創刊号


秋も深まってまいりましたo(*^▽^*)o~♪




おばあちゃんの知恵


 気温差で体調を崩しやすい季節です。

 風邪をひいたかな?と思ったとき。
 昔からある知恵を確認してみましょう!



○大根飴
 大根を一センチ角に切り、底の浅い容器に入れ、水飴か蜂蜜を加える。
 2日ほど経って大根が浮いてきたら、上澄みを飲む。
 ☆上澄みはお湯に溶かして飲んでもいいです。)
 ☆蜂蜜は1歳未満の子供には与えないよう気をつけましょう。
 (蜂蜜は非加熱のためボツリヌス菌が含まれることがあります。大人になれば抵抗力が高まるので心配はいりません。) 

○緑茶、紅茶でのうがい
 ☆お茶に含まれるカテキンには殺菌作用があります。
 ☆普段から緑茶でうがいすると予防効果があります。

○生姜湯
 熱湯やお茶に、生姜の絞り汁と砂糖を少々。
 ☆風邪の予防やノドに効きます。

○くず湯
 くず粉を湯でときます。砂糖を加えてもよいです。
 ☆ひきはじめに飲み、温かくして寝ましょう。

○長ねぎの湿布
 長ネギを5センチくらいに切り、縦にさきます。
 外側がしんなりするくらいまで火であぶり、布でくるみ、ノドに巻きます。

○たまご酒
 日本酒を燗にしてから、砂糖と溶いた卵を入れます。
 ☆お酒は大人になってからにしましょう。

○カリン酒
 カリンを砂糖で漬けておき、食べます。
 ☆蜂蜜を入れたり、お湯を入れて飲んでもいいです。
 ☆蜂蜜は1歳未満の子供には与えないよう気をつけましょう。
 (蜂蜜は非加熱のためボツリヌス菌が含まれることがあります。大人になれば抵抗力が高まるので心配はいりません。) 




~~ 風邪をひいたかな?と思ったら、

体を温めて、
部屋に湿気があるようにして(布を湿らせて部屋に干すのも効果的)

たっぷり寝ましょう。





予防のために
 日ごろから散歩をして体を動かしたり、ビタミンCのあるもの(蜜柑などの柑橘類、大根、キャベツ、ほうれん草などに多く含まれます)をとるといいでしょう。



うがいのススメ
外から帰ってきたときは手洗い、うがいをしましょう。
手洗いは流水で30秒以上。うがいをするときは上を向きながら「あいうえお」と言いながらすると奥まですすげます。
日ごろからの予防が大切です。





赤ちゃんの風邪対策


○熱のあるとき
  • 熱の上がり始めは衣類を一枚多く着せる
  • 嫌がらなければ冷やす(頭、おでこ、わきの下。冷たいタオルで拭くのもよい)
  • 汗をかいたらこまめに着替えさせる(背中に布を入れておき、汗のしみた布を取り替えるのもオススメ)
  • 熱が下がりきったら薄着に。
  • 水分補給はしっかりとする
  • 湿度、温度、換気に注意。(一日一回は窓をあけ空気を入れ替えましょう)
  • 室内でゆっくりすごす。


○吐くとき
  • 大人の目の届く範囲で過ごさせましょう(吐いたものがノドにつまる危険があります)
  • 吐きそうなときは横向きにする。
  • 苦しそうなときは背中をさすってあげる。
  • 吐いたあとは口のなかをきれいに。
  • 食事は半日くらいとれなくて大丈夫。
  • 水分はとらせましょう(少量ずつ、こまめに)
  • おっぱい、ミルクは欲しがっても少しずつ。
☆胃腸の回復を待ちます。
  • 嘔吐がおさまっても室内で静かにすごしましょう


○下痢
  • 水分補給をこまめに
  • おむつもこまめに替えましょう(ごしごしこすらない)
  • 湯であらうなどしておしりはきれいにしましょう。
  • 離乳食は一段階戻す。

○便秘
  • 母乳などが足りているか確認しましょう。
  • 繊維の多い食事をしましょう。
☆大根などの根菜、いも類、青菜類、海藻類、りんごなどが繊維が多いです。
  • お腹を「の」の字にマッサージ
  • 水分をたっぷりととる





まわりの大人は、普段から赤ちゃんの様子をよく見ておくと、病気のときに具合の悪さに気づきやすくなります。


みんなで大切に育みましょう。