「・・・ああ、そんなこともあったわね」

雹:『その後、どうなりましたか?』

オゼット:「がんばったわよ。結構ね」

雹:『ふぅ 初めの反応を見て少し不安になってしまいました すみません』
 :『それで、悪魔の名前 はわかりましたか?』

雹:r:この場所での話がまずいようであれば 場所を変えます

オゼット:「名前、ないわよ」

雹:『そうですかー うーん どうしたもんか』
 :『あ、調べていただいた報酬は用意できました。お納めください』

芝村:オゼットは金貨を受け取った。

雹:『名前はあるものだと決めてかかってましたが・・・名前がないということもあるんですね』

オゼット:「相手は人類以前の存在よ。名前を人は、誰も知らない」

雹:『なるほど』

雹 の発言:
Q:巫国民はNPCの悪魔をどのように認識していますか?

芝村:オゼットは歩きながら口を開いた。

芝村 の発言:
A:あまり珍しくはない。使い方しだい

雹:r:ヴァンシスカのもとへ移動します

芝村:ここは墓場だ

雹 の発言:
#うー 名前がわからないとか もう手詰まりな感じが・・

雹 の発言:
Q:以前多すぎた死体が川に放置されていたのですが、いまではすべて墓地に埋葬されているのでしょうか

雹:r:ヴァンシスカの姿を探します

芝村 の発言:
A:ええ

芝村:ヴァンシスカの墓をみつけた。まだ、穴が掘られているだけだが

雹:r:穴を掘っている人がいるのであれば話を聞きます

墓守:「いひひひ。なんだい?」

雹:『お尋ねしたいのですが、この墓穴はどういった方のものでしょうか?』

雹 の発言:
Q:墓守の容姿はどんな感じでしょうか

芝村 の発言:
A:汚らしい格好だね。

墓守:「死体は占いよ」

墓守:「死体は売らない。だ」

雹 の発言:
#白のサマーセーターでなくてひとまず安心です

芝村 の発言:
ええ

雹:『いやいやいや 売るとか買うとかではないですが』

墓守:「いひひひ」

雹:『・・・お仕事お疲れ様です』
 :r:児童養護施設へ移動します

芝村:移動した

雹:r:誰かヴァンシスカの現状について話を聞けそうなひとがいれば 話を聞きます

芝村:はい。

雹 の発言:
Q:137成果物の東洋医学市民病院はもう建設されていますか?

芝村:みんな残念がってる。

芝村 の発言:
A:いいえ

雹:『ヴァンシスカは・・・死んだのです か?』

雹:r:オゼットさんの様子を横目に見ます

先生:「病院にいると、きいています」

雹 の発言:
Q:バレンタインにチョコ送ったりしたのですが、返事など とどいていますでしょうか?

芝村 の発言:
A:きてない

雹:『!! おおお ありがとうございます』

雹:r:病院の場所を聞いて移動します

雹 の発言:
#うちの国の病院ってしっかりしているのかしらん・・

芝村:病院に着いた。

雹:ヴァンシスカの病室聞いて移動を

雹 の発言:
Q:結構移動してますが、オゼットさんはどうしていますか?

芝村 の発言:
A:ついてきてるよ。

芝村:病室だ。
  :個室だね。
  :枯れ木のようになったヴァンシスカがいる

雹:『はろー ヴァンシスカ』
 :なるべく普通に接します

芝村:ヴァンシスカは目をつぶったままだ。
  :胸に手を組んで、チョコをだいている

雹:『オゼット先生 魔法的なことは全くわからないのですが、このヴァンシスカの状況 どうなんでしょう?』

オゼット:「見ての通り。もうそろそろ」
    :「お別れ、してあげて」

雹:r:とりあえず手を握ります

雹:『あぁヴァンシスカ、ヴァンシスカ もう 時間はないのか?』
 :目を閉じると泣いてしまう気がします・・

芝村:ヴァンシスカの手を握った

雹:r:泣くのは嫌なので、口づけを

芝村:乾いていた。すこし動いた。
  :オゼットが目を細めた

雹:『ふう まだまだまだ 努力が足りないんだろうなー』

芝村:チョコが輝いている。

雹:『?』
 :r:チョコつついてみます

芝村:つついた。光は失われようとしている。

雹:r:楽しい日々を思い浮かべながら、ヴァンシスカが戻るように祈ります

芝村:貴方は何か聖なる物をもっているだろうか

雹:聖水もってます

芝村:なら聖水も輝いているな。

雹:では
 :r:聖水を使います

芝村:どうつかうの?

雹:飲ませます

芝村:飲ませた。
  :水は吸い込まれていった。
  :体が瑞々しくなっている。

雹:『お、おお?』

オゼット:「古い神ね。悪魔と同じくらい、名前も忘れられた・・・」

雹 の発言:
Q:古い神の加護 ということでしょうか?

芝村 の発言:
A:わからない。

芝村:わかるのはヴァンシスカが回復していることだ。

オゼット:「瞳を確認して」

雹:r:瞳をかくにんします 両方

芝村:疵は見えない。

雹 の発言:
Q:意識はまだ戻っていないでしょうか?

芝村 の発言:
A:ええ

雹:r:オゼットさんをうるんだ目で見返します

芝村:オゼットは微笑んだ。

オゼット:「大事にすることね」

雹:『ありがとうございます・・』
 :『あの、あの お願いが』

オゼット:「?」(もうでていこうとしている)

雹:『この先の二人を 見守ってはくれませんか?』
 :『魔女の 祝福を』

オゼット:「そんなのは魔女の仕事じゃないわ。そういうのは愛の女神がお似合いよ」

/*/

芝村:オゼットは笑って去っていった。

芝村 の発言:
はい。おつかれさまでした。

雹 の発言:
きゃー オゼットさんありがとうございますー

雹 の発言:
お疲れ様でした

雹 の発言:
あー もー どきどきしすぎましたorz

芝村 の発言:
ははは。おめでとう。正式な微笑の青空を得た。

雹 の発言:
ありがとうございます!

雹 の発言:
ついに念願の勲章  =□○_  ぱたり

芝村 の発言:
おめでとう

芝村 の発言:
ほんとに送ってたのがきいたな

雹 の発言:
ありがとうございますありがとうございますorz

雹 の発言:
チョコ送ってよかったですー

雹 の発言:
聖水ももっててよかったです

雹 の発言:
かなり手詰まりっぽかったので

芝村 の発言:
バレンタインは元々キリスト教以前の宗教のものだったんだよ

雹 の発言:
あ、そうなんですか

雹 の発言:
例の神父さん始まりだと思ってました

雹 の発言:
お礼の返事とかなくても ものすごくうれしい反応ですよー

雹 の発言:
あ、改名報告は後日させていただきます

芝村 の発言:
はい。まあ、時間はたくさんある。直接きくといい

芝村 の発言:
はい。では解散しましょう。おつかれさまでしたー。

芝村 の発言:
秘宝館には2.2でたのめます

雹 の発言:
ありがとうございましたー

雹 の発言:
はい

雹 の発言:
数値変動はありませんでしたか?

芝村 の発言:
ええ

雹 の発言:
おー 下がってない

雹 の発言:
では、引き止めてしまいすみません 失礼いたします

芝村 の発言:
ではー