※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

先日読んだ「五感で磨くコミニケーション」という本に「ラポール」という言葉が載っていました。「ラポール」とはフランス語で「橋を架ける」という意味です。
つまり、コミニケーションにおいて「相手と信頼関係を築く」ということです。
コミニケーションを上手に行うには、この「ラポール」を相手に架ける必要があるのです。

「ラポール」を架けるには、ある技術を使います。
ここではあまり「五感で磨くコミニケーション」の著者に怒られないくらいに掻い摘んで説明したいと思います。