「東国人+吏族+犬士」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

東国人+吏族+犬士」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 #contents()
 
 *東国人+吏族+犬士
 **ゲームデータ
 #center{| | 体格 | 筋力 | 耐久力 | 外見 | 敏捷 | 器用 | 感覚 | 知識 | 幸運 | 遠距離 | 近接 | 装甲 |
 |能力値|-1| -1| -1 | 1 | 0 | 1 | 2 | 0 | 1 | 2 | -1 | -2 |
-|リアルデータ|0.67 | 0.67 | 0.67 | 1.5 | 1 | 1,5 | 2,25 | 1 | 1,5 | 2,25 | 0.67 | 0.44 |}
+|リアルデータ|0.67 | 0.67 | 0.67 | 1.5 | 1 | 1.5 | 2.25 | 1 | 1.5 | 2.25 | 0.67 | 0.44 |}
 -特殊能力
 --アイドレス事務局(尚書省)に出仕できる。
 --戦闘事務行為
 --コパイロット行為
 --オペレーター行為
 --追跡行為
 --白兵戦行為
 
 **設定
 ***設定イラスト
 #center{&ref(東国人+吏族+犬士.jpg) }
 
 ***周辺環境
 #center{&ref(政庁.JPG) }
 周辺環境:政庁 
 防腐処理をしておりその時に紙を使用しているために白く見える。
 
 ***設定文
 
 彼女達(大半が女性なので以降こうよぶことにします)の大部分は文官として国の行く道を決める重要な運営にかかわる仕事を受け持っています。ただし、この国における政治の多くが宗教的な要素が絡んでくる一面を持つがために、他国のそれと比べると同じ内容を行ってはいても文化として発達していて、残されている部分が少なくありません(別の視点で見ると、それらは「無駄」だといわれるかもしれませんが)。 
  そういった文化面を永く受け継いでいる結果でしょうか、彼女達は古来より伝わる舞や唄を扱う学士としての役割も担っています。宗教を土台としたこの国の舞や唄は独特なもので、主要な観光資源の一つとして役立てているほか、幼い子供達に舞や唄を教えることで心身を鍛えるという役割も持っています。なお、唄や舞とともに細かく動く犬の耳や尻尾が特定方面の観光客の心をつかみ、一部の舞手や唄い手には非公式ながらファンクラブもできているという噂もあります。 
  働く者の年齢は幅広いですが、舞や唄、他方への折衝など実際に表に立って活動しているのはあまり年を取っていないと見られる人が当たっているため、この仕事に就けるのは若い女性だけという誤解が他国ではされています。あるいは、誤解させることで国に対する意識をそらすという目的もあるのかもしれませんが、それは邪推というものでしょう。 
  彼女達は制服として、白衣に緋袴を着用していますが、舞や歌を披露する際はそれ相応の趣向を凝らした衣装も用意されております。これらの服装は着心地に重点が置かれ、長時間着ていてもその着心地が悪くならないように、さまざまな工夫がなされている。これは、この役職に就くのが女性が多いためになされたものだと伝えられています。 
  ちなみに、他国との外交にかかわる仕事も彼女達の役割であるがために、彼女達を交渉を行っている他国には、この国の普段着が緋袴だという誤解がしばしばあります。じっさいそうではありませんでしたが、近年巫女姫さまから全国民にたいして緋袴が無償で支給されたために、この誤解がそのまま事実となりつつあります。誤解を深めないようにするために、緋袴の着用は義務ではないことを追記しておきますが、それでも国民の多くが支給された緋袴を普段着あるいは仕事着として着用していることもまた、事実ではあります。 
 
 ***技
 :無垢なる祈り(幸運:+1)|神が祈りに応えることは無かったとしても無垢な子が世界の平穏を祈る姿を見て影ながら助けてくれる大人たちがこの国には居ます。 
 たとえ祈ったところで誰も何もしてくれなくても子ども達の姿を思い出し諦めてはいけないという気持ちを強くしてくれます。 
 祈り方は十人十色で祈る対象もさまざまですが彼らに共通することは祈るだけでどうにかなるとは思ってないところ。祈るだけでどうにかなるくらいなら戦なんて起きないはずだと